不定詞の形容詞的用法を徹底解説!to不定詞内の前置詞は省略可能か?

Pocket

スポンサードリンク

 

不定詞には名詞的用法形容詞的用法、そして副詞的用法の3種類の用法があります。

 

今回は、その中の形容詞的用法について徹底解説していこうと思っているのですが、形容詞的用法に悩まされている高校生は意外にも多いです。

 

→不定詞の名詞的用法についての記事は前々回のこちらの記事を参考に

 

特に、形容詞用法の悩みナンバー1である『文末に前置詞が来た時、もしくは文中に前置詞が連続した時』の対処法には、半分以上の高校生が躓いているのではないでしょうか?

 

今回は、to不定詞(形容詞的用法)の基本的な部分からこういった複雑そうな文章の解説までわかりやすく説明していきますので、

 

このブログで不定詞の形容詞的用法を克服しちゃいましょう!

 

それでは早速始めさせて頂きます。

 

不定詞の形容詞的用法とは?

 

まず、不定詞の形容詞的用法の基本的な特徴についてから軽くおさらいしていきましょう。

 

不定詞の形容詞的用法とは、簡単に言えば『不定詞が名詞を後ろから修飾する用法』のことを言います。

 

例えば、

 

a book to read「読むための本」

the air to breathe「息をするための空気」

the water to drink「飲むための水」

 

のように、to不定詞が直前の名詞に修飾されていることがわかります。

 

基本的には「…するための〇〇」「…すべき〇〇」というような訳し方で覚えておけばオッケーです。

 

以上ここまでの話が中学生のレベル。

 

ここからは少し高校生よりの話をしていこうと思います。

 

意味上の主語が加わった形容詞的用法の訳し方

 

高校英語になると、先ほど言った話に加えて「意味上の主語」を付け加えた用法も勉強します。

 

これは名詞的用法と同じように、意味上の主語はto不定詞の前に「for…」の形を使って示す事ができ、

 

a book for Alex to readアレックスが読むための本」

 

the air for humans to breathe「人間が呼吸するための空気」

 

the water for them to drink「彼らが飲むための水」

 

というふうに、文の赤い部分が主語青い部分が述語の関係になってfor以下の文が直前の名詞に修飾されていることがわかります。

 

以下、簡単な例文を示しておきます。

 

I have a book for you to read.

(あなたが読むべき本を私は一冊持っている)

 

この文も見たらわかる通り、a bookを後ろからfor you to read が修飾して「あなたが読むための本」という意味になっていますね。

 

to不定詞内の前置詞が連続したときは省略??

 

不定詞の形容詞的用法を勉強するとき、実際に多くの高校生が落とし穴にはまるところといえば、文中の前置詞の存在でしょう。

 

「どうして文末が前置詞で途切れていたり、文中に前置詞が連続して使われていたりするの??」

 

と、高校生の頭の中は『?』でいっぱいなのを僕は知っています。

 

なので、今から学び直して自分で説明できるぐらいのレベルまで持って行ってください。

 

それでは簡単な例文を見ながら前置詞の特徴を確認していきましょう。

 

Brian has no friend to talk with about the matter.

(ブライアンにはその問題について語り合える友人がいない)

 

この例文では、“friend to talk with”「語り合うための友人」の部分がポイントになります。

 

特に初心者が理解できないところが最後の前置詞”with”の存在で、「この”with”は省略できるんじゃないの??」と言う質問が毎年非常に多く殺到しています。

 

この章では、

 

 

the bed to sleep in「眠るためのベット」

the desk to write on「書くための机」

スポンサードリンク

the room to study in「勉強するための部屋」

・・・

 

このような例で、「なぜ動詞の後ろにinとかonとかwithみたいな前置詞が付属しているのか??」

 

という部分をしっかりと解説できる状態にまでなっててもらいたいです。

 

まず、“I talked with him.” という文章から考えてみましょう。

 

この文では、“talk with…”が自動詞としてひとかたまりになって「…と話し合う」という意味になっているというのがポイントです。

 

 

前置詞”with”が”talk”と平等の仲間になって、はじめて「…と話し合う」という意味を保つことができます。

 

ですので、、、

 

“I talked with him.”(…と語り合う)

“a friend to talk with“「語り合うための友人」

“Brian has no friend to talk with about the matter.”「ブライアンはその問題について語り合うための友人がいない」

 

このように”talk with”を1つのまとまりとして不定詞の形容詞的用法に組み込まれる場合があるので十分に気をつけてください!

 

同じようにして他の例についても理解できるはずです。

 

“I sleep in the bed.”(…に入って眠る)

“the bed to sleep in

「入って眠るためのベッド」

 

“I write on the desk.”(…の上で書く)

“the desk to write on

「上で書くためのデスク」

 

“I study in the room.” (…の中で勉強する)

“the room to study in

「中で勉強するための部屋」

 

さらに、

 

“She cuts with a knife.”(…を使って切る)

“a knife for her to cut with

「彼女が切るために使うナイフ」

 

“Nancy sits on a chair.”(…の上に座る)

“a chair for Nancy to sits on

「ナンシーが座るための椅子」

 

というような感じで、不定詞の意味上の主語”for…”も付け足すことも可能です

 

形容詞的用法の簡単なクイズ

 

それでは、不定詞の形容詞的用法について理解できているかどうかの確認として簡単なクイズをやってみましょう。

 

クイズ

Q.(  )の中に当てはまる単語を補え

 

・このドアをあける道具を何か持ってきてください

=Bring me something (  )(  )this door(  ).

 

鍵がかかったドアを無理やりこじあけるシチュエーションを考えてみてください。

 

どうでしょうか??

 

ここであなたがまず最初に思い浮かべて欲しいのが、「”something”にかかる不定詞は何か?」ということです。

 

そこで最初に、“I open the door with something.”という文章を考えてみると、

 

「open〇〇with…」がセットで「…を使って〇〇を空ける」という意味がわかれば、

 

文末の(  )に”with”を入れる事ができるはずです。

 

ちなみにこの場合の”with”は、「道具を表す前置詞」と呼ばれたりします。

 

よって、このクイズの解答は、

 

A.

→Bring me something ( to )( open )this door( with ).

 

という答えになります。

 

まとめ

 

今回はto不定詞の形容詞的用法についてまとめてみました。

 

しかし、「形容詞的用法」でつまずいてしまう人は意外なほど多いのが実際のところです。

 

そういう人たちは、文中で「なんで最後に前置詞が付属しているのか?」と言う疑問を曖昧なままにゴマかしてしまいがちなので、

 

特に前置詞の説明については何度も注意深く読んで頂けると幸いです。

 

それでは今回の話は以上です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のヒデです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。