リスニングやシャドーイングにおすすめのイヤホン・ヘッドホンを紹介!

Pocket

英語研究家の大学生タカツです。

この記事では、英語を勉強するときには絶対に欠かせないアイテムの1つ、「イヤホンやヘッドホン」について紹介します。

実際に自分が利用したことがありおすすめできるものだけを厳選してきました。

ここで紹介するイヤホン・ヘッドホンは普通のものと違い、学習のモチベーション維持してくれてあなたの英語学習の支えになります。

リスニングやシャドーイングに集中したい方はぜひこの記事を参考にしてみてください!

タカツくん
5分あれば読めるよ〜!

語学用のイヤホン・ヘッドホンを選ぶときのポイント

最初に「とりあえず教えろ!」っていう人のためにまとめを置いておきます。

おすすめのイヤホン・ヘッドホン

❶周囲の雑音を全てかき消すヘッドホン→「Quiet Comfort(クワイアットコンフォート)

❷非常に軽くて運動にも快適なイヤホン→「SONY(ソニー)WF-1000XM3

「イヤホンやヘッドホンなんてどれも一緒だろ!」

と思うかもしれませんが、これら2つには共通の特徴があって語学学習に非常に役立つ機能を持っています。

この機能は語学用のイヤホン・ヘッドホンを選ぶときの重要なポイントで、このポイントを押さえておかないと後々後悔する羽目になります。

『ノイズキャンセリング』があるかないか重要!!

「ではこの機能はなんなのか?」と言いますと、

ノイズキャンセリング

といった周囲の雑音を消去してくれる機能のことです。

ノイズキャンセリング付きのイヤホンやヘッドホンを使うと、身の回りの話し声や音楽、地下鉄の騒音などがほとんどカットされて周りのことを気にしなくて済むようになります。

特にリスニング練習中に雑音が紛れ込んでしまうと、雑音の方に気を取られてリスニングに集中できずにイライラしますよね。

集中力の乱れはモチベーションの低下にも繋がってきますので、語学学習にノイズキャンセリング機能は欠かせないアイテムです。

タカツくん
ノイキャン機能は語学のモチベーションを保ってくれるアイテムだよ!

おすすめのイヤホン・ヘッドホン一覧

では僕がおすすめする2つのイヤホン、ヘッドホンについて、どんな性能があるのか詳しくみていきましょう。

【1位】とりあえず間違いなし!周囲の雑音を完全にシャットアウトする「Quiet Comfort 35(クワイアットコンフォート35)」

1位はなんといっても強力なノイズキャンセリングで非常に快適に音声や動画を楽しめるQuiet Comfort 35(通称QC35)です。

ノイズキャンセイルングの強さは他の企業の製品と比べても相手にならないほど強力で、周囲の全ての雑音をカットしてくれます。

目の前で電車が通過しようと上空にヘリが飛んでいようと全く気にすることなく英語学習に取り組むことができますし

親が大音量でテレビを見ているところで、正々堂々とリスニング学習ができます。

要するに、QC35があるだけで英語学習ができる場所は一気に広がるということです。

また、ノイズキャンセリング機能だけを使って周りの雑音を消しながら仕事に没頭することもできます。

タカツくん
一人で作業するときにすごく有効だよ!

もちろんQC35はワイヤレスで、コードをスマホなどにつなぐ必要性もありませんし、音声のマルチペアリング機能がついて使い方も非常にシンプルです。

例えば、

iPhoneとiPad(Mac)を同時に接続しておけば、iPhoneでのリスニングを一旦中断し、iPadでリスニングをしたいときに

①iPhoneで再生中の音声(または動画)を一時停止

②iPadで音声(または動画)を再生

という2ステップの作業だけで済みます。

最大再生時間は20時間とかなり長く、充電速度も他の会社とは比にならないくらい早いので文句なしのヘッドホンです。

ノイズキャンセリングの性能と品質にこだわるのであれば間違いなくQC35がおすすめです!

音質  最強
ペアリング機能  あり
フィット感  かなり心地良い
最大再生回数  20時間
充電速度  15分の充電で2.5時間使用可

【2位】非常に軽くておすすめ!完全ワイヤレスBluetuuthイヤホン「SONY(ソニー)WF-SP700N」

SONYのWF-1000XM3は、今年(2019年7月)に発売された最新型のノイズキャンセリングイヤホンです。

こちらもQC35と同様、地下鉄などの騒音環境で快適に楽しむことができるので、周囲を気にせずに集中して学習に取り組むことができます。

また、形がコンパクトで小型なイヤホンなので

ヘッドホンに比べると非常に軽い

というのが特徴です。

タカツくん
長時間装着してても全く疲れないよ!

ただし、バッテリーの容量がQuiet Comfort 35と比較して6時間ほどで、QC35と比べると少し劣ります。

また、WF-1000XM3の音質はは旧製品と比べてかなり良くなっていますが、QC35みたいに周りの雑音をほぼ完全に消去するのではなく小さくするといった感じです。

それでも周りの声や雑音は全然気にならなくなりますので、語学の集中力は保たれます。

また、以前までは動画などでは遅延が生じることがあったのですが、今回の商品ではそのような遅延も解消されていますので動画にも対応できる文句なしの製品です。

値段はQuiet Comfort 35よりも安いので『安さ』と『軽さ』を重視したい!という方はこちらを選んでみることをおすすめします!

音質  かなり良い
ペアリング機能  あり
フィット感  最強
最大再生回数  6時間
充電速度  1.5時間

 

ノイズキャンセリング付きイヤホン・ヘッドホン選ぶメリット

語学を学習する上でノイズキャンセイリング付きのイヤホン・ヘッドホン慎重に選ぶメリットは

・リスニングやシャドーイングへの集中力が全然違う

・オンライン英会話利用時に効果発揮

・英語学習できる環境が一気に増える

の3つがあるからです。それぞれ見ていきましょう。

リスニングやシャドーイングへの集中力が全然違う

これは非常に大きいですね。おそらくノイズキャンセイリング付きのイヤホンやヘッドホンを買う人の9割はこれを理由にしてます。

リスニングやシャドーイングをするときに普通のイヤホン・ヘッドホンだと、どうしても集中力に限界があるんです。

周りの人や物の雑音に対して、英語だけが聞こえるようにイヤホンを耳にしっかり押さえて色々工夫して対応することはできますが、

それでもやはりノイズキャンセリングには叶いません。

ノイズキャンセリングスイッチを押すだけで全く苦労ぜずにリスニングやシャドーイング練習に取り組むことが可能です。

鬱陶しい友達や先生の声や工事の騒音、テレビの雑音などから解放され、いちいち周りを気にせずに自分のことだけに集中することができます。

タカツくん
ノイキャンは集中力を最大限に上げたい人におすすめ!

英語以外の学習にも最適ですね。ノイズキャンセリング機能を使えば周囲に気をとられることなく悠々と自分の目標に向かって頑張れるんです。

ノイズキャンセリングで得られる圧倒的な集中力の高さが、ノイズキャンセリング付きのイヤホン・ヘッドホンを選ぶ一番の理由といってもいいでしょう。

オンライン英会話利用時に効果発揮

もしあなたがオンライン英会話を利用するときには、ノイズキャンセリングが効果を発揮してくれます。

オンライン英会話のメリットの1つが「オンラインに繋がっていればいつでもどこでも英会話ができる」なのですが、

そうなると、周りの環境が良くないところで英会話をする機会も出てきます。

しかし、ノイズキャンセリング付きのイヤホン・ヘッドホンを使えば、周囲の環境とは関係なしにいつでもどこでも『快適に』英会話学習ができます。

英語学習できる環境が一気に増える!

ノイズキャンセリング機能を使えるようになると、基本的に自由な場所で英語学習ができるようになります。

例を挙げると、電車やバスの中や近くのカフェ・ファミレス・カラオケ・フードコートや、家で親がテレビを見ている目の前などです。

このような雑音の多い場所でも快適にリスニングや英会話ができるようになるのがノイキャン付きイヤホン・ヘッドホンなのです。

学習できる環境が増えるだけでも、退屈しないで英語学習ができるようになります。

普段の生活をマンネリ化させない変化のある行動がモチベーションアップにも繋がるので、モチベーションの低い方にこそノイズキャンセリングは欠かせないと思います。

タカツくん
やる気は環境から生まれるのがほとんどだから新しい環境で勉強するのは非常に有効だよ!

まとめ:ノイズキャンセリングを活用してコスパよく英語を勉強しよう!!

重ね重ねになりますが、語学学習用のイヤホン・ヘッドホンを選ぶときは「ノイズキャンセリング」付きのものを選ぶようにしてください。

そうしないとリスニングやシャドーイング中に周りの雑音で集中できなかったり、そのせいで学習環境が限定されて英語学習が非常にやり辛くなります。

普段家などの静かな場所でしか勉強しない人には無用な話かもしれませんが、ノイズキャンセリングには

①隙間時間を語学学習に没頭できる

②雑音が多い場所でも快適に学習ができる

という利点があります。

1つ例を挙げるならば

通勤・通学中の電車やバスの中で勉強できる

といった無駄な時間を一気に減らせるわけで、

このような隙間時間にどんどん英語の勉強を入れていけばあなたの英語力も普段より一気に加速してくるはずです!

最後にまとめて終わります。

おすすめのイヤホン・ヘッドホン

❶周囲の雑音を全てかき消すヘッドホン→「Quiet Comfort(クワイアットコンフォート)

❷非常に軽くて運動にも快適なイヤホン→「SONY(ソニーWF-1000XM3

1700円で発売中の書籍を無料で読めます

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、

1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中