英語で「話す」:say・talk・speak・tellの違いを徹底解説

Pocket


英語を勉強すると、頭の中に新しい知識や言葉がどんどん増えていきます。

すると、似た意味やニュアンスを持った単語、イディオムに出くわし、

「あれれ?どっちを使うのが正しいの??」

というような混乱に陥るのも珍しくはないです。

特に混同しやすい単語で代表的なのが、

話す:say・talk・speak・tellの意味の違い

だと思います。

「話す」だけで4つも違いがあるからそれだけで頭の中がパンクしちゃいそうですね。

今回は、「話す」の単語のニュアンスの違いについて徹底解説していこうと思いますのでしっかりと学んでいきましょう。



「話す」:say・talk・speak・tellの判別方法

say・talk・speak・tellの判別方法にはいくつか、ポイントがあります。例文と一緒に1つ1つ確認していってみましょう。

say「発言する」

sayを使う時に注意してもらいたいポイントは2つあります。

ポイント1

発言の相手はtoで示す

例えば、sayを使って「彼女に言う」という言葉を英語に訳してみると、

say to her」 と言うように、『say』を使って誰かに話す時は必ずtoを伴わなければいけないのです。

ポイント2

sayは他動詞として使われ、第3文型『S+V+O構文』の構造をとる

目的語Oはthat…もしくは人の会話の引用“…”をとることになっています。

具体的に例文を見ていきましょう。

He said to me over the phone that he would be late in coming here.

(彼は私に電話で、帰宅が遅れるだろうと言った。)

上の例文を見てみると、sayは第3文型の型を持つので目的語は1つしか持てないから、

この文ではthat…以下の文がsaidの目的語になっていることが分かります。

そして、said to meの部分は「発言の相手はtoで示す」という原則の通りになっていることが分かるはずです。

tell「伝える/命令する」

tellもポイントが2つあります。

ポイント1

tellは他動詞で、第3文型(S+V+O)もしくは第4文型(S+V+O1+O2)の構造をとる

この時、S+V+O1+O2の文型はO1「…に」O2「…を」という訳の順に並ぶのが普通だと思っていてください。

ポイント2

「人」を目的語にできるのはtellのみ

例えば、以下の例を見てみると、

Please tell me the details.
(詳しくお聞かせください。)

I’ll tell you a special secret.
(君にとっておきの秘密を教えましょう。)

このように、tellを使う時はO1の部分に「…に(人)」、O2の部分に「…を」という語順になるので確認しておきましょう。

speak「話す/講演する」

speakのポイントは3つあります。

ポイント1

speakは基本的には自動詞として使われて、「喋る」「講演する(演説する)」という意味になる

以下、例文を見てみると、

The President speaks on TV.

(大統領はテレビで演説します)

この例文であれば、speak on…と自動詞として使われていて、「演説する」というニュアンスとして使われていますね。

ポイント2

目的語として言語名が使われる場合にのみspeakは他動詞になる
(Speak English・Speak Spanishなど)





例えば、

He speaks German.
(彼はドイツ語を話す)

Can you speak English?
(英語を話せますか?)

こんな感じでspeakは他動詞としても使われます。

ポイント3

talkと比較しすると、一方的に喋るニュアンスがある

ここがspeakとtalkに違いの決定打になる部分です。

この違いについてはtalkの詳細と一緒にお話しすることにします。

talk「話し合う/お喋りする」

最後にtalkについて説明していきたいと思います。

talkのポイントは2つです。

ポイント1

原則として自動詞の用法のみでしか使えない

(例外でtalk O into…「Oを説得して…させる」talk O out of…「Oを説得して…をやめさせる」などがあるので要注意)

ポイント2

talkは「話し合う」「おしゃべりする」という意味で双方向的なイメージがある

2人以上でお互いに会話を楽しんでいるイメージを想像してもらうとわかりやすいですね。

例えばspeakだと、

I need to speak to my manager about the issue.

(その件についてマネージャーと話す必要がある)

のように、マネージャーに一方的に伝えなければいけないというイメージで使われます。

それに対してtalkでは、

He is talking to his friend.
(彼は友達と話しています)

We talk on the phone.
(わたしたちは電話で話し合います)

のように、お互いに親しい関係で双方的にくだけた会話が交わされるというようなイメージで使われるわけです。

このような違いに意識を向けるだけでもspeakとtalkは簡単に使い分けられるのではないでしょうか。

まとめ

ここで言いたかったことをもう一度まとめておくと、

「話す」まとめ

・『say』

【1】発言の相手は「to」で示す

【2】sayは他動詞として使われ、第3文型『S+V+O構文』の構造をとる

・『tell』

【1】tellは他動詞であり、第3文型(S+V+O)もしくは第4文型(S+V+O1+O2)の構造をとる

【2】「人」を目的語にできるのはtellのみだということ

・『speak』

【1】speakは基本的に自動詞として使われ、「喋る」「講演する」という意味になる

【2】目的語として言語名が使われる場合にのみspeakは他動詞になる

【3】一方的に喋るニュアンスがある

・『talk』

【1】原則として自動詞の用法のみ

【2】talkは「話し合う」という意味になり、双方向的なイメージ

結構覚える量がありますが、どれも重要な内容を含んでいますので、1つ1つ丁寧に確認していってください。

それでは今日の話は以上です。

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中