【脱クジラ構文!】no more…than~をクジラの公式に当てはめるとネイティブで通用しない件

Pocket

⚠️注意⚠️

※このブログでは、閲覧者の悩みを優先的に解決するために英文法を日本語で解説していますが、英語を日本語で学ぶことは推奨していません。

詳しくはこちらで解説していますが、ご理解の方よろしくお願い致します。

 

日々英語を研究しています。
タカツです。

 

今回お話しする内容は、
現代英語でもよく使われている比較表現
“no more… than~”構文
“no less… than~”構文についてです。

 

これらは
アメリカなどのネイティブの世界では
頻繁に出てくる構文で、

 

日本の難関大学
(早慶上智、東大京大、関関同立など)
でもよく出題されます。

 

ですが、
“no more… than~”や
“no less… than~”構文についての
先生の教え方は様々で、

 

誤った教え方をされると
入試では手も足も出なくなってしまう
場合があります。

 

その誤った教え方として第1位なのが、

 

クジラの公式

 

というやつですね。

 

クジラの公式とは?

『クジラは馬と同様に、魚ではない』
という訳を覚え、この訳が
“no more… than~”や”no less… than~”
構文の問題を解いていくための
公式として用いられる。

 

この公式を
丸々覚えさせられた人たちは
つくづく可哀想だなと思います。

 

その理由と”no more… than~”構文を
攻略する最良の方法について
具体的に解説していこうと思いますので、

 

クジラの公式で勉強してきた人は特に、
この記事を読み進めていってください。




正しい構文の読み方

 

まず、正しい構文の
検討方法について紹介しますが、

そもそも
“比較”がよく分からないって方は
関連記事を載せておきますので
そちらを参考にしてみてください。

 

 

“no more…than~”構文と
“no less…than~”構文の読み方は
ほぼ同じなので、

片方の使い方がわかれば
もう片方の構文も簡単になります。

 

“no more…than~”構文

 

“no more…than~”構文の読み方は
次の4段階の手順で
読み進めていくことが重要です。
(理由は後で説明します。)

 

no more...than~の読み方

①no moreとthanを文中から外す
②thanの前後でAとBに分類
③Bの部分で省略されている語を補う
④『Aではない=Bではない』の訳をつけて完成

 

早速具体例を使いながら
解説していきます。

 

【例1】

A whale is no more a fish than a horse is.

(クジラが魚ではないのは、馬が魚でないのと同じことです。)

 

この例文を
①〜④の手順で読み解いていくと、、、

 

①「no moreとthanを文中から外す」で、

“A whale is”“a fish”“a horse is”

 

の3つに分かれます。

 

次に②で「thanの前後でAとBに分類」
してみましょう。

 

すると、

 

A=A whale is a fish

B=a horse is …

 

という関係になりますね。

 

ここでBの文型を見てみると、
isの後ろに補語(C)が
省略されているのが分かります。

 

なので、
③「Bの部分で省略されている語を補う」
を使ってisの後ろに省略されている
a fish』を補ってあげましょう。

 

すると、

 

A=A whale is a fish

B=a horse is a fish

 

と、SVCの完全文になって
③番が終了します。

 

最後に④に入って
『Aではない=Bではない』
の訳
をつけてあげると、

 

「クジラは魚ではない」=「馬は魚ではない」

 

という関係になります。

 

あとは、文章として
日本語訳をまとめてあげて

 

「クジラが魚ではないのは、
  馬が魚でないのと同じことです」

 

としてあげれば完璧です。

 

“no less…than~”構文

 

同様にして、
“no less…than~”構文の読み方
について解説します。

 

こちらは④が、

 

『Aではない=Bではない』→『A=B』

 

に変わっただけで、
あとは”no more…than~”構文と
全部同じです。

 

no less...than~の読み方

①no lessとthanを文中から外す
②thanの前後でAとBに分類
③Bの部分で省略されている語を補う
④『A=B』の訳をつけて完成




こちらも具体例と
一緒に解説していきます。

 

【例2】

This rule is no less true of Japan than of the United States.

(このルールが日本に当てはまるのは、アメリカに当てはまることと同じです。)

 

こちらも緑で囲ったルールに従って
読んでいけば簡単ですね。

 

①no lessとthanを文中から外す

This tule is”、”true of Japan” 、”of the United States”

 

②thanの前後でAとBに分類

A=This tule is true of Japan

B=…of the United States

 

③Bの部分で省略されている語を補う

ここでBで省略されている部分は
ofより前だということがわかります。

 

なのでそこを補ってあげて、

 

A=This tule is true of Japan

B=This tule is true of the United States

 

としてあげればいいわけです。

 

④『A=B』の訳をつけて完成

「このルールは日本に当てはまる」
=「このルールはアメリカに当てはまる」

 

従って、
上の関係を文章としてまとめあげると

 

「このルールが日本に当てはまるのは、
  このルールがアメリカに
  当てはまることと同じです。」

 

という感じになります。

 

クジラの公式が通用しない構文に注意!

 

さて、ここからが問題です。

 

今言ってきた例文は
クジラの公式でも解ける例文でした。

 

ですが、
クジラの公式の暗記だけでは
歯が立たない構文があります。

 

例えば、
クジラの公式を暗記してきた人は
次の例文を訳すことができません。

 

【例3】

A whale is no more a fish than a horse is a cat.

 

「あれ?isの後ろにa catが付いている…」

「クジラの公式にはこんなのなかった…」

「どうやって訳すんだ…」

 

とあたふた考えているうちに、
isの後ろにスラッシュを入れて、

 

「クジラは馬と同様に魚ではない。
実はネコなのです。」

 

という訳にしてしまいかねません。

 

つまり、クジラの公式だと
問題を少し応用させてしまえば
到底太刀打ちできなくなるわけで、

 

結局のところ、
上の緑で囲った4段階のやり方が
一番得策なのです。

 

①no moreとthanを文中から外す

→”A whale is”、”a fish” 、
“a horse is a cat”

 

thanの前後でAとBに分類

A=A whale is a fish

B=a horse is a cat

 

Bの部分で省略されている語を補う

→AとBの構文を比較してみると、
どちらもSVCの構文で一致しており
省略されているものがないので
③の作業は不要

 

④『A=B』の訳をつけて完成

「クジラが魚ではない」
=「馬がネコではない」

 

よって、上の関係を
文章としてまとめあげると

 

「クジラが魚ではないのは、
  馬がネコでないのと同じことです」

 

となって
これが正しい訳になります。

 

まとめ

“no more…than~”や
“no less…than~”の構文は、

 

英字新聞や海外の雑誌などで
よく見かけたり、

ニュースキャスターの人も
決めのセリフに使っている
超重要構文です。

 

つまりネイティブの世界では
頻繁に使われる構文ですから、
何としても理解しなければいけません。

 

ですが、
この構文を『クジラの公式』
だけで終わらしてしまっている人が
多いです。

 

『クジラの公式』だけでは
少し構文を捻られたら
読み解くことができない状態に
なってしまいますので、

 

『クジラは馬同様、魚ではない』
の公式だけを頼りにしないで、
僕が言った正しい解き方で
攻略していってほしいです。

 

今日はこんな感じですね。

 

英文法の知識に関しては
他にも色々と紹介していますので、
興味のある人はトップページの
カテゴリー覧からご覧ください。

 

 

それでは以上になります!

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中