【バリ島観光】バリ島を思う存分楽しむ!おすすめ1日モデルコース

Pocket

こんにちは、海外旅行大好きライターのゆうりです。

 

今までいろいろな国を旅してきましたが、バリ島は私のお気に入りです。

 

心も身体もゆっくりリフレッシュできちゃいます。

 

バリ島の日中平均気温はなんと、1年中30度!

 

半袖、ワンピースにサンダルでずーっと過ごせるのがとっても嬉しいです。

 

南国気分を味わいながら、ショッピングを楽しんだり、異国情緒あふれる寺院を訪れたりと楽しみ方がたくさんあるバリ島が大好きです♡

 

デンパサール国際空港から、車で15分程度のクタ・レギャン地区に泊まる方が多いと思うので、

今回は、クタ・レギャン発着のおすすめ1日モデルコースをご紹介しますー!

 

【バリ島観光1日モデルコース】移動手段はどうする?

 

バリ島は、日本とは違いバスや電車などの公共交通が便利ではありません。

そのため移動手段としては以下の2つ

 

おすすめ移動手段

①タクシー

②カーチャーター

 

タクシーは、日本と比べて料金がとっても安いです。

 

初乗りは1㎞でRp.7000(約52円)、その後1㎞ごとにRp.6500(約50円)加算されていきます。

 

最低料金がRp.3万(約220円)と決まっているので、近場に行くときでも絶対にRp.3万は支払う必要があります!

 

注意していただきたいのは、ぼったくりタクシー

 

メーターが動いておらず、着いたときに高額な値段を言ってくるタクシーが多いです。

 

タクシーを使うときは、「ブルーバードタクシー」が絶対安全です!

 

車体に書かれているBlue Birdという文字と青い鳥のロゴが目印で、フロントガラスにはBlue Bird Groupと表記されています。

 

英語のスペルが違っているタクシーは全部偽物です!

 

心配な方は、お店やホテルで呼んでもらうのが確実で、安全です。

 

 

タクシーも安くて便利ではありますが、1日中バリ島内を観光するときにはカーチャーターが絶対おすすめです!

 

カーチャーターなら日本にいる時点で予約ができるし、ぼったくりにあう危険性もありません。

 

好きな時間に行きたい場所へ行けて移動がとってもスムーズ。

 

タクシーは呼ぶのに時間がかかったり、なかなか見つからないときがありますがカーチャーターなら時間を無駄にせず観光できちゃいます!

 

私がバリ島に行くとき毎回利用しているのは『Bali Kenken Tour(バリケンケンツアー)』です。

 

1人から6人まで利用できて、料金は以下の通り

 

 

・4時間まで 3,500円

・6時間   4,000円

・8時間   5,000円

・10時間   6,000円

・12時間   6,500円

 

人数が多ければ多いほどお得です!

 

ガソリン代や駐車代も含まれていて、ドライバーの方は日本語がとっても堪能♪

 

車内はWi-fiも完備されていますよ。

 

カーチャーターでスムーズにバリ島観光しちゃいましょう!

 

【バリ島観光モデルコース】ウブド王宮&ウブド市場<10:00~12:00>

 

自然と伝統文化が融合しているウブドへは、クタ・レギャンから車で約1時間。

 

9時ごろにホテルを出発して、まずは王政時代の経済の中心であった『ウブド王宮』へ。

 

ウブド王宮には現在も王族の方たちが住んでいます!

 

見学できるのは一般開放されているエリアで、華やかな建物とユニークな石像などがたくさんあります。

 

日本では見られない豪華で華やかな石門や、彫刻がいたるところにあり、「異国にきたー!」とテンションが上がります。

 

王宮を見た後は、徒歩3分ほどでいける『ウブド市場』へ半屋外のマーケットでローカルな気分を味わっちゃいましょう♪

 

ウブド市場の何が楽しいって、値切り交渉です!

 

バリ島で有名なアタ製品や、バリ島らしいデザインのワンピースやサンダルなど

 

売値の半額以下でゲットできちゃうんです!

 

お店の人も値切り交渉は当たり前だと思っているので勇気をだして、挑戦してみてください!

 

私もよくウブド市場へワンピースを買いに行くのですが、毎回掘り出し物を見つけられるので本当にお得で楽しいんです!

 

ローカル感満載の市場で、お気に入りのお土産をゲットしちゃってください~!

 

【バリ島観光モデルコース】テガララン・ライステラス<12:30~15:00>

 

ウブドから車を走らせて約30分。

写真のような絶景があなたを待っています!

 

その絶景というのが、『テガララン・ライステラス』です。

 

ライステラスとは階段状の棚田のことで、テガラランはバリ島3大ライステラスの一つ。

 

見渡す限りの棚田と、南国らしい木々がとってもきれいです♡

 

12:30にテガラランに着いたら、まずはカフェでランチタイム。

 

 

カフェはオープンスタイルなので、ライステラスの絶景を見ながらご飯が食べられちゃいます!

 

上の写真もカフェから撮影したもので、フォトスポットとしても最高です。

 

ゆっくりランチを楽しんだ後は、食後の運動。

 

ライステラスは見るだけでなく、実際に中を歩けちゃうんです!

 

道は整備されてないので、歩きやすい靴で行くのをおすすめします。

 

絶景の自然の中を散策しちゃいましょう!

写真を撮るのに最適なスポットもたくさんあるのでぜひ♡

 

【バリ島観光モデルコース】モンキーフォレスト<15:30~17:30>

 

ライステラスを堪能した後は、かわいいお猿さんに会いに行きましょう~!

 

テガラランから車で約30分のところにある『モンキーフォレスト』は、自然保護区の森です。

 

200匹を超える野生の猿が住んでいて、公園のいたるところでお猿さんに遭遇できます。

入場料は約600円です。

 

猿の餌としてバナナも売っているのでぜひ買ってみてください!

 

バナナを持っているとたくさんの猿が寄ってくるので、私は、猿を肩に載せて写真を撮るのが好きです(笑)

 

野生の猿にたくさん会えるのはもちろん、
公園自体がとても広くて歩いているだけで楽しいです。

 

鬱蒼と茂る緑の中を歩いているとまるでジブリの世界に入ったよう。

 

マイナスイオンをたっぷり浴びて、バリ島のパワーを存分に吸収しましょう~♪

 

【バリ島観光モデルコース】クタビーチ<18:00>

一日の終わりは『クタビーチ』で。

 

美しいサンセットを眺めながらうっとりしましょう。

 

見渡す限りの海と燃えるようなオレンジのサンセットは本当に感動します。

 

サンセットに合わせて、ビーチでお酒を飲みながらゆっくりしている人や、ウェディングフォトを撮影している人もいました!

 

サンセットを浜辺で楽しむのも良し、
ビーチ周辺のレストランで夕ご飯を食べながら
夕日を見るも良し。

 

一日の締めくくりにはぴったりな場所です。

 

私は何気にぼーっとサンセットを眺めている時間が一番贅沢で好きです♡

 

まとめ

 

私がおすすめするバリ島観光1日モデルコースは以下の通り

 

バリ島モデルコーズまとめ

<9:00> クタ・レギャンのホテル出発

<10:00~12:00> ウブド王宮&ウブド市場

<12:30~15:00> テガラランのライステラス

<15:30~17:30> モンキーフォレスト

<18:00~> クタビーチのサンセット

 

バリ島の自然や文化を満喫できる一日になること間違いなし!

 

1日過ごすだけでも、絶対にバリ島のとりこになっちゃいますよ♡

 

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)