仮定法ifの省略|ifの省略は和訳問題に注意せよ!

Pocket

スポンサードリンク

 

大学入試で最近急激に出題頻度が上昇しているのが、『仮定法ifの省略』です。

 

以下の例文を見てみてください。

 

He would have drunk beer.

(もし彼だったら、ビールを飲んでいただろう)

 

実はこれ、仮定法なんです。

 

今回はこのような『ifのない仮定法』について解説していこうと思っています。

 

仮定法ifは、和訳問題などで特に出題されやすく、ある程度の読解力があっても仮定法だと気づかないまま和訳しちゃってバツにされるケースが多いところなのです。

 

ここで仮定法ifの省略の仕組みを理解してしまいましょう!

 

なぜ仮定法ifは省略されるのか?

 

仮定法ifの省略は英語圏外の方で英語を学習する人には非常に厄介な問題でしょう。

 

「省略なんかされたら文体が崩れて、何を言っているかさっぱりわからなくなる」

「こんなの、数学よりも理解不能」

 

このような話で盛り上がって何の改善もしなければ後がないですが、語学学習において、省略される文章というのはごく当たり前の話なんです。

 

例えば、よく行くバーで、

 

「マスター、スコッチウィスキー一杯」

 

と言っても、

 

「マスター、いつものアレで」

 

と言っても、そこにいるマスターはお客さんに何を提供すればいいのか理解できるわけですから、

 

省略形で話してくる人ももちろんいます。

 

今回お話しする仮定法ifの省略も全く同じ論理です。

 

省略形の文章が出てきたときは文脈判断が大切になってきますので、文脈力を鍛える練習をするように心がけてください。

 

仮定法のifがなくなったらどうなるのか?

 

仮定法のifが省略された場合の仮定法の特徴は、仮定をif節の中で示さずに主語の中で仮定の意味を含ませるという点にあります。

 

例えば、以下の例文を見てみると、、

 

She would not have said such a thing.

(もし彼女だったら、そんなことは言わなかっただろう)

 

この例文では、“would not have said”の部分が、「あのとき…だっただろう」という仮定法の形をしています。

 

ですので、必ずどこかに仮定を表す部分が隠れているはずなのです。

 

このとき、仮定を表す部分を探すためには文脈力を養っておく必要性がありますが、

 

実は、仮定法ifの省略の時の『仮定』は、主語の中に表されている場合がほとんどなのです。

 

上の例文はまさに主語の中に『仮定』の要素が含まれていて、She=「もし彼女だったら」と読むことができます。

 

現実的には彼女ではない別の人間が口に出してしまったのだけれども、

 

「もし彼女だったら」と非現実の仮定を示し、「彼女だったら言わなかっただろう」と言っているわけです。

 

くれぐれも”if”がないだけで「これは仮定法じゃないな」と判断しないように注意してくださいね。

 

和訳問題には非常に注意!

スポンサードリンク

 

仮定法ifの省略の出題の仕方は他と違って日本語訳の問題が中心です

 

If節以外のところに非現実の仮定が隠れている仮定法に関する問題は、文法問題よりも和訳問題として出題されることが非常に多く、

 

最近出題頻度も高まってきています。

 

国立大はもちろん、私大でもこうした仮定法の問題は頻出です。

 

比較的短い文を和訳させる私大の問題でこのような『隠された仮定』を訳出できなければ大きな原点に繋がるので、

 

ぜひこの記事を通じて仮定法ifの省略の和訳をマスターしてください。

 

和訳問題の例

 

それではifが省略された仮定法の和訳問題の例を見ていきましょう。

 

問題:以下の例文を日本語に訳せ

 

【1】Things could’t go worse

 

解説:この問題のポイントは“could’t go”が仮定法であるという点です。

 

“could’t go”は現実で言っていることとは反対のことを述べて「今、進むことはありえない」という意味を表しています。

 

特にその中でcouldは可能性を示す助動詞で、「できる、できない」ではなくて「ありえる、ありえない」と訳すことに注意してください。

 

よってこの場合は、「物事がworseに進むことはありえない」わけだから「最悪である」という訳になるのです。

 

答え→事態は、最悪である。

 

【2】Any girl dressed like that would be laughed at.

 

解説:この文章は、“Any girl dressed like that”(そんあ服装をしているどんな女の子でも)という部分が主語となっています。

 

ちょっと主語が長いですが、”Any girl dressed”の“dressed”は「服を着せる」という意味を表していて、

 

この動詞を“過去分詞”にすることによって、「服を着せられた」→「服装をしている」という意味になるのです。

 

なので、残った“would be laughed at”述語になり、同時に仮定法でもあります。

 

“would be laughed at”が仮定法である理由は、主語に仮定が隠れているからです。

 

主語は「現実にはそんな服装をしているわけではないが、もしそんな服装をするとすれば」という、非現実の仮定を示しているので答えは以下のようになります。

 

答え→そんな服装をしたら、どんな女の子でも笑われるだろう。

 

まとめ

 

以上が仮定法ifの省略の基本的な話です。

 

仮定法ifの省略は文法問題でも和訳が問われるところですので、読解力・文脈力を養いつつ勉強を続けていくことを強くお勧めします!

 

まだ慣れない方は、この記事を何度も確認しながら勉強に励んでいただければ幸いです!

 

それでは今回の話は以上です。

スポンサードリンク