教科書も問題集も必要なし!英語が楽しくなるたった一つの方法とは

Pocket

こんにちは!ライターのMASAです。

「英語ができるようになりたい」

これは老若男女、多くの日本人に共通する願望ではないでしょうか。

早い人だと

小学校から英語の勉強をスタートし、少なくとも6年間、大学まで含めるとその英語歴は10年以上…

それなのにいざ外国人に道を聞かれるとしどろもどろ、発音もカタコトでまったく通じず…

読者の中にも、そんな悔しい思いをしたことある方いらっしゃるのではないでしょうか?

また、コロナが終息したら「海外旅行に行くぞ!」と思っている読者の方も多いのではないのでしょうか。

今日は留学経験ゼロで高校の英語教師になった私が、皆さんに楽しく英語をマスターする必勝法をお教えしたいと思います。

秘訣は「発音から始めよう!」です。

多くの人にとって「英語ができる=英語を話すことができる」

皆さんは「英語ができる」と聞いたとき、どんなイメージを持ちますか?

人によってそれぞれだと思いますが、多くの人に共通するのは「外国の人と話すことができる」ではないでしょうか。

話が成り立つためには「相手の言ったことを理解」して、「相手が分かるように話す」の2つ、英語の勉強的にいえば「リスニング」「スピーキング」のスキルが必要です。

この2つのスキルに共通するのが「発音」です。

聞き取れないことばは発音できないし、発音できないことばは聞き取れませんよね?

しかし、英語の勉強といえば読解問題、文法問題、英作文、やってもリスニングくらい…学校のテストも資格試験も筆記試験ばかりで、英語を話す、発音する試験ってほとんどないですよね。

英語をしゃべりたいのに、書く練習しかしてこなかった。

このギャップが英語ができるようにならない一番の原因です。

発音がうまくいくとカッコイイ!!

では皆さんが今までやってきたことはまったく無意味だったのか?

私はそうは思いません。

英語を話すために必要な単語や、それを組み合わせるための方法(文法)の知識は、10年以上の英語歴の中で皆さんの中にたくさん蓄えられてきているはずです。

皆さんに欠けているのは、そうした知識をもとに文章を組み立て、声に出して話すトレーニングです!

そして声に出して話すトレーニングの第一歩として、発音の練習が最適だと私は思っています。

その理由は主に2つです。

一つ目。

シンプルに、きれいに発音ができるとカッコイイです(笑)

TVでネイティブばりの発音で芸能人が英語を話していると、それだけで何倍もかっこよく見えますよね。

そして二つ目。

そうしてかっこよく英語を発音できると、自信がつきます。

これまで口に出すのが恥ずかしかった英語が、「話してみようかな?」「話してみたい!」に変わります。

(ちなみに、私が英語教師になりたいと思った最初のきっかけは、ネイティブの英語の先生に発音をほめられたことです。我ながら非常に単純(笑))

身近なもので発音を練習しよう!

では、具体的に何から始めるべきでしょうか?

今までの話を聞くと、教科書も問題集も必要ないことが分かりますよね。

必要なのは、ほとんどの方が持っていて、いつでも肌身離さず持ち歩いているもの。

そう、皆さんのスマートフォンです。

スマホアプリを利用した勉強法

英語を発音するときに重要なのは2つ。「正しい音」「正しいリズムと抑揚」で話すことです。

日本人が英語を難しく感じる理由の一つとして、日本語にはない発音がたくさんあることがあげられます。

また、比較的抑揚が少なく平坦な調子で話す日本語と比べ、英語はリズムや抑揚を非常に大事にします

(発音が多少違っても、抑揚やリズムがあっていれば通じることもあるくらいです!)

このトレーニングには、スマホを使って自分の声を録音し、正しい発音と比較して一つずつ改善することが一番です。

発音や抑揚を採点してくれる便利なアプリもあるので、ゲーム感覚で楽しく練習して、英語を話すことに自信をつけましょう!

以下の2つのアプリは無料で利用することができるので、まずはここから始めてみるのはどうでしょうか?

(スマホで学べるおすすめ無料アプリ)

①発音博士

発音博士® | 自社開発 | 株式会社コト | 京都 (koto.co.jp)

②英語発音ドリル

→「英単語から発音まで手軽に英語学習-英語発音ドリルAtoZ」をApp Storeで (apple.com)

英単語から発音まで手軽に英語学習-英語発音ドリルAtoZ – Google Play のアプリ

コミュニケーションを楽しもう!

英語を学ぶ上で一番楽しいことは人とコミュニケーションをとることです。

スマホでのトレーニングで発音に自信がついたら、実際に人と英語で会話して練習しましょう!

私自身も、大学生の時に所属していたサークルに、日本語が話せない留学生が入ってきたことが英語力アップの大きなきっかけになりました。

今はSNSオンライン英会話など、話し相手を探す手段はたくさんあります。

ここまで読んでくださった皆さんならきっと見つけられます!

自信がついたら、あとは行動あるのみです!

手軽な手段で発音を身に着け、自信をもって楽しく英語を話しましょう!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)