実践してみて効果があった時差ぼけの治し方。食事〜睡眠まで対策法を紹介!

Pocket

こんにちは!ライターのKUMA1です。


私は高校、大学とアメリカに留学しており飛行機には何度も乗っております。


飛行機で困ることの一つに時差ぼけがあるのですが、なかなか慣れずに苦労していました。

しかし時差ぼけは治し方が実はあります。私が行った時差ぼけを紹介していきます。

時差ぼけとは・・・

そもそもなぜ時差ぼけはなるのでしょうか。

原因をご紹介して、時差ぼけに対する私が行った対策をご紹介していきます。

・時差ぼけとは?また原因は何なのか
・私が行った時差ぼけ対策

時差ぼけとは?原因は何なのか

時差ぼけは体内リズムが乱れることにより、眠気のほか片頭痛や疲労、さらにひどくなるケースもあります

一般的に飛行機で時差が5時間以上あるとかかりやすいといわれているのですが、ニューヨークは14時間、ハワイだと19時間時差があるのでかかりやすいということですね。

またアジアやヨーロッパ方面よりも、アメリカ方面のほうが時差ぼけになるといわれていることからもアメリカは時差ぼけになりやすいということです。

これはアメリカへいくと1日の時間が短くなるから、体内の調整がしにくくなるとのことです。

私も最初は単に長時間のフライトだったから疲れていただけかと思っていたのですが、そうでもないようですね。

しかもトランジット(乗り換え)を2回する場所にいたので、現地についたときはもうくたくただったのを思い出します。

私が行った時差ぼけ対策

それでは実際に私が行った、時差ぼけ対策をご紹介していきます。

私が行ったのは主に以下の5つの方法です。

・機内食をしっかり食べる

・睡眠をしっかりとる

・無茶なスケジュールにはしない

・現地時間に合わせる

・ストレッチ

機内食をしっかり食べる

私が最も勘違いしていたのは、機内食を食べて満腹になるから気分が悪くなりやすいと思っていたことです。

「機内食ってなぜあんな時間にでてくるのだろう」

と思ったことはないですか?

夜遅く日本を飛びだっているのに、そこから夕飯がでてきます。

これは実は現地の時間に合わせているからなのです

つまり現地の時間に合わせて食事をすることで、体内時計を現地にあわせようとしています

これは私の体験談なのですが、空港でレストランに入るのが好きで思わず食べ過ぎてしまい、機内では食べられないことも結構ありました。

これがよくなかったようです。

実際に機内食をしっかり食べるようにしてからは、気分が悪くなることが減ったように思います。

睡眠をしっかりとる

これも実は私が間違えていたのですが、飛行機でしっかりと寝るために徹夜をして飛行機に乗ることがよくありました。

確かにこの方法は飛行機でよく寝れるのですが、飛行機に乗る前の日から体内時計がくるってしまっており時差ぼけになりやすくなるのです。

飛行機に乗る前に徹夜をしてしまうと、疲れた状態で飛行機に乗ることになってしまいます

どうしても飛行機で寝られないという方は、空港のシャワーを使うことをおすすめします。

私は空港でシャワーを浴びて機内食を食べることにより、しっかり機内で寝られるようになりました。

無茶なスケジュールにはしない

空港にぎりぎりについたり、到着した日にスケジュールを詰め込むなど無茶なスケジュールはさらに体内時計をくるわせてしまいます

特に旅行の時は初日からすぐに動きたいと思いますが、体を慣れさせるためにも無理なスケジュールにしないことをおすすめします。

特にハワイの場合いきなり海に入ることはあまりおすすめできません。

現地時間にあわせる

飛行機に乗った瞬間に現地時間に合わせて行動するのもおすすめです。

まず時計を現地時間に合わせましょう

このことにより、機内食が出てくる時間もうなづけます。

単純なことにみえますが、実は時差ぼけになりくくなったと思います。

ストレッチ

よく飛行機でも推奨されていますが、適度にストレッチをしましょう

ずっと同じ体勢をしていると血液がうまく循環しないで体調が悪くなりがちです

適度に歩いたり、足を動かしたりするなどストレッチは大事です。

まとめ

海外旅行は楽しいですが、時差ぼけはしんどいですよね。

そこで食事や睡眠、また現地の時間にあわせて行動をすることにより時差ぼけになりづらくなります

現地についた初日から元気に動けるように、工夫をしてみてはいかがでしょうか。

また旅行を楽しむためにも、現地に着いた日は無理なスケジュールにしないようにしてください。

<関連記事>

アメリカ旅行の注意点。アメリカ在住歴10年の私がビザや治安に関する情報を伝授

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)