LRの発音はこれで上手に!UDA式LR聞き分けアプリが最強な理由

Pocket

LとRの発音ってみんなどう?

 

そんなことをふと思った今日この頃です。

英語の発音の中でLとRの発音に関してはどの先生もやたらと強調してくると思います。

そして僕自身LとRの発音を習得するのはなかなか苦労しました。

なので今回の記事では

・僕が使ってみて良かったと思うLとRの発音に特化したおすすめのアプリ『UDA式LR聞き分けドリル』

について紹介していこうと思います。

ちなみに前回はこのアプリと関連して、

UDA式30音トレーニングというLR以外の重要発音が収録されたアプリについてレビューを書きましたので興味があればそちらも参考にしてみてください。




UDA式のLR聞き分けアプリをおすすめする理由

というわけでUDA式LR聞き分けアプリを僕がおすすめする理由を述べて行きます。

タカツくん
これを読んでLとRの発音を克服していこう!

とにかく解説が濃厚!

もうほんと、これなんですよね。

①分かりやすい言葉の解説

②分かりやすい図解

③音声・動画解説

④Q&A

このアプリの中に上の4つの濃厚コンテンツが詰まっていて非常に理解しやすいです。

文章だけじゃなく、動画や音声で視覚と聴覚を使ってLとRの発音の違いを学んでいくので初心者さんでも簡単に覚えられるんじゃないかなと思います。

そして何と言ってもQ&Aです。

LとRの発音でよく質問がくる疑問や勉強法をQ&A形式で具体的に分かりやすく解説されているので、これだけでも非常に参考になります。

ネットやYoutubeなどで調べないといけない情報をこのアプリ1つで手に入れられるのでLとRの勉強をしたい時には必要不可欠なアプリでしょう。




豊富なトレーニング

しかしこう言うと、

Aさん
Youtubeやネットで解説されてるんだったらそれを見てたらいいんじゃね?

と感じる人もいると思います。

ですが、残念ながらLとRの発音の違いはYoutubeやネットの解説を見ているだけではなかなか習得できません。

なぜなら自分で実践的に聞き分ける練習をしていないからです。

実際に練習問題などを通じて英語を聞き分ける練習をしなければただの自己満に終わってしまいます。

こうなると、ある程度聞き取れるようになってもそれ以降成長は見込めません。

ですがこのアプリにはLとRを聞き分けるためのトレーニングがついていて、実践的な訓練を通して確実にLとRを聞き分けるような英語耳を作っていきます。

タカツくん
正確にLとRを聞き分けられるようになりたいのであれば実践で磨いていく必要があるということだね!

学習の流れが理想的!

また、英語の発音を習得するためには

まず最初に単音の発音から学んでいき、徐々に単語→センテンスと文章を長くして発音を学ぶことが重要だと言われています。

UDA式LR聞き分けアプリでは、

単音→単語音→文章音

の順でLとRの発音を勉強していくので、LとRの単音だけじゃなくLやRが混ざった単語や文章をリズムよく勉強できます。

タカツくん
音と音の繋がりや単語と単語の繋がりをリズムよく発音できることが最終目標!

こんな機能があればもっとよかった・・・

ただ1点言いたい点をいうならば、

英語を聞き分けるだけじゃなく、自分でも発音してみてその発音が正しいのか正誤判定をしてくれる練習方法があればもっと良かったかもしれません。

やっぱり自分の発音が正しいかどうかは誰かが見てくれたりしないと分からないですし、

誰かがいなくても音声認識機能で発音が正しいか評価してくれるシステムがあれば非常に嬉しかったです。

その辺りは次回のアップデートに期待ですね。

まあそれでも発音の上達法や詳しい発音の仕方などをイラストや写真、動画などで解説してくれているので、これだけでもかなり上達するのは間違いないです。

LとRの発音の違いは僕自身軽視していたこともあって、今僕もこのアプリを使って勉強していますが、アプリ自体は非常に気に入ってます。

タカツくん
将来的に僕も独自の発音アプリを開発しようかなって思いました!

LRの発音が上手になると思った個人的勉強法

では最後に恒例の、僕がやっていた勉強方法について紹介します。

といっても今回はあまりオリジナル性はありませんでした。

今回の僕の勉強方法はアプリ通りで、上から順番にこなしていったって感じです。

具体的には、

❶まず最初に『LとRの特別コーチ』でLとRの発音方法を解説と動画で確認

❷『LとR【単語編】』で聞き分けトレーニングを行う

❸『LとR【文章編】』で何度も音声を聞き、LとRの違いをチェック

❹最後に『LとRのQ&A』を読んで自分が思っていた疑問を解決する

❺もう一度同じ訓練を上から順番に反復

といった流れです。

つまり、合計で2周繰り返して勉強したってことですね。

これだけでもかなりLとRの発音の知識や音声の違いを理解することができるようになったので、

とりあえずLR聞き分けドリルを2セット繰り返してみるとLとRへの抵抗はなくなるんじゃないかなと思います。

今回言いたかったことはそんな感じですかね。

発音学習についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみると知識が深まると思います。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。

それではまたの更新をお楽しみに。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中