【完全保存版】英語発音練習の勉強の仕方を徹底解説!

Pocket

タカツです。

昨日の予告通り、今回は英語発音学習の勉強の仕方を初心者レベルから上級者レベルまで段階的にお話ししていこうと思います。

発音学習をすることにおいて、もしかしたらこんなふうに思う人もいるかもしれません。

「TOEIC対策をしようと思っているから発音なんてそこまで重要じゃない」

「大学受験に発音学習なんて必要ない」

「発音学習をやるぐらいだったら英文法とか長文読解とかリスニングとかをやってた方が断然マシだ!」

正直に言います。

タカツくん
こんなふうに考えていると一向に英語力は伸びません!みなさん気づいてください!!!

学校教育で発音についてあまり教わっていない人が多いせいか、「発音なんてどうでもいい」という人が結構います。

もちろん僕も学校では発音なんてほとんど教わりませんでした。

学校で学んだことは「英文法、長文読解、リスニング」の3つです。

おそらくこの『発音学習の軽視』が、日本人の英語力を著しく下げている原因なのでしょう。

『発音』という英語学習のもっとも土台となる基礎学習をしていないが故に「日本人は英語ができない」という暗澹たる結果を招いているのだと思います。

なのでこの記事では発音学習の基礎から応用までのレールを書きました。

英語力の土台を作りたい方は是非最後まで読み進めていってください。




なぜ発音学習が最初なのか?

まず最初になぜ発音から学習をしていかなければいけないのかを明らかにしなければいけません。

発音学習をする意義は色々とあるんですが、その中で特に重要だと思った2点を述べると次のようになります。

最初に発音を学ぶべき理由

❶発音を理解していないとリスニングができない

❷日本語発音で英語を習得してしまう可能性がある

この点は非常に問題です。

それぞれ説明していきます。

発音が分からなければリスニングができない

1つ目は発音が分からなければ単純にリスニングができないという点です。

1つ1つの『正確な音』や『音声変化』の理解なしに「英語が聞き取れる!」なんてことになるはずはないでしょう。

なので、リスニング力を伸ばしたければまずは発音学習から勉強するのが合理的なのです。

タカツくん
仮に発音を正確に習得できればストレスなくリスニングができるようになるよ。だから大学受験でもTOEICでも発音学習は超重要!

それだけでも海外旅行に行ったり英会話をしたりする時にハードルが一気に下がるので、「英語は難しい!」って思う回数も減ってくるはずです。

こう言うともしかしたら、

「確かに正確に英語は聞き取れる。でも内容が理解できなければ意味がない…」

と愚痴をこぼす人もいるかもしれません。

しかし、

タカツくん
全く英語が聞こえない人よりかは断然成長していますので安心して!

と言いたいです。

英語が聞き取れるようになりさえすれば、

あとは必然的に相手の言っている話を理解しようと脳が動き出すので、その過程でリスニング力や読解力を身につけることもできます。

なので最初は意味を理解することを目標に勉強するのではなくて、

1つ1つの発音を確実にマスターして、相手の言っていることを正確に聞き取り自分でも正しい発音ができるようになるところを目指していってください。

日本語発音で英語を習得してしまう恐れがある

2つ目は日本語発音で英語を習得してしまう恐れがあるということです。

今この記事を読んでいる読者さんたちは99.9%日本人だと思います。

そして日本人だということは高確率で日本にいるわけです。

日本に住んでいるわけなので、当然周りの言語は日本語で支配されています。

タカツくん
つまり身の回りが日本語で支配されている環境下で英語を勉強することになるから、発音に気を配っていないとヤバいことになるということだよ!

『ヤバいこと』というのは、日本語の訛りや癖がついた発音を習得してしまうということで、

例えば、『girlfriend』を「ガールフレンド」という発音で覚えてしまうということですね。

他にも、thinkは「シンク」、rightは「ライト」などのように日本語で音声を覚えてしまうと、

外国人と話をする時に全く理解されなくなりますので本当に注意してください。

発音は英語学習の生命線といっても過言ではありませんから、

・間違った発音学習をしている

・これから英語を勉強しようと思っている

・英語がはっきり聞き取れない

という人たちは文法や単語学習以前にまずは発音学習から初めていくことをおすすめします。

英語の発音を正確に聞き取るために必要な行動

英語の発音を正確に聞き取れるようになるためには段階があります。

そこでまずあなたに押さえてほしい点を1つ教えておきますね。

それは、

ポイント

個々の発音練習をおろそかにせず1つ1つ丁寧に発音を学んでいき、そこからどんどん音声学習の幅を拡張していって確実に発音を聞き取る訓練をする

ということです。

ミクロの目線で発音学習をしなければ、2つ以上の音を繋げた連結音も聞こえなくなってしまいます。

2つ以上の音が聞き取れなくなると単語の発音やセンテンスの発音も曖昧に聞こえてしまって、最終的には意味も理解できなくなってしまうわけです。

タカツくん
段階的に発音を学んでいかないといきなり難しいと感じてしまうので注意してね!

基礎体力をつけず、リフティングやドリブルもできない状態で、いきなりサッカーの試合で相手からボールを奪えたりシュートを決めることなんてできませんよね。

同じように基礎的な個々の発音の意味を知らずにいきなり音声変化やセンテンス(文)やパッセージ(文章)の発音リズムを習得するのは難しいはずです。

発音の勉強の仕方5ステップ

では具体的に発音を正確に学んで習得していくためのステップを紹介していきます。

初心者でもしっかりと学べるよう5つステップに分解して段階的に学べるように工夫しました。

タカツくん
それでは見ていきましょう!

ステップ1:単音の学習

まずは1つ1つの音をマスターするところから始めます。

ここはピアノでいうと1つ1つ音符の音をしっかり認識していく作業ですね。

最初は退屈かもしれませんが、1つの音符を理解しなければ決して楽譜は読めるようになりませんしプロのように音楽ができることはまずないでしょう。

1つずつ単音をマスターしていって、自分でも正確に発音できるようになることを目標に覚えていってください。

ここで単音を学習する時のおすすめアプリを関連記事として載せておきます。

どれも優れているアプリなので、単音学習の時はぜひこれらを活用してみてください。

おすすめアプリ

❶発音図鑑

アプリはこちら

関連記事はこちら

❷UDA式30音トレーニング

アプリはこちら

関連記事はこちら

❸UDA式LR聞き分けドリル

アプリはこちら

関連記事はこちら

※全てios専用:Androidの人はUDA式の教材を活用することをおすすめします。




ステップ2:2つ以上の音を繋げた連続音の学習

個々の音をしっかりと把握できるようになれば今度は2つ以上の音を繋げて連続音を学んで行きます。

これもまだ土台を構築するっていう段階なので、ニュースやテレビなどで英語を聞いた時に

Aさん
英語が全然聞き取れない…

なんて悲観することはないようにしましょう。

とにかく慌てないで一歩一歩基礎的な発音の訓練をしていきます。

連続音を学習するときに役立つおすすめアイテムは次の2つです。

おすすめアプリ・教材

❶英語の発音パーフェクト学習辞典

CD-ROM付 改訂版 英語の発音パーフェクト学習事典はこちら

❷発音図鑑

アプリはこちら

特に『英語の発音パーフェクト辞典』は連続音の学習に相性がいいので是非とも揃えておいてください。

ステップ3:単語の発音を学習

第2段階が終了したら今度は単語のまとまりで発音を学んで行きます。

ここは第2段階までの土台ができていたら結構スムーズに学習できるはずです。

またこの時、ノートに単語と発音記号を書き込んで練習していくと発音記号の確認もできて深く知識として身につきます。

発音記号を書いて発音を確認するだけでも今まで間違っていた発音がどんどん訂正されていくので、

単語の発音を勉強するときは徹底的に発音記号を辞書などで調べ書き込んでいってください。

単語の発音練習に役立つおすすめアイテムは以下の通りです。

おすすめアプリ

❶UDA式30音トレーニング(ios専用)

アプリはこちら

❷AGO Phonics Sound Pad

ios版の方はこちら

Android版の方はこちら

❸英語発音速成攻略

ios版の方はこちら

Android版の方はこちら

❹発音博士(ios専用)

アプリはこちら

❺ELSA Speak

ios版の方はこちら

Android版の方はこちら

これら全て使う必要はないですが、自分に合う素材を見つけて活用してみてください。

ステップ4:センテンスで発音を学習

単語の発音の練習ができたら今度は単語と単語が羅列したセンテンスの学習をしていきましょう。

1文1文丁寧に聞いて正確にセンテンスの音声を学びとっていきます。

もちろんこれも基礎の学習なので、センテンスの意味は理解できなくてもOKですし、難しい文を用いる必要はありません。

ただし、センテンスで発音を学ぶときも発音記号はしっかり書き込んでおいてください。

発音記号と音声に集中しながら体の中にリズムを染み込ませることが重要です。

センテンスで発音を学習するときは『発音A to Z』というアプリがおすすめなので、ステップ4の段階に入ったらこのアプリを取り入れるようにしましょう。

おすすめアプリ

❶英語発音ドリルAtoZ

ios版の方はこちら

Android版の方はこちら

ステップ5:音声変化を学習

センテンスの練習が終わったら最後に音声変化の勉強をします。

タカツくん
音声変化とは2つの音が続く時に音が弱まったりくっついたり、脱落したりと音声自体に変化が起こることだよ!

これはセンテンスで発音学習している時にも出てきたと思いますが、今度は音声変化を意識して改めて学んで行きます。

ここでおすすめしているのが『プライムイングリッシュ』という音声変化に特化した英会話教材です。

これ1つで音声変化についてかなり深く学ぶことができるので音声変化を学ぶ時は必須のアイテムだと思っています。

ただし、プライムイングリッシュはカタカナ発音で解説されているので、

音声変化についてある程度知識を身につけたら早めにカタカナから卒業して英語だけの学習をして行きましょう。

カタカナで発音を覚えてしまったら、英語っぽくない発音になってしまうので、相手に意味が通じなくなってしまう可能性があります。

なので、音声変化の知識を身につけた後はテキストに発音記号を全て書き込んで言って発音記号を頼りに音声変化を勉強していってください。

少し大変かと思いますが、発音記号を覚える練習にもなりますのでここは我慢してやって行きましょう。

タカツくん
プライムイングリッシュ自体は付属CDの音声がかなり良質なので、非常に深く音声変化を学びとることができる。発音練習と一緒に徹底的に使いこなそう!

ここまでできれば、リスニング力も一気に上がってくるはずです。

今まで聞こえなかった音声が聞こえてくるようになるので、

音声変化を学んだ後の英語学習はすごく楽しくなると思いますし、TOEICのリスニングセクションでビクビクすることもなくなるでしょう。

まとめ:英語をスラスラ聞きたければまずは発音学習から

英語を正確に聞き取れるようになりたければまずは発音学習からが重要です。

なぜかというと、

正確に音を聞き分けることができなければセンテンスや文章で英語を話された時に相手が何を言っているか曖昧になって結果的にリスニングができなくなるからです。

なのでリスニング力をつけたければ英語の音声について学んでいく必要があります。

今日はその段階的な勉強の流れを示しておきました。

「ちょっとやること多いな…」って思うかもしれませんが、それでも実践してみる価値はあると思いませんか?

タカツくん
発音学習って意外と楽しいよ!

行動しなければあなたが英語ができる可能性は0です。

しかし一歩でも行動をすることで、あなたの英語学習に何かしらの変化は起きるはずです。

やるかやらないかはあなた次第ですが、少しでも参考になる部分があればぜひ実践してみてください。

応援しています!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわりっ

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中