台北のノスタルジックな街『迪化街』って?迪化街の楽しみ方♪

Pocket

こんにちは、海外旅行大好きライターのゆうりです。

 

今までいろいろな国に旅行をしてきましたが、その中でも大好きな国の一つが「台湾」

 

台湾へは東京から約4時間ととても近く、美味しい食べ物や、観光スポットもたくさんあります。

 

私が台湾を愛してやまない大きな理由の一つは、そのノスタルジックな街並み!

 

歩いているだけで、タイムスリップしたかのようなあの雰囲気がたまりません。

 

その街並みの中で写真を撮れば、まるで映画のワンシーン。

 

今回は、台北で私が最もおすすめするノスタルジックな街『迪化街』をご紹介します!

 

『迪化街』のノスタルジックな魅力に、あなたもきっと虜になっちゃうはずです♡

 

①ノスタルジックな街並み散策

 

歴史的な街並みが美しい『迪化街(てきかがい/ディーホアジェ)』

 

台北の中で最も古い問屋街の一つです。

 

特に、「カラスミ、乾物、布、漢方」の問屋街としては台湾で最大規模!

 

メインストリートにそれらのお店がずらーっと並んでいます。

 

日本統治時代の20世紀には、台湾の主要な商業地区としてとても栄えていたんです!

 

その頃の名残が街中にあふれていて、とっても素敵。

私は、初めて迪化街に足を踏み入れた瞬間に恋に落ちちゃいました♡

 

 

私とカメラ好きの友達は、

 

「街中にいまだに残るバロック建築が美しい~!」

「重厚なレンガのアーチがノスタルジックでかわいい~!」

 

とシャッターを切る手が止まりませんでした(笑)

 

台湾のノスタルジックな雰囲気を写真に収めたい人

 

ぜひカメラを持って迪化街へ!

 

ノスタルジックな街並みをカメラ片手にお散歩してください♪

 

②ノスタルジックなリノベカフェで一休み

 

迪化街は、昔ながらの街並みや建物だけでなく、古い建物をリノベーションしたカフェもどんどん増えています!

 

迪化街のメインストリートをぶらっと散歩した後はおしゃれなリノベカフェでちょっと休憩しちゃいましょう♪

 

 

私が迪化街に行ったら必ず行くカフェが『窩窩 wooo』

 

メインストリートから少し外れたところにあります。

 

 

実は、ここのお店を紹介してくれたのは台湾人の友達。

現地の友達が言うなら間違いない!と思い行ってみると。。。

 

 

ノスタルジック&レトロな雰囲気がどんぴしゃり!!!

店内も店外もとってもとってもかわいい!!!!

 

 

もともと貿易会社だった建物をリノベーションしたカフェで

石の床や、昔ながらのタイル張りの壁がおしゃれ♡

 

店内に置かれている、ノスタルジックな冷蔵庫やバイク、

使われているカトラリーや、漢方薬をいれる棚など、

 

何から何まで私の心を奪っていきました(笑)

 

 

お散歩の休憩がてら、リノベカフェで

ノスタルジックな雰囲気にどっぷりつかってみませんか?

店内の様子はこちらからチェックしてみてください!

 

 

③ノスタルジックなお土産をゲット!

 

旅行の大きな楽しみの一つと言えば「お土産」

家族や友達、もちろん自分へのお土産だって買いたいですよね~!

 

 

でも、「何を買えばいいんだろう」、「お土産選びは大変」というイメージを持っている方も多いはず。

 

そんな皆さんのために、「迪化街で絶対ゲットしてほしいノスタルジックなお土産」をまとめちゃいます♡

 

私も迪化街へ行くときは毎回、友達や家族にお土産を買っていきますが、今まで百発百中で喜んでくれているので、絶対ハズレなしです!

 

まず私がおすすめしたいのは、『Da Dao Cheng Tourist Information Center』のマスキングテープです。

 

中華料理のイラストや、台湾の古布柄がとってもかわいい!

 

迪化街のノスタルジックな雰囲気をそのまま閉じ込めたようなデザインはいくつも欲しくなっちゃいますよ♡

 

マスキングテープなら、いくつ買ってもかさばらないのでお土産にはぴったりです!

 

センスの高いお土産を買いたいという方は、ぜひ『印花楽』へ。

 

このお店では、とっても素敵なランチョンマットが手に入ります!

 

台湾らしいデザインとノスタルジックなカラーがおしゃれ。

 

木製のお箸とスプーンが入るポケットのついたランチョンマットで、実用性も抜群

くるくると丸めればバッグに入るので、持ち運びも◎

 

 

私の使っているランチョンマット見た友達が、口をそろえて「かわいい!欲しい!」というので、

これさえ買っていけば、間違いなしです!

 

 

自分へのお土産なら、『高建桶店』かごバッグがとってもおすすめです!

ノスタルジック&ポップなデザインがたまりません♡

 

 

プラスチックバンドで編んであるためとても頑丈

値段も500円くらいとびっくりするほど安いんです。

 

 

色やデザインがたくさんあるので、選ぶのもとっても楽しいです♡

 

私もここでかごバッグを買いましたが、収容力も抜群で大活躍してます!

 

使うたびに迪化街を思い出してノスタルジックな気分に浸ってます(笑)

 

 

まとめ

 

私がおすすめする、ノスタルジックな街『迪化街』の楽しみ方

 

①ノスタルジックな街並み散策

②ノスタルジックなリノベカフェで一休み

③ノスタルジックなお土産をゲット 

 ・『Da Dao Cheng Tourist Information Center』のマスキングテープ

 ・『印花楽』のランチョンマット

 ・『高建桶店』のかごバッグ

 

ぜひ、みなさんも迪化街へノスタルジックな旅をしてみてください。

 

一昔前にタイムスリップしたかのような雰囲気にきっとワクワクするはずです。

 

贅沢な時間があなたを待っていますよ!

 

 

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)