【体験談】シンガポール旅行に行ってきたときの話|マーライオンが見たかった…

Pocket

こんにちは、タカツです。

 

今回は英語とは関係ない話なんですが、
たまにはブログで海外旅行の体験談でも
語ろうかなということで
旅行体験を書こうと思います。

 

僕はここ2年で

 

・アメリカ(ロサンゼルス)
・ベトナム
・シンガポール
・トルコ
・イタリア
・ギリシャ
・ノルウェー

 

の7カ国を旅してきたことがあって、
まあこれが多いか少ないかは別として
様々な面白い体験をしてきました。

 

 

基本的には一人で旅をするのが好きで、
シンガポールとアメリカ以外は
全部一人で旅行に行ってます。

 

ひとり旅の旅行記については
メルマガでもお話しているので、
今回は友人と旅行に行った時の
体験記を書こうと思います。

 

そこでアメリカとシンガポールを
比較してみたら
シンガポールの方が謎の国
のような気がしますし、

興味が惹かれる国だと思いますので
シンガポールについて書こうかな
と思います。

 

それでは行きましょう!

 

1日目:シンガポール到着→チャイナタウン

 

3月3日からのシンガポール旅行は
3泊4日という短さで
結構忙しかったですが、

シンガポールというのは
すっごく小さな国です。

 

東京23区と同じ大きさだと
言われているほどなので、
3泊もあれば十分に楽しめます。

 

21時から香港行きの飛行機に乗り、
香港を経由して
シンガポールに到着する
という流れでした。

 

ただし、香港に到着してから
シンガポール行きの飛行機に乗るまで
3時間のインターバルがあったので
結構しんどかったです。

 

(香港空港)

 

実はこの旅行の前に
シンガポールに行くかタイに行くか
のという議論があって、
僕は完全にタイ派でした。

 

なぜ僕はタイに行きたかったのかというと、
僕自身レトロ感のある国が好きで、
シンガポールのような発展したところに
あまり興味が持てなかったからです。

 

しかし、多数決をした結果で
シンガポールに行くことになりました。
(タイ旅行は次回一人で行こうと思います)

 

最初は
ションボリしながら来たのですが、
行ってきたらもの
すごく濃密な日を送ることができました。

 

なので結果的には
シンガポールに来てみてよかったですね。

 

というわけで、
シンガポールには午前6時に到着。

 

香港行き、
シンガポール行きの飛行機は
どちらもエコノミーで狭すぎたため、
もちろん徹夜になってしまいました。

 

シンガポールに到着した頃には
かなり眠くなっていたのですが、
ホテルのチェックインまでの時間は
まだまだ先なので、

とにかく最初は
シンガポール周辺を散策することに。

 

まずは有名なマリーナベイサンズに
向かうことにしました。

 

(マリーナベイサンズ)

 

(おお、これがマリーナベイサンズか!)
と思ったのですが、
なかなか入口が見当たらない・・・。

 

すると友達が、

 

「そもそもマリーナベイサンズに
入って何をするの?」

 

という質問を投げかけてきて
確かになと思ったので、

外観だけ写真を撮って
マリーナベイサンズの向かい側にある
マーライオンを見行くことにしました。

 

しかし、

 

(マーライオン???)

 

改装中!!!!

 

これを見てみんな
「徹夜でここまで歩いて来てこれかい!」
って感じになりました。

 

仕方がないので
後ろにあったミニマーライオン
の写真を撮って我慢することに。

 

(ミニマーライオン)

 

まあでもこんなこともありますよね。
マーライオンが見れなかったぐらいでね。

 

気を取り直してシンガポールの
散策を続けることにしました。

 

この時はまだ両替してなくて
両替所を探して日本円を
シンガポール・ドルに変更。

 

(これがシンガポール・ドル)

 

その後に地下鉄で
チャイナタウンに向かうことに。

 

すると、

まさかシンガポールに
こんな中華系の街が
あるなんて思いませんでしたね。

(おおー!かっこいいー!)

(中国って感じがするね!)

 

まあチャイナタウンという
名前で気づけよって感じなんですけど、
徹夜のせいで思考力が停止していました。

 

でも僕が求めていたのは
まさにこんな感じの
レトロな場所だったんです。

 

ここで一旦昼食をとって、
いろいろ散策してみました。

(シンガポール名物:チキンライス)

 

2日目:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ→ナイトサファリ

 

まあ1日目はこんな感じで
散策しまくって
あとはホテルで爆睡していました。

 

2日目になると
体力も回復していたんで、
ここから本格的にシンガポールを
満喫することになります。

 

まず目指したのは
『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』。

 

人工的に作られたツリーなのですが、
すごい迫力感があってびっくりしました。

 

なんせ、行くまでは
シンガポールに興味がなくて
何も調べてこなかった僕なので、

何も知らない人が
こんなものを見せつけられると
驚くしかないですよね(笑)

 

(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)

(噴水もあるぞ!)

(マリーナベイサンズの隣にあります)

 

夜はイルミネーションで
すごく綺麗らしいんですが、

残念ながら夜は
別のところに行っていたので
見る時間がなかったです。

 

ネットに転がっているフリー画像を
見ながら我慢しときます、、。

 

『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』
を見てから昼食を済ませた後に、

確かどこかに行ったんですが、
そのあたりの記憶が
すっぽり抜けてしまっているので、

夕方ごろに行った
ナイトサファリの話に飛びます。

 

ナイトサファリでは、
東南アジアでしか見られない
動物たちがたくさんいました。

 

専用の車に乗りながら動物を見て回る
(ジュラシックパークのような感じ)
のですが、

すごく間近で見れる動物もいて
とても貴重な体験でした。

 

(ナイトサファリ)

 

ただし、夜なので写真の画質悪いです。

 

夜までナイトサファリを楽しんだ後は、
シンガポール名物の
『ラクサ』
を食べに行きます。

 

雨がどしゃ降りで
降ってきたのでタクシーを呼んで
近くのラクサの店まで
連れて行ってもらったんですが、

このラクサ、非常に辛い。

 

(Laksa(ラクサ):多分これまでの旅行で一番苦戦した料理)

 

見た目的には
「なんか甘そうでちょっと
ピリッとする感じ?』
っていう色をしてるんですが、

食べた時の辛さが半端なかったです。

 

さらにいうと、パクチーの威力が
ものすごいらしくて、
みんなパクチーに撃沈していました。

 

僕はまだ抵抗があったんで
ラクサは全部たべれたんですが、
他の人からすると
パクチーが合わない人がいるんですね。

 

こんな感じでラクサの威力を味わって
2日目が終了します。

 

3日目:マリーナベイサンズのカジノでブラックジャック&ショー

 

3日目の日は何をしたのかというと、
みんなと一緒にマリーナベイサンズの
地下にあるカジノに行きました。

 

(カジノの入り口:カジノの中は写真NGなので外観のみです)

 

この日は一日中ずっとカジノで遊んでいて、
実はこれがみんなシンガポールで
一番やりたかったことなんです(笑)

 

要するに、
みんなギャンブラーだということ。

 

だからシンガポールに行くまでは
ずっとスマホゲームで
ブラックジャックの練習をしていたし、

ルーレットやポーカーの
勉強をしていました(笑)

 

「ルーレットに
マルチンゲール法という
確率論方式を組み込むと
勝てるのではないか?」

 

という話を色々していて、
最初はルーレットに
興味を持っていたんですが、

 

実際ゲームをやってみて
一番ハマったのはなんと
ブラックジャックです。

 

ただ、
ブラックジャックのルールが
まだあまりよく分かっていなかったので、
ディーラーにルールを
色々と確認して見たんですが、

 

ディーラーの英語訛りが半端なくて、
なかなか聞き取りづらい、、、。

 

とにかくジェスチャーで
表現してもらって
なんとか理解できたのですが、

英語訛りの強い外国人と喋った時に
「まだまだ僕も実践が足りないな」
と思いました。

 

カジノを続けて6時間が経過した頃、
ようやく僕はカジノに飽きてきて
(というか負けて病んできました)、

友達にもうやめないかと
呼びかけに行ったんですが、

 

なんと友達は15万円も
カジノで儲けていたのです。

 

これは本当にびっくりしましたね。

 

もはや旅行代がタダというか、
旅行代よりも儲かっていたので
すごく嫉妬しました(笑)

 

彼もこれ以上やったら
マイナスになるだろうと切り上げて、
その後はショッピングモールで
色々と買い物をし、

 

夜になった頃にはマリーナベイサンズの
SPECTRAショーを見て3日目も終了。

 

このショーは目の前で見たものと
屋上で見たものがあって、
ご覧の通り2回見に行きました。

 

(SPECTRAショー①)

 

(SPECTRAショー②:屋上から)

(カッコいい!!!)

 

噴水に映る光のアートは
想像しているよりも美しくて
実際に見に行ってみると
すごく感動します!

 

(マリーナベイサンズの屋上から見た外観がきれい)

ショーを見た後は、
マリーナベイサンズのフードコートで
夕食を食べました。(以下、写真です)

 

(シンガポール名物:チリクラブを食べました)

 

最終日:セントーサのユニバ→チャンギ空港へ

 

そして最終日は
みんなでユニバに行きました。

 

シンガポールのユニバは
『セントーサ島』と言われるところに
あるのですが、

シンガポールのユニバ、
ある意味エキサイティングですね(笑)

 

(セントーサ島)

 

というのも、

ジェットコースターが頻繁に停止したり
スクリーンの映像が途中で
止まったりしてよく
トラブルに巻き込まれたんです。

 

でもシンガポールの人たちは、
そんなちょっとしたトラブルは
全然気にしてなさそうで、
逆にそれを楽しんでいました。

 

これが日本だったら間違いなく
クレームになってるでしょうし
Twitterでも炎上してそうです。

 

シンガポール人の良いところが
垣間見えた瞬間でしたね。

(シンガポールのユニバ)

(地球儀もありました)

(※一番左が僕です)

 

こんな感じでこの日は
ほぼ丸一日シンガポールのユニバで
遊んでました。

 

最後はセントーサの夜景と撮って、
近くの店でご飯を食べて
空港に戻ります。

(やっぱパクチー多いですね)

 

空港に戻った時は
飛行機の搭乗時間まで
まだまだ余裕があったので、

近くのマクドで
時間になるまで談笑してました。

 

(シンガポールのマクドメニュー)

 

本当に短いようで長い旅でしたね。

 

3泊4日という短さでも
ここまで濃密に楽しめた国は
初めてです。

 

もし時間があれば皆さんも
シンガポールに
足を運んでみてください。

 

最後に:

 

今回のシンガポール旅行の思い出は
こんな感じです!

 

体験した量が多すぎて
全て書くのは不可能なので
ザックリとしか書きませんでしたが、

ちょっとでも海外の雰囲気を
味わえてもらえれば幸いです。

 

また、メルマガなどでも
他の旅行体験記について
書いています。

(こちらは英語特化ブログなので
旅行体験記はあまり書かないように
しています。)

 

今は英語学習の無料レポートも
配布しているので、

もし興味があれば登録してみてください。

 

最後にシンガポールについて
感想を述べると、

 

「シンガポールすごい楽しかった!」

 

というのが結論ですね。

 

シンガポール、
凄く良いところですよ!

 

(この旅行で一番気になったのが、マリーナベイサンズの隣にあった謎の小さな遊園地です。なので最後にその写真を貼っときます)

 

それでは最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間何1つ成長しなかった
ダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語学』×『英語戦略』
独学英語マニュアル






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)