映画を使った英語学習の効果と英会話を伸ばすためのおすすめの勉強方法!

Pocket

・英語学習で映画を観るっていうのってアリなの?

・映画で英語を勉強しようと思っているけど効果的な勉強方法が分からない

・映画で英語を勉強するなんてレベル高すぎるんじゃないの?

こんな風に、『映画』をテーマにした語学学習について疑問に思っている方は多いと思います。

そんな方々のために、この記事では映画を使った語学学習のメリットや勉強方法、実際試した時の効果について詳しくまとめてみました。

映画を使って英語学習に励もうと思っている人は、是非この記事を参照ください!



映画を語学学習に活用するメリット

まずは映画を語学学習に利用する時のメリットについてです。

字幕を日本語・英語に変換したり、消すことができる

まず、一番大きいと思っているメリットは

字幕の変更が自由自在にできるようになった

という点です。

映画の全体のストーリーを知りたいのであれば日本語字幕で学習ができますし、役者さんが喋っている内容を的確に把握したいときは英語字幕で勉強ができます。

そしてどれぐらいのリスニング力があるかを確認するために、字幕を消して自分の英語能力を確認することも可能なわけです。

タカツくん
字幕が自在に変更できるって、ほんと凄い!

超大型の英語学習教材として使える

2つ目のメリットとしては、

1つの映画でボリュームのある英語学習ができる

ということです。

テレビやラジオの英会話講座などは、基本的にはコントのような形式で10分〜15分くらいのものが多いですが、

映画というのは、コントを長くしてストーリーを本格的に演劇にしたものです。

つまり、テレビで流れている英会話講座よりも映画の方が圧倒的にボリューミーな英会話学習できます。

映画は語学力を養成するための最高の教材ですね。

通勤中・通学中の移動時間に学習することができる

3つ目のメリットは、

最近はスマートフォンなどで映画が見れるようになっているので通学・通勤中にも映画が観れる

という点です。

皆さんは通学の電車やバスの中、授業後の休憩時間などどのように過ごしていますか?

このような切れ切れの時間を活用するのは語学学習の極意ですが、うまく活用できている人は少ない気がします。

そこで映画の登場です!

今はYoutubeやアプリなどで動画が観れる時代になってきていますから、このようなツールを是非とも活用すべきですね。

ですが、これを言うとこのような質問が来るかもしれません。

質問者さん
でも周囲に雑音があったりすると全然聞こえなくないですか?ヘッドフォンで英語を聞いているんですけど電車の音や周りの声で英語が聞き辛いです。

確かにヘッドフォンやイヤホンは周囲の雑音も混じって聞き取りにくいですね。

そこで、周囲の雑音が気になる方は

タカツくん
ノイズキャンセリング付きのヘッドフォンを使うと良いよ!

と答えるようにしています。

これを使うと、目の前でトラックやダンプが走り抜けようと、地下鉄の中であろうと、どんなにうるさい高校の休み時間であろうとも映画や音声学習に没頭できるようになります。

それがBOSE社の「QUIET COMFORT」です。

これを使えば、時間を節約して効率的に語学を習得できるので、金銭的に余裕がある方は是非購入することをオススメします。

QUIET COMFORTの詳細に関してはこちらの記事を参考にしてみてください

ただしこれは通信販売のみでしか売っていないので注意してくださいね。

タカツくん
学生はバイトして購入するように。これ必須です。

映画を語学学習に活用するデメリット

次にデメリットについて説明します。

誹謗中傷を浴びせるようなセリフやスラング表現が入ってくる

さすがに映画のようなリアルやファンタジーが作り込まれた作品には、「誹謗中傷的なセリフ」「スラング」まで出て来てしまいます。

なので覚える分自分にとってマイナスになる部分もあるかと思います。

ですがその辺りは心配しても仕方がないことなので、先に語学学習を優先して後からこのような表現を修正するようにしていってください。

英会話を伸ばすための映画学習法

映画を使って英会話を伸ばす方法として一番効率的だと思った方法をまとめてみました。

ここでは分かりやすく5つのステップに分けていて、1つの映画に対して5日で5回視聴してもらいます。

1つずつ説明していきましょう。

【1日目】日本語字幕でストーリーを楽しむ

1日目は、日本語字幕で視聴しながらじっくりストーリーを楽しんでいきます。

1回目からいきなり字幕を消したり英語字幕してしまうと、どんな展開になっていくのかが分からないのでイライラ感がハンパないです。

なので、まずはとにかく楽しんでください。

映画を楽しんで一通りストーリーの展開を頭に入れた上で次のステップに移ります。

タカツくん
ストーリーを理解するのも語学学習の1つだよ!

【2日目】字幕を英語字幕に変える

2日目は字幕を英語字幕にします。

日本語字幕でストーリーを楽しんだ翌日なので、英語字幕で多少分からないところもあるかもしれません。

ですが、ここで注目して欲しいのは

「日本語でのセリフが英語ではどうなっているのか?」

という部分です。

いきなり「字幕なし」で学習するのはこの時点では困難だと思います。

ですので、「日本語と英語のセリフの違い」を確認しながら英語でのセリフの形を確かめていってください。

タカツくん
ストーリーが頭に入っているから英語字幕でも観やすいよ。




【3日目】字幕を消す①

3日目でいよいよ字幕を消します。

最初の方は早すぎて聞き取れないと焦るかもしれませんが、次第にストーリーに夢中になっている自分に気づくはずです。

その理由は、1日目でストーリー展開を把握したことによって、物語の全体像を意識して映画のストーリーをたどれるようになっているからです。

主人公に感情移入しているうちに半分以上の英語は聞き取れるようになっています。

タカツくん
ここではとにかく役者の言っていることに注意を傾けて観てみよう!

【4日目】字幕を消す②

4日目も字幕を消して見ますが、やはり「最初の方が聞き取れない」という状況は続くと思っておいてください。

僕の経験上、ストーリーにのめり込まないと聞き取ることはできません。

ストーリーにのめり込んで映画の全体像を全身で理解して初めて、ミクロの1文1文も聞き取れるようになります。

これは、国語や英語長文でよく使われる「パラグラフ・リーディング」と同じ原理ですね。

パラグラフ・リーディングとは

→1つ1つの文を片っ端から読んでいくのではなくて、段落ごとの要点だけを抽出し、文章を全て読まなくても全体像を把握する手法

なので、映画の序盤で英語のセリフがよく聞き取れないといって慌てたりすることは禁物です。

【5日目】主人公のセリフをシャドウイングする

ここまでくれば、5日目にはシャドウイングの練習をしていきましょう。

シャドウイングとは簡単に要約してみると、

シャドウイングとは

→イングリッシュスピーカーの発音を聴きながら、同時に(あるいは数秒遅らせて)同じことを言っていく

ということです。

まるで影のように後ろから追っていくというような意味から“shadowing”と言われています。

シャドウイングは英語学習の究極の勉強法と言われていて、これをすることによって

・発音、アクセントが正しく改善される

・イントネーションや音声変化が肉体感覚として身につく

・英会話が瞬時に思い浮かぶようになる

・リスニング力が劇的に上がる

というような効果がありますので是非チャレンジしてみてください。

もちろん映画の全てのセリフをシャドウイングする必要はありません。

主人公やヒロインなど、映画の中で自分が好きだと思った人物のセリフを真似てみればいいと思います。

映画を使った英語学習の効果

続いて、映画での英語学習はどのような効果があるのか簡潔にまとめてみました。

英会話学習の型が身につく

まず1つ目が、英会話学習の型が身につくという点です。

先ほども言ったように映画というのは、英会話のコントにストーリー性をもたせて演劇化させたもので、

この超大型英会話コントを5回視聴するわけですからある程度セリフも覚えてしまっています。

なので、セリフを覚えるごとに英会話の型も身についてくるわけで、映画による英会話学習は非常に効果的と言えます。

タカツくん
5回以上も同じ映画を視聴すれば、映画に出てきたセリフが気がつけば覚えられるようになるよ!

英語を能動的に聞くのではなく、気づいたら聞き取れていた状態になる

日本語字幕や英語字幕でストーリーを楽しんだ後は、映画のストーリーの全体像が理解できているので、慣れ親しんだストーリーにどんどんのめり込むことができます。

すると、「英語を理解しなければ!」と強く意識しなくても

「気づいたら英語が聞き取れれていた!」

という状態になります。

この状態に比例して、リスニング力は飛躍的に伸びていきますのでぜひ実践してみてほしいです。

タカツくん
リスニング力はとにかく『質』と『量』の掛け算で伸びて行くよ!

語学だけでなく表情や感情表現、コミュニケーション力が鍛えられる

5日目で最後にシャドウイング練習をしていくことで、

イントネーションや発音の強弱が肉体感覚で身につくようになり、表情や感情表現の仕方が分かるようになります。

また、映画を視聴することでたくさんのセリフを目にするようになり、無意識にいろんなセリフを覚えられるようになるので

いろんなバリエーションの英会話も身につけられます。

様々な角度から英語で喋ることができるようになりますので、日常の場面でコミュニケーションが楽になり会話力が以前と比べて格段に上がります。

タカツくん
さらに視聴中に役者を真似てジェスチャーに取り組んでみれば表現力がさらにアップするよ!
関連記事

ジェスチャーの凄さについては

【社会人必見!】中学英語レベルのやり直しだけで英会話は十分な理由

の記事中の

簡単な英語とジェスチャーだけでコミュニケーションできる

に書いていますので良ければ参考にしてみてください。

映画を見るのにおすすめなアイテムはHuluの一択!

最後に映画をみるためのオススメのツールを紹介しておきます。

それは

『Hulu(フールー)』

という動画配信サービス。

Huluがオススメだと思う理由は

・動画保有数が多い

・通信環境や通信量に気にすることなくどこでも動画が見れる

・日本語字幕、英語字幕がどちらも用意されている

・BBCニュースが字幕付きで見れる

といった点があるからです。

映画だけでなくドラマやニュースなど、他ジャンルに渡って動画が楽しめるので英語学習にも最適だと言えます。

料金は毎月933円で動画が見放題で、最初の2週間はお試しとして無料で見ることができます。

(もし解約したいなと思った時は1分以内に解約できるので、すごく安心です。)

まとめ:映画は語学学習に超最適!!

というわけで、映画と語学の相性は抜群です。

・映画を使った効果的な勉強方法

・隙間時間の学習

・充実した動画配信サービスの選択

を正しくブレンドしていけば、間違いなくあなたの英語力はプラスになっていきます。

もちろん映画によっては語学学習には最適ではないものもあるかと思います。

しかし、それは見てみないことには分かりません。そして、チャレンジする価値は間違いなくあるでしょう。

この記事が、あなたの英語力アップに少しでも繋がることを願っています。

おわり!

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中