助動詞+have+過去分詞の使い方と注意すべき問題

Pocket

スポンサードリンク

 

「中学までは助動詞が得意だったのに高校に入ると一気に難しくなった」

 

「助動詞+have+過去分詞の形にイマイチ慣れない、、、」

 

こういうことはよくあります。

 

しかし、『助動詞+have+過去分詞』は助動詞の問題で一番よく試験に出題される部分です。

 

試験によく出題されるということは、英文法や日常英語にとって非常に大切な構文だということですね。

 

なので、英語を本格的に習得したいと思う方は絶対に目を通しておく必要があります。

 

そこで今回は、絶対に覚えるべき6種類の『助動詞+have+過去分詞』構文を例文と一緒にまとめておきましたのでここでしっかりと学んでいってください。

 

それではいきましょう!

 

助動詞+have+過去分詞(過去推量)

 

『助動詞+have+過去分詞』の構文には過去に関する推量過去の後悔/非難というのがあります。まずは過去に関する推量について見ていきましょう。

 

覚えるべき構文は3つです。

 

cannot have 過去分詞

 

“cannot have 過去分詞”は「・・・したはずがない」「・・・だったはずがない」という意味を持ち、過去の出来事についての可能性を否定しています。

 

She can’t have told a lie.
(彼女がうそをついたはずはない。)

 

この例文では、彼女が過去に嘘を言ったはずがないと否定していることが分かりますね。

 

もちろん”cannot have 過去分詞”をcouldn’t have 過去分詞に変形しても同じ意味を取りますのでどちらを使ってもらっても構いません。

 

may have 過去分詞

 

“may have 過去分詞”の意味は「・・・だったかもしれない」です。

 

こちらは過去の出来事についての可能性を指摘しています。

 

You may  have come here before.
(あなたは以前ここに来たかもしれません。)

 

こちらの例文だと、「以前ここに来たかも…」と過去についての可能性を述べていることが分かります。

 

また、”may have 過去分詞”→might have 過去分詞という変形も可能ですので使用するときはどちらを使っても問題ないです。

 

must have 過去分詞

 

“must have 過去分詞”は「・・・だったに違いない」という意味を持ちます。

 

こちらは、過去についての可能性を表していて、可能性の度合いは”may have 過去分詞”よりも強いイメージです。

 

使い方の例としては以下の文のような感じです。

 

You must have been very tired yesterday.
(あなたは、昨日、とても疲れていたにちがいありません。)

 

よく、「〜しなければいけなかった」という間違いをする人がいますので注意が必要です。

 

助動詞+have+過去分詞(過去の後悔/非難)

 

過去の後悔や非難を表す助動詞のポイントは、

 

主語が一人称ならば、自分のことについての後悔を表し

 

一人称ではなく他人が主語の時は、その人の過去の行動に対する非難を表すということです。

 

覚えるべき構文はこちらも3種類ですので1つ1つ確認していきましょう。

 

should have 過去分詞

 

“should have 過去分詞”は「・・・すべきだった(それなのにしなかった)」「・・・していて当然だ(それなのにまだしていない)」という意味になります。

スポンサードリンク

 

一人称の場合だと、

 

 I should have told you about it.
(そのことについて話しておけばよかった。)

 

というように、自分のことに対する後悔を表現していることが分かります。

 

一人称以外の場合では、

 

He should have accepted the responsibility.
(彼が責任を取るべきだったんだ。)

 

というよに、誰かの行動に関して非難を表現していますので使い方には気をつけてください。

 

また、”should have 過去分詞”はought to have 過去分詞としても代用することができますのでどちらが来ても対応できるようにしておいてください。

 

ought to have 過去分詞で注意すべき問題

 

“ought to have 過去分詞”でもう1つ注意してもらいたい訳として、

 

もう・・・してもいい頃だ(なのにまだしていない)

 

というのがあります。

 

入試や試験の問題なんかでたまに出てくるので注意です。

 

例えば、以下の4択問題があったとしましょう。

 

She (  ) here by now, for she left the house yesterday.

①can have arrived

②must not have arrived

③needn’t  have arrived

④ought to have arrived

 

この問題だと、“ought to have arrived”「到着してもいい頃だ」という訳が( )の中に当てはまって、

 

彼女はもうここに到着してもいい頃だ。なぜなら、昨日家を出たのだから」と、すっきりした訳が完成するので④番が正解ということになります。

 

④番を「到着すべきだったのに、、」と訳してしまうと意味不明なので要注意です。

 

また、①の”can have 過去分詞”、②の”must not have 過去分詞”はどちらも形として存在しないので不適ですし、

 

③の「到着する必要がなかったのに、、、」という訳も意味がわかりません。

 

消去法で消していっても④番が残ることは定かですが、しっかりと訳を覚えておかないなければどれを選んでも意味不明になります。

 

“ought to have 過去分詞”の訳には是非とも気をつけてください。

 

should not have 過去分詞

 

“shouldn’t have 過去分詞”は”should have 過去分詞”の逆で、「・・・すべきではなかった(それなのにしてしまった)」という意味を取ります。

 

shouldn’t have tried to do that.
(そんなことをしようとするべきではなかった。)

 

shouldn’t have said such a thing.
(そのようなことを言うべきではなかった。)

 

例文を見てみればわかる通り、”should have 過去分詞”と全く対照的なことを言っており、

 

でも、〜してしまった、、。」というような後悔の要素を含んでいることがわかりますね。

 

もちろんこちらも”ought not to have 過去分詞“に代用可能ですのでセットで覚えておきましょう。

 

need not have 過去分詞

 

“needn’t  have 過去分詞”は「・・・する必要はなかった(それなのにしてしまった)」という意味です。

 

例えば、以下の例文を見てみると、、

 

 I needn’t have hurried and taken a taxi.

(私は急いでタクシーに乗る必要はなかった。)

 

このように、「急いでタクシーに乗る必要はなかったけど、乗ってしまったた、、。」という後悔を表す用法として使われます。

 

“need not”の過去完了という形で使われますので意外と覚えやすいのではないでしょうか。

 

是非実践で使えるように慣れておいてください。

 

まとめ

 

今回は、高校生がよく引っかかる『助動詞+have+過去分詞』をテーマに意味と使い方を解説していきました。

 

「初めて知った!」という方もいるかと思いますが、この記事を見ていただければわかるように、覚えるべき構文はたったの6つしかありません。

 

これを元に、『助動詞+have+過去分詞』の演習を解いていって、是非このパートを得意分野にしていってください!

 

それでは今日の話は以上になります。

スポンサードリンク