リスニングの内容が頭に残らない真の原因とは?

Pocket

こんにちは、タカツです。

 

今回もブログの読者さんから
質問を頂いているので、
それについて回答していこうと思います。

 

質問は以下の通りでした。

 

====<質問者さん>====

タカツさん、はじめまして。
都内の大学に通っているMと申します。

 

実は、今リスニングについて
少し悩んでいることがあるのですが、
それについて何かアドバイスを
もらえると嬉しいです。

 

私自身のリスニング力は、
TOEICだと約350点前後ぐらいで、
全く英語が聞き取れない
というわけではありません。

 

英語の音声はある程度
聞き取ることができるのですが、
リスニングで聞き取った内容を
よく忘れてしまいます。

 

なんどもなんどもTOEIC対策本で
リスニング練習をしているつもりでは
いるのですが、

どうしても聞き取った内容が
頭に残りません。

 

何か具体的な対策方法などがあれば、
教えてください!

よろしくお願いします!

==============

 

このように悩んでいる方、
結構多いと思います。

 

僕自身も聞き取った英語の内容が
全然頭に入らない時期がありましたし、

ネイティブスピーカーの話す英語は
結構早かったりするので、
一発で理解するのに
かなり苦労しました。

 

しかし実は、
リスニングの内容を記憶に
保持させる訓練法があるのです。

 

それを知るまでは、
どれだけリスニングをしても
あまり実力は伸びなかったのですが、

の訓練法を取り入れることで、
一気に記憶保持力が高まりました。

 

今回はリスニングの内容を
維持でも頭に残らせる
記憶保持訓練法について
解説していこうと思います。

 

タカツ
Mさんありがとうございます!

 

なぜ普段リスニング学習をしても内容が頭に残らないのか?

まずは本題に入る前に、
なぜ普通のリスニング練習だと内容が
記憶に残らないのかについて
喋っていこうと思います。

 

それは、簡単に言ってしまうと、

『脳内に浴びる情報が多すぎる』

からです。

 

一気に膨大な量の内容を
母国とは違う言語で話されると、
違和感がありすぎて
脳の情報処理が追いつきません。

 

いきなり浴びる情報量を多くすると
脳がパンクして、
新しい情報を理解しようとしなくなるため、

リスニング練習をするときは
一定の情報に絞って、
リスニングをしていかなければ
いけないのです。

 

だからまずは一定の情報量に絞って、
そこから徐々に内容を多くしていって、

情報処理のキャパシティを
増やしていくという戦法が
正しい勉強の態度だと思います。

 

これからその勉強法について
紹介していくのですが、
その勉強をある程度実践してもらえれば

どれだけ長い音声を聞いても
最初の内容をはっきりと
覚えられるようになるので、

記憶力に悩んでいる方は
ぜひ取り入れてみてください。

 

逆にこれを実践していないと、
簡単な英文を言われても
すぐに忘れてしまって
話についていけなくなります。

 

リスニングの理解に悩んでいる方は
ぜひ試してみるといいでしょう。

 

そしてこれは英語だけの話じゃなくて
日本語でも同じことが言えます。

 

長い小説や評論文を読んでいる時にも
最初の話を忘れてしまうなんてことは
良くあることです。

 

僕は英語も国語も昔は苦手でしたから、
相手の言っていることを
すぐに忘れてしまったり、

長い文章を読んでいる時に
最初の内容の記憶が途切れてしまったり
なんてことが日常的にありました

 

しかしとある方法を知ってから僕は、
日本語でも英語でも、

たとえ長い内容を話されたとしても
しっかりと頭に残るようになりました。

 

今回はリスニングの話がメインですが、
もちろんリーディングや
日本語でも使えることなので、

これから話すことを
ぜひ実践してみてください。

 

タカツ
英語の理解力を高める王道の勉強法です。

 

リスニングの内容を頭に残す記憶術

それでは具体的に
リスニングの理解力を高める
訓練法についてみていきましょう。

 

ただしこれは
『発音力』や『ある程度の理解力』
がある人向けの学習法ですので
注意してください。

 

「そもそも全く
リスニングなんてできません!」

 

という人は、
まずは以下の記事を参考にして頂けると
挫折しないで勉強を進められます。

 

 

というわけで、ここから先は
一定の基礎力がある前提で
話していきますね。

 

僕がリスニング理解力を高める訓練として
オススメしているのは、

 

リテンション(記憶保持力)

 

という勉強法です。

 

これは他の記事でもちょこっと
触れたかもしれませんが、

詳しく書いていなかったと思うので、
具体的に書き記していこうと思います。

 

まずリテンションというのは
何なのかというと、
『保持』という意味です。

 

つまり、英語の記憶を保持するための
訓練というわけで、
一部では結構取り入れられたりしています。

 

具体的には
リスニングで聞いた音声や読んだ文を、

短いものから長いものへと
徐々に広げていき、
記憶の保持力を上げていきます。

 

例えば、

 

It was difficult to do that.

It was difficult for most of them to do that.

It was extremely difficult for most of them to do that.

It was extremely difficult for most of them to do such a thing.

It was extremely difficult for most of them to do such a thing with her.

It was extremely difficult for most of them to do such a thing with her at that point.

It was extremely difficult for most of them to do such a thing with her at that point when it was raining.

 

というように、
徐々に文を長くしていって
記憶の情報量を増やしていき、
記憶のキャパシティを上げていくのです。

 

これは
『音読パッケージ』
という参考書でも
取り入れられている学習法で、
非常に優れた勉強法です。

 

これをやることで長い内容でも
頭に残るよう脳が鍛えられるので、
リスニングや速読、英会話などでも
非常に役立ちます。

 

リテンションのオススメ勉強法

リテンションを鍛える時、
特に視覚と聴覚を
意識することになるでしょう。

 

なので、基本的には
リスニングかリーディングを通して
リテンション能力を
鍛えていけば良いわけで、

リスニング力を伸ばしたいという人は
先ほど紹介した
『音速パッケージ』
などがオススメです。

 

またリテンションというのは
自分で文章を作ったり、

あらかじめ用意された文を使って
練習したりすることも可能なので、
工夫して勉強してみると良いと思います。

 

 

まとめ:記憶保持にはリテンションがオススメ

というわけで、リスニングの内容が
頭に残らない原因は
リテンションの能力が
低いということです。

 

なので、理解力を高めるためには
リテンション力を上げる訓練を
すれば良いのですが、

これは簡単なように見えて
意外と効果が高いです。

 

今までたくさん英語を聞き取れない
日本人を見てきましたし、
僕もそうだったのですが、

うまく話せない原因の1つが
「聞き取った英語を
うまく情報処理できない」
というものでした。

 

しかし、それを克服するために
『英語だけの記憶保持』
の練習は非常に有用です。

 

英語の記憶力が著しく低いな
と思う人は是非一度試してみてください。

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)