台湾の夜市で屋台グルメを食べ歩こう♪屋台グルメは値段も安くて絶品!

Pocket

こんにちは、台湾大好きライターのゆうりです。

 

私が、台湾に行くたびに楽しみにしていることの一つが『夜市』

 

今回は台湾の夜市でおすすめすな屋台グルメをご紹介します!

 

 

そもそも夜市って何?という方もいるでしょう。

 

夜市とは、ナイトイマーケットのことです!

 

毎日お祭りのような賑わいをみせ、深夜まで多くの人が夜市を訪れます。

 

夜市での屋台グルメ食べ歩きは、台湾に行くなら絶対に楽しんでいただきたいです。

 

とはいっても、何日まわりきれないほどのお店があるので、

 

これだけは食べてほしいーー!!と私が思うグルメだけ厳選しました!

 

気になるお値段も一緒にご紹介するので参考にしてくださいね♪

 

【台湾夜市屋台グルメ】台北NO.1の福州世祖胡椒餅

 

台北2大夜市の一つである饒河街観光夜市

そこで食べられる『福州世祖胡椒餅』は必ず食べてほしい一品!

 

お値段は一つ45元、日本円で約170円です!

 

屋台の前にはいつも長蛇の列ができている人気店です。

 

そもそも胡椒餅とは、葱と豚肉で作った餡をパイ生地のような皮で包んで焼いたもの。

 

餡には胡椒がよく効いていてやみつきになる味

 

私も長ーい順番待ちをして食べたのですが、一口食べた瞬間になぜ人気なのかが分かりました。

 

中の餡がとってもジューシーで、葱がいいアクセント。出来立てを提供してくれるので、ほっくほく。

 

とてもシンプルな味付けだけど、そのおかげでお肉の味が引き立っています。

 

肉汁がじゅわーっと広がって、まわりのパイ生地もしっとりで絶品。

そして胡椒好きの私にはたまらなーい♡

 

並んででも食べる価値ありです!

出来立てはとーっても熱いのでそこだけは気を付けてください。

 

【台湾夜市屋台グルメ】顔より大きい?!台湾フライドチキン

 

私が初めて士林夜市に行ったときのこと。

 

その人の多さにびっくりしたのですが、多くの人が手に同じものを持っていることに気が付きました!

 

しかもそれがびっくりするほど大きい。

 

 

一緒にいた台湾の友達に聞くと、なんとそれはフライドチキン!!!!

 

「え?フライドチキン?私の顔くらいあるんだけど?!」とびっくりが止まりませんでした(笑)

 

 

その巨大な台湾フライドチキンを買えるのは、『豪大大鶏排』というお店です。

 

とにかく自分の顔よりフライドチキンは見た目のインパクトがすごい!

 

自分の顔とフライドチキンを並べて写真を撮ればSNS映えも間違いなしです。

 

でもこのチキンは大きさだけでなく味も◎

 

とっても大きいのに意外とあっさりしているのでパクパクいけちゃいます。

 

お値段は70元、日本円で約260円

このサイズ感で、この値段はびっくりです。

 

 

料理研究家のリュウジさんもレシピを公開しています。

 

大きさの参考にしてみてください!

 

 

【台湾夜市屋台グルメ】私的NO.1のミルクドーナツ

 

『晴光市場・雙城街夜市』は、MRT「民権西路」駅から歩いて約5分の所にある夜市で、他の夜市と比べると規模は小さいのですが、激うま屋台グルメが密集しています。

 

人が多いところがあまり好きではないという方はぜひ『晴光市場・雙城街夜市』へ!

 

その中でも特に私がおすすめしたいのは『脆皮鮮奶甜甜圈』ミルクドーナツ!!!

 

これは台北駅の近くにも店舗を構える大人気のドーナツ屋さんです。

 

 

ドーナツの外はカリカリサクサクで、中はほわっほわ

 

そしてミルク風味の砂糖がふんだんにまぶしてあります。

 

揚げドーナツだけれど、しつこくなくてペロリと食べられちゃいます!

 

お値段は1つ25元、日本円で約90円

 

私がこのお店を初めて知ったのは、台北駅近くの店舗に大行列ができていたのを見た時でした。

 

「ドーナツにここまで行列ができるのか!」とびっくりしたのを覚えています。

 

私も買いたかったのですが、時間の関係で断念(涙)

 

 

ところが、たまたま『晴光市場・雙城街夜市』に行った際、同じドーナツ屋さんを見つけて大興奮!

 

店舗のように行列に並ばなくてもいいので最高です。

 

どこか懐かしい味のミルクドーナツ、みなさんもご賞味あれ♡

 

【台湾夜市屋台グルメ】夢みたいな台湾カステラ

 

私が最後におすすめする夜市グルメは、巨大台湾カステラ

 

写真を見てください、文字通り巨大です。

 

この巨大な台湾カステラは、士林夜市の『源味本鋪』というお店で買うことができます!

 

実際に目の前で、この巨大カステラをカットしているところを見ることができるのもとっても楽しいですよ。

 

私も、初めて台湾カステラのお店に行ったときはずーっと動画を回していました(笑)

 

SNSにアップすると友達からは「どこそれ?!行きたい!!!」とコメントの嵐でした。

 

見た目に楽しいだけでなく、味も◎

 

シンプルな味で、卵がしっかりときいててとてもやさしい味わい。

プレーンチーズ味の二種類が選べます!

 

お値段は、

プレーンが80元、約300円

チーズが100元、約370円

です。

 

次の日に食べると、さらにしっとり感が加わって美味しいので、私は2つ買って、朝ごはんに食べたりしています。

 

見た目もびっくりな台湾の巨大カステラは地元の方にも大人気なんですよ!

 

まとめ

 

夜市へ行ったら絶対に食べていただきたい屋台グルメは

 

① 福州世祖胡椒餅(饒河街観光夜市)

② 豪大大鶏排の巨大フライドチキン(士林夜市)

③ 脆皮鮮奶甜甜圈のミルクドーナツ(晴光市場・雙城街夜市)

④ 源味本鋪の巨大台湾カステラ(士林夜市)

 

夜市には本当にたくさんの屋台がひしめきあっているので、自分のお気に入りのお店を見つけるのも楽しいですよ♡

 

夜市の屋台グルメを食べ歩きして、夜の台湾を楽しみ尽くしましょう♪

 

 

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)