日本人が英語が話せない衝撃の理由を本音で暴露してみた!海外の反応は?

Pocket

日本人ってなんでみんな揃って英語話せないの?

 

そんなことをよく聞かれます。

・日本は島国で外国人との交流がないから

・日本の英語教育が悪いから

・留学などのサポートが積極的ではないから

理由を考えてみれば色々あると思いますが、

「僕の経験上、日本人はこうだから英語ができない」

という内容で書き進めていこうと思います。

ぶっちゃけこの手の議論は人それぞれ意見が異なるところなので、あくまで個人的な意見として受け取っていただけると幸いです。

タカツくん
それでは行きまーす!



日本人が英語ができない3つの理由

日本人が英語ができない(話せない)理由は3つあると思っています。

「これは確かに!」って思えるところがあれば是非普段の英語学習の時に参考にしてみてください。

英文法のメカニズムが日本語と違いすぎる

まずはそもそも「英語と日本語のメカニズムが違う」という部分です。

具体的に言うと『英語と日本語の語順が逆』という点で、

良く英語の授業などで、

「英語を日本語に訳すときは後ろから前に訳していくんだぞ!」

と言われたりするのではないでしょうか。

英語と日本語の語順

・日本語:私の趣味は本を読むことです。

主語S:私の趣味は

補語C:本を読むこと

動詞V:です

・英語:My hobby is reading books.

主語S:My hobby

動詞V:is

補語C:reading books

上の例だと、日本語と英語では動詞Vと補語Cが逆になっていることが分かりますよね。

これが日本人が英語を難しくさせている原因の1つだと思います。

タカツくん
語順が逆なわけだから英文を読む時に後ろから訳す癖があるわけだ!そりゃあ読むスピードは遅くなるし、もちろん聞き取ることもできないよね、、、。

読む、聞くなどが重視され、『話す』ための教育がされてこなかった

2つ目の理由は、日本の英語教育は座学(リーディングやリスニング)が中心で『話す』や『書く』などの発信能力はあまり重要視されていないということです。

今は少し改善されてきていると聞きますが、少なくとも僕が高校生の時には、『文法・リーディング・単語』がメインで英語で話すなどほとんどやったことがありません。

先生とのコミュニケーションがいつまでも日本語で、英語で口に出す努力をおろそかにしていたわけだから英語なんて当然話せるようになりませんよね。

タカツくん
英語を話せるようになりたいなら少しでも自分の口から英語を発信していく練習をする必要があるよ!




日本は英語を話せなくても就職できるので、英語を話す必要性が感じられない

日本人が英語ができない3つ目の理由は、日本が世界有数の経済大国だからです。

例えば、日本で『ゴールドマンサックス』と『三井住友銀行』に内定した学生がいるとします。

この2択を迫られた時、日本人は結構悩むのではないでしょうか。

事実として『三井住友銀行』を選択する学生は多いです。

ですがフィリピンの学生はというと、フィリピンのある大企業とゴールドマンサックスに内定したら、みんなためらわずにゴールドマンサックスを選びます。

ですが、ゴールドマンサックスで働くには英語が不可欠なので、みんなすごい必死で英語を勉強するんです。

その結果ノンネイティブの人が英語を話せるようになると僕は思っています。

日本と外国の就職事情

・日本

国内市場が大きい

国内向けのビジネスだけをやっている企業が多数存在

英語を話す必要性がない

英語が話せるようにならない

・外国

国内の市場が小さい

国内向けビジネスだけの大企業が少ない

大企業に就きたかったら海外を目指さなければならない

英語の必要性大

英語が話せるようになる

ただし、日本は現在少子高齢化社会なので国内の経済競争が激しく厳しくなるものだと予想されます。

最近は年金制度の問題でニュースになっていますが、さらにこれから国内経済が厳しくなってきたら海外の人とも一緒にビジネスをやらなければいけないことになるでしょう。

そのためには自分の言いたいことを相手に伝える英会話力が必要になってくるので、日本でも英語の勉強は大切だと思います。

日本人が英語ができないことに対する海外の反応は?

最後に日本人が英語を話せないことに対する海外の反応を調査してみました。

海外の反応は例えば次の通りです。

・先進国の人なのに英語話せないってどうかと思います。

・この前社員に英語で、Tell me about your job.(あなたの仕事について教えてください)と質問してみたんだけど『え?え〜と』ってなってほとんど言葉を出せず苦しそうにしていた。

・英語が話せないのに大学ではなんで第二外国語を勉強させるのかよく分からない。

・日本では英語がほとんど通用しなくて驚きでした。

 

みんな言いたい放題言いやがって〜〜〜

僕たちだって必死に英語を勉強して努力してるのに〜ってなりそうですが、そこはもう本気で頑張って行くしかないですね。

タカツくん
「外国人は日本に来たら日本語で喋るように努力なさい!こっちは海外行ったら英語で喋るように頑張るのに!」という言い訳が通用しないのが外国人です。やっぱり英語使える人ってつえ〜な、、、。

まとめ:外国人と接する機会があるなら英会話を学ぼう!

というわけで、皆さん英語頑張りましょう。

といっても英語を学ぶことは1つの手段でしかなく、英語を学ぶ目的がなければ学ぶ必要はないと思います。

少なくとも「外国人と接する機会がある!」という人は学んでおいて損はないです。

特に英語の初心者であれば英会話から勉強することをお勧めします。

自分の口で英語を言ってみないと、どれだけ勉強しても上達しません。

ただし発音が悪ければ、どれだけ英語を話しても発音が悪いせいで相手に認識してもらえない可能性があるので

最初は発音をしっかりと勉強していくことが大事です。

なので、「そもそも発音がよくわかってないな〜」っていう方は、発音に特化したおすすめ英会話教材を載せておきますのでそちらを参考にしてみてください。

また本格的に発音を練習したいって方はこちらの記事も参考に!

英語の勉強法や文法などについてはこの記事でよく喋っているので、興味がある方はトップページへどうぞ。

それでは今回の話は以上です。

おわり!

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中