英語で「話す」:say・talk・speak・tellの違いを徹底解説

Pocket

スポンサードリンク

 

英語を勉強すると、頭の中に新しい知識や言葉がどんどん増えていきます。

 

すると、似た意味やニュアンスを持った単語、イディオムに出くわし、

「あれれ?どっちを使うのが正しいの??」

というような混乱に陥るのも珍しくはないです。

 

特に混同しやすい単語で代表的なのが、

 

「話す」:say・talk・speak・tellの意味の違いだと思います。

 

「話す」だけで4つも違いがあるからそれだけで頭の中がパンクしちゃいそうですね。

 

今回は、「話す」の単語のニュアンスの違いについて徹底解説していこうと思いますのでしっかりと学んでいきましょう。

 

「話す」:say・talk・speak・tellの判別方法

 

say・talk・speak・tellの判別方法にはいくつか、ポイントがあります。例文と一緒に1つ1つ確認していってみましょう。

 

say「発言する」

 

sayを使う時に注意してもらいたいポイントは2つあります。

 

まず1つ目は、発言の相手はtoで示すということです。

 

例えば、sayを使って「彼女に言う」という言葉を英語に訳してみると、

 

say to her」 と言うように、『say』を使って誰かに話す時は必ずtoを伴わなければいけないのです。

 

2つ目のポイントは、sayは他動詞として使われ第3文型『S+V+O構文』の構造をとるということです。

 

そして、目的語Oは「that…」もしくは人の会話の引用「“…”」をとることになっています。

 

具体的に例文を見ていきましょう。

 

He said to me over the phone that he would be late in coming here.

(彼は私に電話で、帰宅が遅れるだろうと言った。)

 

上の例文を見てみると、sayは第3文型の型を持つので目的語は1つしか持てないから、この文ではthat…以下の文がsaidの目的語になっていることが分かります。

 

そして、said to meの部分は「発言の相手はtoで示す」という原則の通りになっていることが分かるはずです。

 

tell「伝える/命令する」

 

tellもポイントが2つあります。

 

1つ目は、tellは他動詞であり、第3文型(S+V+O)もしくは第4文型(S+V+O1+O2)の構造をとるということです。

 

ここで、後者の文型の場合はO1「…に」O2「…を」という訳の順に並ぶのが普通だと思っていてください。

 

2つ目が、「人」を目的語にできるのはtellのみというtell独特のルールがあるということです。

 

Please tell me the details.
(詳しくお聞かせください。)

 

I’ll tell you a special secret.
(君にとっておきの秘密を教えましょう。)

 

このように、tellを使う時はO1の部分に「…に(人)」、O2の部分に「…を」という語順になるので確認しておきましょう。

 

speak「話す/講演する」

 

speakのポイントは3つあります。

 

1つ目が、speakは基本的には自動詞として使われて、「喋る」「講演する(演説する)」というような意味になるということです。

 

The President speaks on TV.

スポンサードリンク

(大統領はテレビで演説します)

 

この例文であれば、speak on…と自動詞として使われていて、「演説する」というニュアンスとして使われていますね。

 

次に2つ目が、目的語として言語名が使われる場合にのみspeakは他動詞になるということです。(Speak English・Speak Spanishなど)

 

He speaks German.
(彼はドイツ語を話す)

Can you speak English?
(英語を話せますか?)

 

こんな感じでspeakは他動詞としても使われます。

 

最後に3つ目が、talkと比較しすると、一方的に喋るニュアンスがあるということ。

 

ここがspeakとtalkに違いの決定打になる部分です。

 

この違いについてはtalkの詳細と一緒にお話しすることにします。

 

talk「話し合う/お喋りする」

 

最後にtalkについて説明していきたいと思います。

 

talkのポイントは2つです。

 

1つ目が、原則として自動詞の用法のみでしか使えないということです。

(例外でtalk O into…「Oを説得して…させる」talk O out of…「Oを説得して…をやめさせる」などがあるので要注意)

 

そして2つ目が、talkは「話し合う」「おしゃべりする」という意味でspeakと比較すると双方向的なイメージがあります。

 

2人以上でお互いに会話を楽しんでいるイメージを想像してもらうとわかりやすいですね。

 

例えばspeakだと、

 

I need to speak to my manager about the issue.

その件についてマネージャーと話す必要がある。

 

のように、マネージャーに一方的に伝えなければいけないというイメージで使われます。

 

それに対してtalkでは、

 

He is talking to his friend.

(彼は友達と話しています)

 

We talk on the phone.

(わたしたちは電話で話し合います)

 

のように、お互いに親しい関係で双方的にくだけた会話が交わされるというようなイメージで使われるわけです。

 

このような違いに意識を向けるだけでもspeakとtalkは簡単に使い分けられるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

ここで言いたかったことをもう一度まとめておくと、

 

・『say』

【1】発言の相手は「to」で示す

【2】sayは他動詞として使われ、第3文型『S+V+O構文』の構造をとる

 

・『tell』

【1】tellは他動詞であり、第3文型(S+V+O)もしくは第4文型(S+V+O1+O2)の構造をとる

【2】「人」を目的語にできるのはtellのみだということ

 

・『speak』

【1】speakは基本的に自動詞として使われ、「喋る」「講演する」という意味になる

【2】目的語として言語名が使われる場合にのみspeakは他動詞になる

【3】一方的に喋るニュアンスがある

 

・『talk』

【1】原則として自動詞の用法のみ

【2】talkは「話し合う」「おしゃべりする」という意味になり、双方向的なイメージ

 

結構覚える量がありますが、どれも重要な内容を含んでいますので、1つ1つ丁寧に確認していってください。

 

それでは今日の話は以上です。

スポンサードリンク