強調構文It is~that(which/who)…の意味と、形式主語構文との違い

Pocket

英語を研究しているタカツです。

今日は英文法の初心者の方がみんなつまずくであろう強調構文について解説していこうと思います。

強調構文はよく学校の英語の授業でも取り上げられることが多いですね。

「ではこの構文訳せる人いますか?今日は10月10日だから、田中くん答えなさい」

「山下くん、このitの意味、分かる?」

と、突然先生に質問されて

「ええっと、なんかこの文章訳しにくくないですか?」

「形式主語のitですか?」

と答えた時にめちゃくちゃに怒られた経験があると思います。(ないかな?)

僕が高校生の頃は、強調構文を間違って形式主語構文と答えた瞬間、先生に僕の英語力だけでなく人格そのものまで否定されるぐらいに怒られました。

なので今回は、過去に怒られた辛い経験を振り返りながら、英文法を勉強している全国の方に強調構文について解説していこうと思います。

これを読むと、

強調構文の意味や強調の仕方

強調構文と形式主語構文の見抜き方

というポイントが手に取るように分かるはずです。



強調構文って何?

そもそも強調構文ってまだ習ってねーぞ!

っていう方がもしかしたらいるかもしれませんので、まずはそこからおさらいしていきましょう!

強調構文

①It is ~ that…の『〜』の部分を強調する

②文中のある要素を強調したい時に使われる

強調構文の基本となるポイントは上の2つで、日本語にするときは「…のは〜だ」や「〜こそ…だ」のように訳します。

例えば、

It is love that rules the world.

という文は”love”を強調した強調構文になっていて、

「世界を支配するのは愛だ」

「愛こそが世界を支配する」

と訳すわけです。

強調構文の”that”がwhichやwhoに変わることも!

ここで1つ注意してほしいポイントがあります。

それは強調構文のthatが”which”や”who”に変わることがあるという点です。

強調構文の注意点

強調構文『It is ~ that…』は強調される要素によってwhichやwhoに変化することがあり、見分け方は以下の通りです。

⑴強調される要素が『物』の時“which”

⑵強調される要素が『人』の時“who”

つまり、It is 『物』 that…の時はIt is 『物』 which…になったりしますし、It is 『人』 that…の時はIt is 『物』 who…になったりします。

・It was my bicycle that you used.
(あなたが使ったのは私の自転車だ)

⇄It was my bicycle which you used.

・It was Tom that she met here yesterday.
(彼女が昨日ここであったのはトムだ)

⇄It was Tom who she met here yesterday.

ざっくり具体例を出すとこんな感じです!

名詞だけじゃなく副詞的要素も強調できる

今紹介した例文はみんな名詞を強調させた構文です。

ですが、強調構文には名詞だけじゃなく副詞要素になるものも強調できます。

例えば、以下のようなものが副詞要素を強調させた文です。

It is only through knowledge that we can cope with the dangers that threaten our society.

知識を通じてのみ、私たちは私たちの社会を脅かす危険に対処することができる。)

訳を見てみると分かるのですが、副詞要素が強調されるときは「…のは〜だ」「〜こそ…だ」のような普通の訳にならない場合が多いです。

なので、この場合は前から返り読みをしないで読めるようにしておくのがいいと思います。

強調構文と形式主語構文の見分け方

しかし問題はここからなんです。

ほんと、強調構文と形式主語構文はどちらも『It is ~ that…』という形なので間違える人が(僕も含めて)多いように感じます。

なのでここで強調構文と形式主語構文の違いをはっきりとさせておきましょう。

その前に形式主語構文がわからないよ!という方は関連記事があるので紹介しますので参考にしてみてください。

強調構文と形式主語構文の例

強調構文と形式主語構文を例文で表してみると、次のようになります。

(A)形式主語構文

It is a fact that I dislike her.
(私が彼女を嫌っているということは事実だ。)

(B)強調構文

It is the fact that I want to know.
(私が知りたいのは事実だ。)

この2つの例文を参考に強調構文と形式主語構文の違いを説明していきます。



①完全文と不完全文に注目する

まず1つ目の見分けるポイントは『that以下の文章が完全文か不完全文か』という違いです。

実は、

・形式主語構文はthat以下の文章が完全文

・強調構文はthat以下の文章が不完全文

という性質があります。

(A)の文章であれば、

I(私は)→主語(S)

dislike(嫌っている)→動詞(V)

her(彼女を)→目的語(O)

となってSVO構文の完全文となっていますから→形式主語構文

それに対して(B)の文章だと、

I(私は)→主語(S)

want to know(知りたがっている)→動詞(V)

となっています。

でもこれだけだと、

あれ?何を知りたがってんねん…

ってなりますよね。

つまり、目的語が欠けていて不完全文になっているので→強調構文

なわけです。

②It isとthatを取り除いて文意が通るか確かめる

2つ目のポイントは、

It isとthatを取り除いて強調している部分をS・V・O・C・Mのうち不足してる部分に挿入できれば強調構文で、挿入できなければ形式主語構文

だということです。

(A)の文であれば、It isとthatを取り除いてみると

a fact I dislike her

となります。

このときthat以下がI dislike herの完全文なので、残ったa factをどこにも挿入できません。

無理やり

I dislike her a fact.

としても「私は彼女に事実が嫌いです」と意味不明な訳になってしまいます。

なのでどう考えてもこれは形式主語構文だとわかりますね。

逆に(B)の文章であれば、

the fact I want to know

です。

このときknowの後ろに目的語がないので”the fact”を”know”の後につけてやると

I want to know the fact.

となって文法的には問題なさそうですね。

訳も「私はその事実を知りたがっている」となって理解できるので強調構文だとわかります。

まとめ

今回は強調構文の基礎的な話から、thatの変化や形式主語構文との違いの話までしていきました。

この辺りは僕も頃つまずいた記憶があるので、苦手な方はしっかりとチェックしておいてください。

英語の勉強法や文法について知りたい方は以下の記事を参考に!

それでは今日はこの辺で終わりです!

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。