副詞still、yet、alreadyの違いを徹底分析!否定notの位置には注意しよう

Pocket

英語研究家のタカツです。

今日お話しする内容は

stillとyet、yetとalreadyなどの違いについてです。

still、yet、alreadyは同じような訳があって見分けることが難しかったりしますよね。

今回は、still、yet、alreadyの違い否定形のnotの位置を徹底分析し、ブログにまとめてみました。

結論はこんな感じです。

still、yet、alreadyの違いは『訳』よりも『場面や感情』を意識した方が理解しやすい!

と、いうわけで具体的にどんな違いがあるのか見ていきましょう!



stillは動きや変化がないイメージで考える

stillは形容詞の表現だと「静かな」「しんとした」「音のしない」「黙った」という感じの意味になります。

訳を見たら分かると思いますが、これらは全部『動きや変化がない』イメージが湧きますよね。

なので、stillが副詞として使われた場合も同様に動きや変化がないイメージで考えればいいわけで、

副詞stillの意味は

「それでもなお」「いまだに」

といった意味になります。

【例】He is still angry.
(彼はまだ怒っています)

上の例を見ると、

彼は2時間前も怒っていたし2時間経ってもいまだに怒っている

というような、怒りの変化がない場面がイメージできるはずです。

yetは疑問文と否定文に使われる

yetは主に疑問文と否定文の場合に使われます。

しかし、疑問文の場合と否定文の場合とでは意味が異なってきますので注意してください。

疑問文

疑問文の場合だと、

「もう」「もう既に」

というような意味になり、次のように使われます。

【例】Have you done your homework yet?
(もう宿題はやりましたか?)

ここで重要なのが、yetの疑問形は

「〇〇し終わっているはずだろうけど、もう〜したの?」

というふうに、

『あらかじめ想定しておきながら、確認のために質問する』

場合に使われるということです。

上の例文だと、

「(宿題は終わっているはずだろうけど)もう宿題はやったんですか?」

というようなニュアンスですね。

また、Have you done…と現在完了形で使われていますが、現在完了形については別の記事で紹介していますのでこちらをどうぞ

否定文

続いて、yetの否定文は

「まだ」「いまだに」

というような意味になります。

これは訳を見ていただけると分かる通り、yetの否定文はstillと非常に意味が近いんですね。

しかし、否定文を考えるときはstillのyetの区別はすごく重要になってきます。

その理由はnotの位置がstill、yetによって変わってくるからです。

否定notはstillの場合とyet場合で位置が違う

ここで、stillとyetの否定文の識別方法について説明していきます。

大学入試の現場ではよくstillとyetを識別させるような問題が出題されるので、ここは注意深く勉強していく必要がありますね。

例えば次のような問題です。

問題:(  )内に当てはまるものを以下の選択肢から選べ

I have told Sara several times, but she (  )does not understand.

訳:私はサラになんども言いましたが、彼女はまだ理解していない

【選択肢】
①yet
②still

これはstillとyetを選ばせる選択問題として有名で、問題を解くにはnotの位置が重要になってきます。

そこで、英語の世界では次のようなルールがあることを覚えておいてください。

still、yetを識別するルール

notはstillの後、もしくはyetの前に置く





緑で囲った部分のルールに従ってもう一度問題を見てみましょう。

ここで①のyetを考えてみると、yetがnotの前にきてしまっているので語順が間違いということです。

なので正解は②番で、

she still does not understand.

となります!

ですが、もしここでどうしてもyetを使いたいのであれば、yetをnotの後ろに持っていってあげて、

she does not understand yet.

にすれば大丈夫です。

alreadyはyetの疑問文と意味が似ているが・・・

alreadyは

「もう」「もう既に」「こんなに早く」

というような意味で、yetの疑問文と似ています。

ですが、疑問文で使われるalreadyはyetのニュアンスで使われません。

alreadyが使われるポイントは次の通りです。

疑問文でalreadyを使う2つのポイント

肯定の返事を期待するときに使う

予想しなかったことに、驚きや意外さの感情を表現するときに使う

例えば①番だと、

Have you already met Brian?
「もうブライアンには会ったんですか?」

という感じです。

これは、「はい、会いました」という肯定の返事を期待したときの表現ですね。

なので、ここではyetではなくalreadyを使うのが正しい使い方になります。

②番であれば、

Alex hasn’t come already , has he?
「アレックスがもう来ちゃったんですか?」

というような表現で使われます。

「まさかもう来ちゃったの?」

という驚きや意外さの感情が読み取れますね。

また、alreadyは肯定文としても使われ、

例えば、

He has already got the result of TOEIC test.
(彼はもうTOEICの結果を受け取りました)

のように、「もう〜しました」というニュアンスで使われます。

まとめ

以上が、still/yet/alreadyの違いでした。

訳が似ていても、イメージで覚えていけば無理なく攻略できそうですね。

否定文のnotの位置も

still←not→yet

の順番が原則ですのでしっかり確認しておいてくださいね!

それでは今日はこんな感じで終わります。

英文法についてもっと詳しく知りたいという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事

英文法(動詞・助動詞)について

トップページのカテゴリーに英文法の知識を色々と載せています

また、英語の勉強方などが知りたいって方はこちらの記事へどうぞ

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。