【感想あり】英語のアウトプット用のアプリを3つに厳選して紹介!

Pocket


こんにちは。タカツです。

 

全国で自粛が解除されたということで
人の流動性が増加しましたが、
北九州と東京で新たな感染者が
増えてきていますね。

 

この先どうなってくるか分かりませんが、
とりあえず僕は感染しないように
マスクをつけて外出するようには
心がけています。

 

さて、今日のテーマなのですが、
今日は英語のアウトプット用アプリについて
僕が使ってみていいなと思ったものを
簡単に紹介していこうと思っております。

 

先日、メルマガの読者から
以下のような質問を頂きました。

 

質問者さん

タカツさん、はじめまして。〇〇と申します。

毎日タカツさんのメルマガを参考にさせてもらっていて日々英語学習に励んでおります。

スマホだけで勉強できる方法とかも教えていただいてかなりためになっているのですが、そこでふと思ったことがあります。

それはタカツさんが普段どんなアプリで英語力を鍛えているのかということです。

私はまだ初心者ですが、タカツさんが使っている(もしくは以前使っていた)オススメのアプリがあれば教えてください!

 

ご質問ありがとうございます。

 

確かにスマホアプリの普及で
色々と便利になってきましたよね。

 

なので今回は、
今日のメルマガ読者さんの質問に答える形で
回答させていただこうと思います。

 

紹介するのは3つですが、
色々とアプリを紹介しても仕方のない部分も
あるかと思いますので、

上位から3番目に
オススメだったものだけを厳選して

紹介していきますね。

 

これを読んで1つでも
「これは使えそうだな!」
と思えるアプリがあれば幸いです。

 

それでは早速僕が実際に使ってみて
よかったアプリを見ていきましょう!

 

タカツ
使ってみて良かったアプリを紹介していくよ!

 

僕が使ってみて良いなと思ったアウトプット用のアプリ3選

僕が今まで使った中で
特にオススメだと思ったのは
次の3つです。

 

僕がオススメしたいアプリ

・ELSA SPEAK

・TEDICT

・speak buddy

 

どんなアプリなのか1つずつ
説明していきますね。

 

ELSA SPEAK

まず、何と言ってもオススメなのが
『ELSA SPEAK』
です。

 

このアプリは主に発音を
矯正してくれるものなのですが、

とにかくコンテンツのボリュームが
圧倒的にあって

がっつり発音を改善したいと
思っている人には

凄くおすすめになります。

 

特にELSA SPEAKは
google社のAI専門家の方が

手がけて作っているもの

ハイクオリティーな学習が
できるものだと思っています。

 

具体的にはネイティブの音声と
あなたお音声を聞き比べながら
じっくり発音練習に取り組め、

あなたの発音を
かなり正確に分析してくれます。

またアセスメントテストであなたの発音が
どのくらいネイティブに近いか
という評価もしてくれますので

発音を正確に改善したい方は
ELSA SPEAKを試してみてください。

 

ちなみに僕がこの前受けた
発音テストの点数は82点でした。

 

僕自身も
まだまだ改善しなければいけない身ですが、

今でもELSA SPEAKは
愛用して使っています。

 

発音を改善することは
リスニング力向上につながるので
初心者の方こそ発音学習は
オススメです。

 

参照

ELSA SPEAK

 

TEDICT

2つ目に僕が
おすすめするアプリというのは

『TEDICT』というものです。

 

こちらもこちらでなかなか質が高くて、
TEDのプレゼンの音声を
リスニングで聞くことができます。

 

字幕の変更もすごく容易で
・日本語字幕
・英語字幕
・字幕なし
など色々変更可能です。

 

さらにTEDICTには
聞いた音声を文字で打ち込む

ディクテーション学習機能も付いていて

リスニング学習には
もってこいのアプリだと思います。

ディクテーションができれば
聞き取れなかった弱点が明白になるので
リスニング力を重点的に高めたいという人は
ぜひ活用してみてください。

 

ELSA SPEAKで発音を矯正し、
音の区別が鮮明になった後でTEDICTを使うと
かなりレベルアップが見込めるはずです。

 

このアプリは
メンタリストDaiGoも
オススメしていたものですので

学習効果は保証します!

 

TEDICTの詳しい話は
こちらの記事にまとめているので

興味があれば読んでみてください。

 

 

speak buddy

そして最後に使ってみて
よかったなと思ったアプリは

『speak buddy』
というものです。

 

こちらは英会話専用のアプリなのですが、
段階的に英会話を
学んでいくことができるので

初心者でも使いやすいと思います。

 

実際にアプリだけで
英会話をしていくので
いつでもどこでも英会話ができますし、

オンライン英会話や英会話教室で
1日30〜90分学ぶよりも
長く学習ができるのです。

 

コスパ重視で
長い時間英会話をしてみたい

という方には凄くおすすめですね。

 

ただし、このアプリは日本語翻訳が
混じっている部分もあって
少しだけ英語学習に害をもたらしてしまう
デメリットもあります。

 

日本語が嫌で
完全英語だけで学びたいという方は

やはりオンライン英会話などを
利用してみる方がいいかもしれませんね。

 

しかし英語で喋る練習は
非常に充実していますので

ボリューム重視で
安く英会話を学びたい人に

おすすめかと思います。

 

参照

speak buddy

 

英語アプリのおすすめの勉強手順

以上、
僕がおすすめする英語アプリについて

厳選して紹介しましたが、

最後にこれらの勉強手順について
軽く解説してこうかなと思います。

 

やはり、メルマガでも言っている通り、
僕の勉強法の型は
『発音→英語脳→英会話』
に従っています。

 

なので、アプリの性質上から考えると

ELSA→TEDICT→speak buddy

の順番で学習してみるのが
一番賢明だと分かるでしょう。

 

特に個人的には
ELSAには力を入れて学習するのが
良いと思っています。

 

発音は英語学習のすべての土台で
そもそも発音が分からなければ
英語は聞き取れません。

 

なので、
発音はより重点的にマスターするように

意識してみてください。

 

発音の具体的な
学習手順を知りたい人は

こちらの記事を参考にしていただけると
分かりやすいかと思います。

 

 

これらのアプリを使ってみると
分かるともいますが

独学でも十分勉強になることが
分かると思います。

 

ぜひこれらのアプリを使って
英語力向上を目指していきましょう。

 

まとめ:英語のアウトプットはアプリを使えばいくらでもできる!

もうお分かりかと思いますが、
今回僕が紹介したアプリは
どれもアプトプット機能が付いています。

 

ELSA SPEAKに関しては
自分で実際に発音して発音力を
分析していきますし、

TEDICTに関しては
ディクテーション機能で
アウトプットしながら
リスニングに励みます。

 

そしてspeak buddyでは
実際に自分で英会話を
話していきます。

 

これだけアウトプットができるアプリは
他にはないくらい優秀だと思いますので

どんどんアプトプットして
英語力に磨きをかけていきたい人は
絶対に使いましょう。

 

どれも強力な英語力を身につける
サポーター役になるはずです。

 

1つでも興味のあるアプリがあれば
活用してみてください。

 

それでは今回の話は
この辺で終わりにします。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)