リスニング学習から考えた英語脳の作り方を徹底解説!

Pocket

こんにちは、タカツです。

 

先日、
とある読者さんから以下のような

質問をいただきました。

 

====<質問者さん>=====

19歳大学生男です。

 

タカツさんのブログを
いつも読ませて頂いております。

 

僕は高校生になった頃から
英語が話せるようになりたいと思い、
必死に勉強してきました。

 

しかし、どれだけ英語を勉強しても
英語が話せるようになるどころか、
聞き取ることすらできません。

 

自分なりに努力してきた
つもりだったのですが、

進歩していない自分に対して
苛立ちと悔しさでいっぱいです。

 

そこで色々と英語学習の
戦略を考えているのですが、

話すことよりも
まずは聞き取りの部分を改善しなければ
英会話なんて無理だと思ったので、

今回はリスニングの部分に関して
何かしらのアドバイスを頂きたいと思って
質問させて頂きました。

 

具体的には、

『リスニングをするときに
どうやって外国人のような英語脳で
情報処理ができるようになるのか』

という事についてです。

 

漠然とした質問で申し訳ありませんが、
ご回答の方よろしくお願い致します。

==================

 

なかなかいい質問ですね。

 

リスニングをするときに、
多くの日本人は日本語に翻訳しながら
リスニングをしてしまっていて、
非常に良くないと思っています。

 

なので今回は、この質問に踏まえて

『リスニング学習から考えた
英語脳の作り方』

について解説していこうと思います。

 

タカツくん
リスニングは考え方次第で伸び方が全然違ってくるよ!

 

それでは行きましょう。

 

多くの日本人は、ただテキトーにリスニングをしていることが多い

まず個人的に思うのが、
『多くの人はテキトーに
 リスニングをしてるんじゃないか?』
という事です。

 

よく電車の中で
クワイアットコンフォートなどの
高級ヘッドフォンをつけながら
リスニング練習をしている人がいるんですが、

 

その人たちのほとんどは

・ただ聞き流しているだけ
・スクリプトを見ながら
・カタカナ発音を見ながら

といった感じで
リスニングをしている気がします。

 

もちろん
個人的な主観ではありますが、
僕自身も以前はこの戦略で
リスニングをしていた時期があったし、

周りの友達もこんな感じで
リスニングをしていたので

多分9割の日本人が
上記のように漠然とリスニングを
しているのだと思います。

 

ですが、残念ながら、
上記の方法ではほとんどの人が
リスニング力はつかないんじゃないのか
と思っています。

 

なぜなら、リスニングというのは
次の2パターンに細分化して
考えなければいけないからです。

 

リスニングには、『英語を聞き取る能力』と『聞き取った英語を理解する能力』の2種類がある

リスニング力を伸ばすときに
多くの先生は

「多聴が大事だ!」
「ディクテーションを取れ!」
「シャドウイングをしろ!」

などのように結論から言ってくるのですが、
よくよく考えると、リスニングというのは

 

・英語を聞き取る能力

・聞き取った英語を理解する能力

 

の2つに分けられるわけです。

 

つまりこれはどう言うことかというと、

 

『初心者はそもそもリスニングで
英語を理解しようとする前に、
1つ1つの英語の音をしっかりと
聞き取らなければいけない』

 

という事が分かります。

 

1つ1つの英語の音を把握しないと
理解することって
まず無理だと思いませんか?

 

例えば日本語で誰かが

『今日は母の日です。』

と言ったときに、
あなたが「は・ひ・ふ・へ・ほ」の
は行の音を知らないが故に

『今日はああのいです』

と誤って聞いてしまっては、
相手が何を言っているか
分かりませんよね。

 

タカツくん
日本語でも変な発音だと全然聞き取れなくなる。

 

だからまずあなたは、
英語を耳から理解するよりも
音を聞き取る訓練から
していかなければいけません。

 

それが英語脳を最短で作り出す
道のりだと思っています。

 

『聞き取り』フェーズから『理解』フェーズへ移行することで英語脳が作られる

 

というわけで、リスニングというのは
英語の音を聞き取ってから
理解していくのが重要だという事が
分かったと思います。

 

それを踏まえてここからは、
『聞き取り』フェーズの勉強から
『理解』フェーズ勉強までの
具体的な道のりを解説していきます。

 

『聞き取り』フェーズ

 

まず、『聞き取り』フェーズに関する
勉強法なのですが、
これは何度も『音』の理解が重要
と言っているわけですから

もちろん発音の勉強が
第一優先になります。

 

発音の理解なしに英語の音を
聞き取ることは不可能で、
日本語と英語の音の違いには
かなりの差があります。

 

つまり、『カタカナ発音』のような、
日本語で書かれた発音では
どう頑張っても理解できないわけで、

しっかりと発音記号を学びながら
正確な発音を感覚的に知っていかなければ
英語の音は理解できないのです。

 

発音に関する詳しい勉強法は
以下の記事が参考になると思いますので
興味がある人は一度参考にしてみてください。

 

 

『理解』フェーズ

 

『聞き取り』フェーズをクリアした後は、
『理解』フェーズに入って
実際に英語を聞いて理解する練習を
していきましょう。

 

基本的には、

簡単な英文をリスニングしていって、
徐々に難易度を上げていくという方法が
一番リスニング力を上げる
秘訣だと思います。

 

というのも、今の段階では
まだ『音』を聞き取れただけで、
全く『英語脳』を鍛える練習を
していないからです。

 

つまり、英語の情報処理能力は
全くの初心者というわけですから、
まずは簡単な英語を
たくさんリスニングしていって

基礎的な英語脳を作る
練習をしていってください。

 

そこから徐々に難易度を上げて
練習していくのが
挫折せずに英語力を伸ばす秘訣です。

 

もし万が一、
難しい構文や単語で理解するのが
難しくなった場合は、

英英辞典などを使って
なるべく英語で理解する訓練をして
いってください。

 

日本語に頼るとただの
翻訳学習になってしまうので
ネイティブのような英語脳は
身につかなくなってしまいます。

 

できるだけ英語だけで
理解する訓練をする事が
本物の英語力を身につけられます。

 

英英辞典自体は基本的には
小・中学生の語彙力があれば
読みこなす事ができる
優しい辞書が多いので、

あなたでも理解できそうな辞書を
活用するようにしてみましょう。

 

リスニングで英語脳を作る方法まとめ

それでは今回のまとめです。

 

今回はリスニングから見た
英語脳の作り方について
考察してみましたが、

これを読んだあなたは
リスニングという本質が

理解できたのではないでしょうか?

 

要するに、リスニングというのは

・『聞き取る』
・『理解できる』

の2つの能力が同時に
必要になってくるわけです。

 

だから僕は
英語の音を聞き取れるようになってから

しっかりと聞き取った英語を
理解していく
という流れで
勉強していくことを勧めています。

 

もしかすると

「これらを同時に鍛えていけば
効率的なんじゃないか?」

と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、人間の脳というのは
2つ以上のことを意識しながら
集中できるほど
優秀なものではないんですよね。

 

これは脳科学的にも言われていて
複数のことを同時に考えるというのは
人間の神経上難しい事が分かっています。

 

だからまずは、
いろんな事を同時に意識するよりも
1つのことに集中した方が
得策なわけなんです。

 

なので、

『英語の音を知る』
『リスニングの内容を理解する』

といった流れで
勉強するようにしてみてください。

 

タカツくん
この順番は特に意識しておこう!

 

スマホのメモ帳に今すぐ
メモしておくと忘れないと思います。

 

それでは今回言いたかった話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)