英語の今後の必要性-AIの発達により英語は勉強しなくても良いのか?

Pocket

こんにちは、タカツです。

 

みなさん、AIってご存知ですか?

 

AIとは『人工知能』のことなんですが、

 

「AIで職業が奪われ行く」

「AIが今後の未来を作って行く」

 

って良く聞きますよね。

 

最近それが英語などの
語学学習の現場においても
議論がなされるようになってきたんです。

 

どんな議論かというと、

 

・人間の代わりにAIが翻訳してくれる

・だから語学学習はもう意味がない

 

といったようなものです。

 

しかしこれって
本当なんでしょうか?

 

そこで今回は、
英語の必要性とAIの今後の可能性
について詳しく
まとめていきたいと思います。

 

これを読めば、

 

「英語とAIの関係」

「日本と世界との関係」

 

について俯瞰的に理解できますので
ぜひとも参考にしてみてください。




AI時代に英語は必要?

よくAIは

 

「言語の障壁を越える存在」だとか、
「約半分の職業を奪う」

 

などと言われて
世間から恐れられています。

 

そんな時代に
英語って必要なんでしょうか?

 

結論から言えば、

 

必要だと思います。

 

なぜかというと、

 

・コミュニケーションやビジネスに
 いちいちAI翻訳機を
 取り出すのって面倒臭すぎ

 

・外国人労働者が
 これから日本に参入してくる

 

といったような理由があるからです。

 

詳しく説明していきましょう。

 

翻訳機は全部聞き取ってから翻訳する

 

最近の自動翻訳は、
かなり難解な言語も
翻訳できるようになってきている
と言われつつも、

 

実は1つだけ欠点があります。

 

それは、

 

コンピューターによるタイムラグ

 

です。

 

例えば、

 

Can I get a beer, please?

「1つビールをもらえませんか?」

 

という文を音声で機械を通して、
日本語から英語に翻訳するとします。

 

この時、後半の「〜をもらえませんか」
という音声を
翻訳機が認識するまで

 

「Can I get」という英語を
導き出すことができません。

 

つまり、

 

機械翻訳では全ての日本語を
聞き取らないと
英語に翻訳できないのです。

 

この現象で会話に多少の遅れが
生じるというわけですから、

 

機械翻訳を通しての
コミュニケーションは
普通のコミュニケーションよりも
かなり非効率だと思いませんか。

 

翻訳機には
このようなデメリットがあるので、
海外の企業との重要な会議なんかで
翻訳機を取り出すわけにも行きませんね。

 

それどころか、
外国人と話す時に毎回翻訳機を取り出して
コミュニケーションすること自体
手間のかかることですし、

 

そのような未来は全く想像できません。

 

また、実業家のホリエモンこと
堀江貴文氏も『英語の多動力
という本で同じことを言っています。

 

英語の多動力は僕が別の記事で
レビューさせて頂いていますので
興味があれば
合わせて読んでみてください。

 

 

外国人労働者が日本に参入してくる法律が成立!

 

日本は今、『少子高齢化』
という現象に悩まされています。

 

少子高齢化とは簡単に言えば、
子供の割合が低下し、
高齢者の割合が増加する現象です。

 

原因は出生率の低下と
平均寿命の増加によるもの
だと言われていますが、

 

実は『少子高齢化』と『英語学習』は
密接な関係になってきました。

 

というのも、
少子高齢化の影響で労働力の不足が
深刻になってきたからです。

 

「日本の労働力が
どんどん減ってきている」

=「国力が低下している」

 

ということなので、
非常に問題ですよね。

 

そこで昨年、日本は新しい
解決方法を提示してきました。

 

それが『改正出入国管理法』です。

 

この法律は、簡単に言えば

 

「外国人労働者の受け入れを拡大する」

 

というものですが、
事実これは移民政策にもなります。

 

 

つまりこの法律によって、

 

日本はこの先、嫌でも外国人と
接点を持たなければいけないようになり、
強制的なグローバル化が
求められるわけです。

 

こんな中で、

 

「英語は無意味」

「やってもどうせAIが翻訳してくれるよ」

 

と悠長なことは
言ってられないでしょう。

 

15年先のAI革命を夢見るよりも、
3年後に

 

「AIに頼らなくても
コミュニケーションできる」

 

というスキルを身につけたほうが
よっぽど将来のために
なっていると思います。

 

ちなみにこの改正出入国管理法は
今年(2019年)の4月から
施行されました。

 

時代に取り残されないためにも、
少しでも早く
英語学習はやるべきかなと思います。

 

合わせて読みたい

AI発達による英語の必要性や
外国人労働者の流入に関しての話は
別の記事でも似たようなことを
書いていますのでこちらも必読です。

 

【厳選!】あなたが今すぐ英語を勉強するべき4つの理由

 

AI時代に必要な英語力はどのくらいか?

 

AIの弱点と
日本の現状を理解したあなたは、
英語学習の重要性がどれだけのものか
分かったと思います。

 

では、このようなAI時代に
どのくらいの英語力を
身につけていれば良いのでしょうか?

 

それについて
解説していこうと思います。

 

必要最低限、日常英会話レベルの英語力は持つべき!

 

先ほど言ったように、
AIがどれだけ発達しても
「日本語と英語の文法の順番が逆」
という理由から

 

翻訳までに
タイムラグが生じてしまいます。

 

それによって外国人との
コミュニケーションが
円滑に進みにくくなります。

 

ですのであなたがまず
身につけなければいけないのは、

 

英語による
コミュニケーション能力であり
日常英会話なわけです。

 

日常英会話ができないと、
外国人に話しかけることもできないですし、
外国人に尋ねられてもどうやって
答えたらいいかわからないと思います。

 

そこで変に翻訳機を取り出して

 

「すみません、
もう一度言ってもらえませんか?」

 

と聞き直しても、
恥ずかしいだけです。

 

なので日常英会話は、

 

まずは必要最低限のレベルで
大丈夫なので軽く挨拶したり、
外国人からの質問を簡単に答えられる

 

ぐらいの英語力は
習得しておきましょう。

 

タカツくん
とりあえず最初は簡単な英語が話せて、聞き取れるレベルでオーケー!

 

そのためにはまず
『発音』というものが
非常に重要になってきます。

 

発音がわからなければ
そもそも相手に自分の意見が伝わらないし、
相手が何を言っているのかも
聞き取れなくなってしまいます。

 

なので、
英語学習を本気で始めようと思っている人は、

 

「文法」や「英単語」や
「実践英会話」

 

よりも発音を勉強してください。

 

そこで参考に僕自身が体験した
発音に特化した英会話教材を
載せておきますので
もし良かったら参考にしてみてください。

 

 




完璧な英語力は必須ではない

 

この先グローバル化に伴って
英語はますます重要になってきます。

 

ですが、

 

『英語の重要性』と『完璧な英語力』

は必ずしも一致していません。

 

英語なんてある程度の
コミュニケーションができれば、
どうにだってできます。

 

もし外国人が難しい発言をした時は、

 

「I’m sorry, would you mind explaining to me again? 」

 

などと聞き直せばいいだけです。

 

「英語は必要だけど
あまり勉強したくないな」

 

と思っている人は、

 

海外に行っても苦労しないような
コミュニケーション能力を
身につけておくぐらいで
いいと思います。

 

TOEICで言うなら
700点レベルぐらいを目指す感じですね。

 

ですが逆に、

 

「国際社会でバリバリ活躍するぞ!」

「海外で本格的にビジネスをしたい」

 

というふうに思っている方は、
できるだけ高水準の英語力を
身につけておいたほうが良いです。

 

少しでも外国人の英会話が
聞き取れないとかなり不利ですし、

 

海外のビジネスでは英語を
話せることが前提とされています。

 

しっかりと英語で
コミュニケーションできないと
全く相手にされない世界で、

 

日常英会話レベルのコミュニケーションでは
到底太刀打ちできません。

 

TOEICで言うなら900点以上、

テレビのニュース番組で言うなら
外国人アナウンサーが喋っていることを
スラスラと理解できるレベルまで
勉強する必要があると思います。

 

英語の必要度合い

・ある程度話せれば良い
日常英会話レベル、
 TOEIC700ぐらい

 

・海外に通用する英語力が欲しい
ビジネス英会話レベル、
 TOEIC900点以上

 

まとめ

今回は色々と話してしまいましたが、
ざっくりと結論を言いますと、、、

 

今回の結論

この先AIが発達しても、
英語の必要性は落ちない。

というか、
ますます英語は必要になってくる。

 

ということです。

 

英語ができるだけでも、
将来の選択肢や人間関係の幅は
できない時と比べて
全然違ってきます。

 

さらに

 

英語は国境を越えて世界へと
アクセスできるすごいツール

 

でもありますから、AIが発達して

「よっしゃ!もう英語は学ばなくていい」

と言っている人は
本当に損してるなと思います。

 

英語学習は
難しいと思われがちですが、
英語力を圧倒的に伸ばす勉強は
色々と存在します。

 

詳しくはこちらから
見ていただけると嬉しいです。

 

 

他にも英文法などの知識についても
ブログで紹介していますので、

 

文法のお助けツールとしても
このブログを活用してみてください!

 

それでは今回の話は以上です!

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中