仮定法の倒置と仮定法の否定表現|Had it not been for…など

Pocket

スポンサードリンク

 

仮定法には仮定法の独特の倒置形があります。

 

「倒置形って何?」

 

と思う方もいるかもしれませんが、倒置形は非常に重要です。

 

倒置形は、SVOCの語順が変わるというのがポイントで、

 

語順が変わっている文章には筆者の強調したい部分や主張が記されていることが非常に多いのです。

 

ですので、倒置形を侮っていると、長文読解などで苦戦しがちになりますので、特に注意しながら学習していきましょう!

 

仮定法の倒置の仕方

 

仮定法の倒置の仕方のポイントは主に2つです。

 

1つ目が、ifを省略するということ。

 

そして2つ目が、助動詞または動詞を前に出すことです。

 

この2つの過程を経て、仮定法の倒置が完成しますので、基本的な例文を用いて具体的に見ていきましょう。

 

仮定法の倒置の例

 

例えば、以下の仮定法の例文があったとします。

 

If she had been in the train, she would have been injured.

(もしあの時彼女が列車に乗っていたら、彼女は負傷していただろう)

 

ここから、下の2段階の手続きを経て、倒置形の文章を作っていきます。

 

①Ifの省略

②hadを前に出す

 

①、②の手順通りに文章を組み立て直すと次のように仮定法の倒置構文が完成です。

 

Had she been in the train, she would have been injured.

 

仮定法の倒置はこのような感じで作り出していきます。

 

仮定法の否定表現

 

仮定法の否定文は倒置法を含めて6つの定型表現があります。

 

仮定法の基本がわかっていれば覚えるのもそこまで苦労しないはずです。

 

if it were not for…

 

「if it were not for…」は「もし今」という時に限って使える定型表現です。

 

『今』についての仮定を示しているから過去形wereを使うという話は前回でも言いました。

 

→詳しくは、『仮定法過去と仮定法過去完了の違い』の話へ

 

例えば、“if it were not for my bag”で、「もし今私の鞄がなかったら」になります。

 

if it had not been for…

 

次に、「もしあの時」に使える定型表現が「if it had not been for…」です。

 

これも前回と同様で、『あの時』についての仮定だから、過去完了形”had been”を使っています。

スポンサードリンク

 

“if it had not been for her advice”「もしあの時彼女の助言がなかったら」のように、『あの時なかったなら』と仮定する時に使うのがポイントです。

 

否定表現の倒置形

 

否定表現の倒置形は、仮定法の否定表現にさらに最初に言った倒置形の2段階の手続きを踏んで文章を組み立てていきます。

 

すると、先ほど説明した、

 

・if it were not for…

・if it had not been for…

 

の2つは、

 

①ifを省略

②助動詞または動詞を前に出す

 

という2つの手続きで以下のような倒置形の文章が完成されます。

 

were it not for…

 

こちらは「もし今」についての倒置形です。

 

“if it were not for…”から、『①ifを省略』、『②動詞”were”を前に出す』の2段階の手続きを経た結果、

 

「were it not for…」という構文が完成する仕組みになっています。

 

そしてこの構文は、例えば“were it not been for my homework”「もし今私の宿題がなかったなら」という意味のある文を作ることができるのです。

 

had it not been for…

 

「had it not been for…」は「もしあの時」についての倒置形です。

 

“if it had not been for…”から、『①ifを省略』、『②動詞”had”を前に出す』の2段階の手続きを経た結果、

 

「had it not been for…」という構文が出力されます。

 

この構文もさっきと同様に、例えば“had it not been for your advice”「もしあの時私の宿題がなかったなら」という意味のある文を作ることができるのです。

 

“without”や”but for”などの特殊否定文について

 

仮定法の否定表現には特殊なものも存在します。

 

それは「without…」「but for…」の2つで、「もし…がなかったら」の意味で使われます。

 

そして、「もし…がなかったら」として使うことができる「without…」と「but for…」の重要なポイントは、

 

「もし今」でも「もしあの時」でも、どちらであろうが全く問題なく使えるという点です。

 

例えば、

 

without Mike「もし今マイクがいなかったら」

but for hard work「もしあの時懸命な努力がなかったら」

 

というように仮定法として使えますので、”without”、”but for”にはくれぐれも注意が必要ですね。

 

まとめ

 

今回は仮定法の倒置形、否定表現についてポイントとなる部分をまとめてみました。

 

否定・倒置は長文読解でも重要なマーカーの役割を果たしますので、倒置や否定の基本的な原理からマスターして読解に役立てていってください!

 

それでは今回のお話は以上です!

スポンサードリンク