僕が大学生の頃に費やしてきた英語学習の費用まとめ

Pocket

こんにちは、タカツです。

 

今回の記事はいつもと趣旨を変えて、
僕が大学生の間に投資してきた
英語学習の費用
について
紹介していこうと思います。

 

具体的には、

今日のテーマ

・僕が大学生の頃に使った英語学習の費用

・賢く英語学習にお金を使うための考え方

といった内容を書いていくつもりです。

 

正直、英語学習はお金をどんどん使って
メンターに教えてもらいながら
勉強した方がいいと思っています。

 

なぜならその方が学びが深いですし、
生きた英語の知識が身につくからです。

 

それでも、海外留学や
英会話スクールなんかは高額で
「とてもじゃないけど払えない!」
なんていう人もいると思います。

 

また、英語の学習は『勉強の順番』
結構重要になってきますので
投資する順番を間違えると
払ったお金が無駄金になりかねません。

 

その辺りも含めて一緒に考えて行きましょう。

タカツ
それでは行きましょう。

僕が大学生の頃に費やしてきた英語学習の費用

僕が大学生の間に
英語に投資してきたものを
(記憶しているものだけですが)
表にまとめてみました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<英会話教材・スクール関連>

産経オンライン英会話 12万円
プライムイングリッシュ 3万円
スタディサプリENGLISH 10万円

 

<Amazon・ネットで購入した英語教材>

UDA式英会話トレーニング 合計3万円
英語の発音パーフェクト学習事典 3000円
American Accent Training 3000円
ESSENTIAL IDIOMS IN ENGLISH 5000円
現代米語イディオム辞典 3500円
ロングマン英英辞典 5000円
English Grammar in Use 4000円

 

<英会話アプリ>

発音図鑑 1000円
英語発音速成攻略 300円
発音博士 500円
Anki 3000円

 

<TOEIC関連>

金のフレーズ・金のセンテンス 合計2000円
新TOEIC TEST 文法特急 1000円
公式 TOEIC Listening Reading 問題集 3
公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5
合計6500円

 

<勉強法関連>

とあるブロガーさんの英語勉強法教材 合計20万円+セミナー50万円
書店で購入した勉強法教材 合計10万円

 

<その他>

ノイキャンヘッドフォン・イヤホン 5万

 

合計:117万2800円(だいたい117万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ざっくり120万円ぐらい使ってます。

 

多分高校や中学の
教材代、塾代を含めたら
150〜200万ぐらいはいくのかな
っていう感じです、、、。

 

150万あれば
大学1年間通えるぐらいの費用ですが、

僕はアルバイトなどをしながら
徹底的に英語学習に
お金を使っていきました。

 

そのおかげで英語に関する知識は
人より何倍も身につきましたし、

今ではTOEIC955点という成果を
収めることができたので
すごく良かったと思っています。

 

しかし、

読者さん
だからと言って150万ほどの大金を英語学習に費やすのもどうなの?

って思っているかもしれません。

 

そこで重要になってくるのが
英語にお金を投資する順番です。

 

お金を使う順番さえ意識していれば、
「お金を使ったぶんだけ成長してる!」
ということが
肌で実感できるようになりますので、

どんどんモチベーションも
上がっていきます。

 

なので、英語初心者の方はまずは
お金を使う順番を
意識してみることをおすすめします。

 

賢く英語学習にお金を使うための考え方

賢くお金を使っていくためには、
英語学習の順番と連動させながら
お金を使っていくのが
最も効率的でしょう。

 

このブログではよく
「発音から勉強を始めるべき」
ということを言っています。

(その理由については以下の記事を参考に)

 

 

発音の訓練なしに
いきなり英会話やTOEIC学習に
高いお金を払っても
正しく英語は聞き取れませんので

ほとんど無意味です。

 

特に英会話スクールなどは
高額に設定されていることが多いので
注意してくださいね。

 

タカツ
お金を使う順番を間違えないようにしよう。

 

最初は発音ということで、おすすめの教材を
いろいろと挙げていくとキリがないですが、
特に良かったものを3つだけ厳選すると、

 

 

の3冊がベストです。

 

もっと詳しく知りたい人は
以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

次に発音の学習を通して
英語が聞き取れるようになった後は、

『聞いた英語を理解する』

というのが目標になってくるはずです。

 

そこで大事になってくるのが、
英文法リーディング・多聴でしょう。

 

これらに関しては、
以下の教材がおすすめです。

 

英文法・リーディング・多聴教材

English Grammar in Use(文法)

ESSENTIAL IDIOMS IN ENGLISH(語彙)

ディズニーシリーズ(リーディング)

TEDICT(多聴)

ロングマン英英辞典(補助)

 

もしかしたら
「日本語教材ではないじゃないか!」
と反感を抱くかもしれませんが、

 

英語を日本語を介在させて読んでいくと
かえってマイナスになってしまいます。

(その理由については以下の記事を参照)

 

 

要するに、日本語を介在させながら
英語を勉強すると
英語脳が培われなくなる
ということですね。

 

ここまできたら、
次にTOEIC関連の勉強や
英会話の勉強に移ってみるのも
アリだと思います。

 

また、英語学習をしながら同時に
英語の勉強法に
投資していくのもすごく重要です。

 

とにかく知識に投資して、
英語習得のための視野を
広げて行きましょう。

 

まとめ:知識にはどんどん投資しろ!

この記事では、
英語の知識にお金を投資することは
すごく重要だということを語りました。

(これは英語以外にも言えます)

 

なぜなら知識にお金を使うことで
自分をレベルアップさせることが
できるからです。

 

僕は、お金の使い方には
3種類あると思っています。

 

お金の使い方

浪費
→無駄遣いに使うお金(服や遊びなど)

消費
→生活のために使うお金(食費など)

投資
→レベルアップに使うお金(知識や情報など)

※ここでいう投資は株式投資のことではありません。しかもギャンブルなのでレベルアップしません。

 

この3つの使い方を意識して
使うべきお金は徹底的に
『投資』
に回してきました。

 

僕が大学生の頃は
あまりお金がありませんでしたが、

ピザの配達のバイトで
少しずつお金をためていたので
毎月最低5万円はいろんな知識に
投資してきた記憶があります。

(さすがにオンライン英会話などは
高かったので親から借りたりもしましたが…)

 

そのおかげで
結果的に英語は日本語と同じ感覚で
できるようになりましたし、

海外の洋画も字幕なしで
見れるようになりました。

 

なので、ここで言いたいのは、

 

タカツ
浪費と消費は限界までおさえて、どんどん投資にお金を回していこう!

 

ということです。

 

これさえ徹底的に意識していれば、
はっきり言って人生は
楽勝だと思っています。

 

しかし、

みんなこういった意識がないせいか
なぜか浪費や消費ばかりして
マイナスの方向に
行ってしまってる人が多いんですよね。

 

なので、
このブログを読んでいるあなたは
結構意識が高い人だと思うので、

少しでも『投資』という意識を持って
成長にお金を使ってみてください。

 

間違いなく人生は
プラスの方向に好転していくはずです。

 

タカツ
何か成果を出したり成功したりしている人はみんな大衆と逆の方向を進んでいるということを覚えておいてね。

 

それでは今日の話は以上となります。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中