SVOC構文の訳し方と問題を解く最大の見分け方のポイントはこれだ!

Pocket


英文法に出てくるSVOC構文(第5文型とも言います)は、すべての文型の中で間違いなくNo.1の重要性をもちます。

英文を読む時にSVOC構文を瞬時に見分けられるようになるだけでも読解のスピードは以前と比べて圧倒的に早くなりますし、

SVOC構文が理解できて急に英語のできがようなることも少なくありません。

この記事を読んでいるあなたも英語を勉強するときは、

まずSVOC構文の訳し方・読み方を徹底的にマスターすることが英語力上達の決め手になりますので、特にこの章は何ども熟読してください。

SVOC構文の SVOCとは

S→主語

V→動詞

O→目的語

C→補語

のこと




SVOC構文の訳し方

SVOC構文をマスターすることが英語力向上の決め手であるのは間違い無いのですが、SVOC構文の訳し方はあまりにも単純です。

なぜなら、あるたった1つのことを記憶するだけでいいからです。

これを記憶するだけであなたのSVOC構文の基礎的な読解力はすでに完成することになります。

ではあなたがまず一番に記憶すべきことは何なのか?

それについてお話ししていこうと思います。

OとCの間には主語→述語の関係が存在する

SVOC構文の章でまずあなたが記憶すべきことは、

OとCの間には必ず「OがCだ」という『主語→述語』の関係が存在するということです。

実は、たったこれだけの記憶でほぼSVOC構文の話は終わってしまいます。

They elected him chairperson.

(彼らは彼を議長に選びました。)

例えば、上の例文にSVOCを振り分けるとすると、

S  They  

V  elected   

O  him   

C  chairperson.

となって、

O(”him”)とC(”chairperson”)の間に「彼が議長だ」という『主語→述語の関係』が成立することがわかりますね。

Cが不定詞や分詞のときの訳し方

SVOC構文で、Cが不定詞や分詞の場合は、訳し方は以下の3パターンに分類されます。

補語Cのルール1

①Cが不定詞のとき
「OがCする」

②Cが現在分詞”…ing”のとき
「OがCしている」

③Cが過去分詞”p.p.”のとき
「OがCされる」

不定詞や分詞によって訳し方は変わりますが、

OとCの間に『主語→述語の関係』があるルールはどれも一緒なのでわかりやすいと思います。

My elder brother didn’t allow me to eat candies.

(私がキャンディーを食べるのを兄は許可しなかった。)

例えば、上の例文をSVOC構文に振り分けると、

S  My elder brother        

V  didn’t allow 

O  me 

C  to eat  

となって、“me”と”to eat candies”の間に『主語→述語の関係』があることが分かります。

このとき、Cの”to eat candies”の部分が不定詞になっているので、

「OがCする」という訳し方になって「私がキャンディーを食べる」という訳になることが推測されます。

I heard him singing a song.
(私は、彼が歌を歌っているのを聞いた。)

次の例文も同様にSVOC構文に振り分けてみると、

S  I  

V  heard   

O  him   

C  singing a song.

となって、“him”と”singing”の間に『主語→述語の関係』があることが分かります。

このとき、Cの”singing”の部分が“ing形”になっているので、

「OがCしている」という訳し方になって「彼が歌を歌っている」という訳になることが推測されます。

関連記事

「主語・述語の関係」に関してはfor〇〇to…構文についても注意です。

不定詞の名詞的用法の導入、for〇〇to…公文の訳し方

Cの動詞が使役・知覚動詞の場合の文法的ルール

SVOC構文のCが上の①の場合は、もし動詞が使役動詞or知覚動詞であれば、

不定詞にtoをつけない原形不定詞にする)というルールがあります。

しかしこの時、学校で「使役・知覚動詞の時は原形不定詞」と教わっていたせいなのか、

「使役・知覚動詞のときは、Cが現在分詞や過去分詞の場合でも原形不定詞!!」

というふうに信じ込んでいる高校生がよくいます。

しかし、それは大きな間違いということを認識しておいてください。

知覚動詞や使役動詞でも、

「OがCしている」の関係がある場合はC=…ingになり、「OがCされる」という関係で繋がっている時は、C=p.p.になります。

補語Cのルール2

動詞Vが使役または知覚動詞の場合、

①「OがCする」の関係なら
Cは原型不定詞

②「OがCしている」の関係なら
Cは現在分詞”ing”

③「OがCされる」の関係なら
Cは過去分詞”p.p.”




I heard him called by his mother.
(私は、彼が母親に呼ばれるのを聞いた。)

上の例文をSVOC構文に分解してみましょう。

S  I 

V  heard 

O  him   

C  called by his mother.

ここでOとCの関係に着目してみると、

Cが”called”と『p.p.』の形になっているから「彼が呼ばれる」と受身の訳になります。

この文では”heard”が知覚動詞だからといって、必ず「原形不定詞」ではないことに注意です。

ルールは「知覚動詞なら、不定詞にはtoをつけない」であって、

「OがCしている」の関係なら”…ing”になるのは全く問題ないことなのです。

SVOC構文の問題の解き方と見分け方

文法問題では、Cの位置を空欄にして、Cがどんな形であれあるかを問うものがほとんどです。

そこで、SVOC構文の解き方は先ほどの訳し方の思考プロセスと逆で、

「OがCする」の関係なら   →C=不定詞

「OがCしている」の関係なら →C=…ing

「OがCされる」の関係なら  →C=p.p.

となります。

ただし、①のケースで動詞が使役動詞・知覚動詞の場合には、C=不定詞の部分にtoをつけないことに注意です。

それではこれから話す2つの問題を一緒に解きながらSVOC構文に慣れていきましょう。

He will have a new house (  )next year.

①build

② to build

③built

④building

上の問題の例文をSVOC構文に振り分けると以下のようになります。

He  will have  a new house  ( )…

S  V     O      C

ここで、OとCの関係に注目します。

V=haveは使役動詞の用法なので、

⑴「家が建てる」なら
C→原形不定詞 build

⑵「家が建てている」なら
C→現在分詞 building

⑶「家が建てられる」なら
C→過去分詞 built

になります。

家が自分を建てることは決してないので「家が建てられる」の③を選べば正解です。

She could still feel her cat’s heart (  ).

①beat

②beaten

③to be beating

④to beat

こちらも同様にSVOCに分けて考えてみましょう。

She  could still feel  her cat’s heart  ( ).

S   V     O       C

OとCの関係に注目してみると、

動詞”feel”は知覚動詞なので、

⑴「猫の心臓がドキドキする」なら
C→原形不定詞 beat

⑵「猫の心臓がドキドキしている」なら
C→現在分詞 beating

⑶「猫の心臓がドキドキされる」なら
C→過去分詞 beaten

「ドキドキされる」が日本語的に変なことはすぐにわかるので、過去分詞の選択肢はすぐに消えますね。

可能性があるとすれば⑴か⑵のどちらかですが、問題の選択肢には”beating”が存在していないので①の”beat”が正解になります。

まとめ


今回はSVOC構文という超重要な構文についてお話ししました。

SVOC構文は英語が得意になるかならないかの決定的な分岐点ですので、

SVOC構文の訳し方や解き方がまだ曖昧な人はこの記事を何ども繰り返し読んでいただけると幸いです。

次回は使役動詞の重要構文について解説していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中