「お客」を英語でなんていう?visiter、guest、spectatorなどの使い分け

Pocket


“visiter”や”guest”や”spectator”
などはどれも

『客』

という意味を持ちますが、

 

具体的な場面に即して
しっかりと使い分けなければいけません。

 

今回は、前回お話しした
『料金』の話に続いて、

 

『お客さん』を英語で表したときの
単語の使い分け方

 

についてお話ししていこうと思います。

 

関連記事

料金の違いについての話は
こちらの記事を参考に!

『利用料金、宿泊料金、高速料金』などの英語を自由自在に使い分けられるようになろう!




訪問者/観光客→visiter

 

お客の分別1

訪問者・観光客“visiter”

 

仕事や観光が目的の
「訪問者」や「観光者」

“visiter”を使うことになっています。

 

以下の例文は仕事関係の「訪問者」が
あなたの家に訪ねてきたと
想像していただければ
理解しやすいと思います。

 

There was a visitor here to see you today.

(今日ここへあなたを訪ねてきた人がいます。)

 

また、「訪問者」や「観光客」以外で
ホテルの「宿泊客」を言う場合でも
使われることもおさえておいてください。

 

招待された客→guest

 

お客の分別2

招待客“guest”

 

招待された客もてなしを受ける客
などは“guest”を使います。

 

また、”visiter”と同様に、
ホテルの宿泊客を”guest”
という場合もありますので
注意しましょう。

 

There were about 200 guests asleep in the hotel.

(そのホテルには訳200名の客が眠っていた。)

 

“visiter”と”guest”は
重なり合う意味があって
少しわかりにくいかもしれませんが、

 

この場合は、
ある程度まで記憶した後に、
具体的な場面に即して
マスターしていくことをお勧めします。

 

買い物に来た客・常連客→customer

 

お客の分別3

買い物客・常連客“customer”

 

“customer”
品物を買いに来た客常連客お得意様
の意味を持ちます。

 

これも”guest”と”customer”
を比較して頂いたらわかる通り、
ニュアンスが結構似ているので
区別するのがなかなか難しいですが、

 

この場合は、
「帰りに買い物袋を
 膨らませて帰るかどうか」
というイメージを持っておくと

 

比較的簡単に
理解できるようになります。

 

買い物袋をいっぱいにして帰る客
“customer”
手ぶらで帰るのが
“guest”

だとイメージしながら覚えておいて下さい。

 

The new supermarket has taken away half of my customers.

(新しいスーパーにお客を半分取られてしまった。)

 

上の例文はスーパーに
買い物に来たお客さんについての文なので
もちろん”customer”が使われています。

 

見物人・スポーツの試合などの観衆→spectator

 

お客の分別4

スポーツなどの観衆・見物人
“spectator”

 

見物人スポーツの試合などの観衆
には“spectator”を使うのが常識です。




 

・The people who watch a sporting event without taking part are called spectators.

(参加することなしにスポーツのイベントを見ている人は、見物人と呼ばれる)

 

上の例文では、
「参加せずに見ているだけの人」
と言っているのだから、

 

「見物人」に該当する
“spectator”を使用します。

 

依頼人・取引先→client

 

お客の分別5

依頼人・取引先“client”

 

“client”は基本的に
弁護士やカウンセラーなどの「依頼人」
企業の「取引先」
に対して言われることが多いです。

 

以下の例文では、
政治家という依頼人に対しての
説明がなされていることがわかります。

 

His client list includes many famous politicians.

(彼の顧客(依頼人)リストには多くの有名な政治家がいる。)

 

基本的には
“client”は専門的な職業の依頼人に対して
使われると思っておけば問題ないでしょう。

 

乗客→passenger

 

お客の分別6

乗客“passenger”

 

飛行機や電車、
船などの乗り物に対する乗客
には
“passenger”が使われます。

 

Passengers going to A line, please change train at Liverpool.

(A線をご利用のお客様はリバプールでお乗り換え下さい)

 

基本的には、乗り物系の客は全て
“passennger”
で表すことができますが、

 

潜水艦などの乗組員は
crewで表現することがありますので
注意しましょう。

 

演劇やコンサートの観衆・聴衆→audience

 

お客の分別7

演劇・コンサートの観衆、聴衆
“audience”

 

演劇やコンサートなどの
「観衆や聴衆」
“audience”
を使うことになっています。

 

以下の例文では、

コンサートホールにいる聴衆は
ほんの少ししかいないということを
想像していただければ
理解も容易になるのではないでしょうか?

 

There was just a small audience.

(聴衆は少ししかいなかった。)

 

よく、“spectator”と”audience”
混同してしまいがちになってしまいますが、

 

“spectator”は「見ること」、
“audience”は「聴くこと」を重視した客
だということを認識していただければ
理解が早いです。

 

まとめ

以上が今回お伝えしたかった
「お客さん」の使い分け方でした。

 

意味やニュアンスが
重なり合う部分も多いですが、
これを参考にある程度まで
記憶していただいて、

徐々に使いこなせるように
なっていただければ幸いです。

 

また、このような英語フレーズを
使いこなすためには普段から
英会話を使いこなしていく
必要があります。

 

英語でネイティブの人たちと
コミュニケーションをするためには
発音が重要になってきて、

 

発音の理解なしには
ネイティブの英語は聞き取れませんし、
話すこともできません。

 

なので最後に、僕が体験した
発音重視の英会話教材について
関連記事として載せておきますので
是非そちらを参考にしてみてください。

 

 

それでは最後まで
読んで頂きありがとうございました。

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中