英語の音読のやり方を紹介!その脅威的な効果とは!?

Pocket

「英語の勉強は音読が大事だっていうけど、どうやって音読をすれば良いかわからない」

「ただ音読してるだけで効果ありますか?」

この2つの疑問は、英語の成績に伸び悩んでいる受験生によくあると思います。

そこで今回は、正しい音読のやり方と、その驚異的な効果について語っていこうと思いますので、英語の成績が伸び悩んでいる方はぜひ最後まで読んでみてください。

英語の勉強は努力量に比例する??

受験の世界では、英語の勉強を細かく分類すると、『発音・英文法・英単語・長文読解・リスニング・ライティング』の6つのカテゴリーに分ける事ができます。

なので、受験勉強をするときはこの5つをバランスよく勉強していかなければいけません。

しかし、受験生はあまり時間がないので、なかなかバランスよく勉強する事ができません。

そこで多くの受験生は、英文法・英単語に比重を置いて勉強することになります。

そのため、語彙力と文法力はある程度得意だけど、長文読解やリスニングは苦手な生徒が続出するようになるのです。

ですので、英語というのはしっかりと文法・単語・読解・リスニング・ライティングをバランスよく勉強していかないといけません。

それができなければあなたの英語力は努力量に比例しなくなります。

今回は、この「努力量に比例しなくなる」現象を防ぐために、『文法・単語・読解・リスニング・ライティング』の能力を同時に伸ばす『音読』について解説していきます。

音読の効果は抜群ですが、音読には正しいやり方や注意点があるので、ここでしっかり身につけていきましょう。

英語をただ単に音読をしてはいけない?

よく、英文を音読するときに英語を何も考えずにただ単に流し読みしながら音読している人を見かけますが、

残念ながらそれだけだと実力は伸びません。

しっかりと頭を働かせながら音読しないとお経を唱えているだけのような状態になってしまいます。

まずは正しい音読のやり方を知っていきましょう。

音読で意識するポイントは2つ

ただ何も考えずに音読しているということは、意味のわからない暗号をただ呆然に眺めているようなものです。

なので、音読するときは「しっかりと意味を理解しながら」音読するというのが前提になります。

しかし、僕がこのようなことを言ってしまうと、

「重要構文に気をつけながら音読しなければ意味がない」

「どれがSで、どこからどこまでがOで、どこがVなのか?」

「全てを日本語に訳しながら音読すべき」

といった難しいことを考えてしまいがちです。

ですが、このように完璧主義者になってしまうと逆に挫折してしまう可能性があります。

なので、音読するときはこれから言うポイントだけを意識して音読に励んでみてください。

音読のポイント

①音読のスピードを一定に保つ(1行7秒程度)

②日本語に頼らずに英語で理解する努力をする

この2つの条件を満たしながら音読に励んでいただけでば、あなたの英語力は正しい方向性で上達していきます。

最初は少し難しいと思うかもしれませんが、初めのうちは日本語訳を見ながら音読をしてもらって構いません。

同じ文章を5回ぐらい音読した後から、上の2つの条件に近づけるよう努力して頂ければかなりの効果が期待できると思います。

音読をする前の前提条件

ここで、音読をする前に絶対に守って欲しい前提条件というのがあります。

それは、「必ず音声付き教材を使う」ということです。

音声付き教材を使わなければ、英語独特のリズムや強弱を学ぶことができないので、読解するときににリズムよく英文を読むことができません。

そして、音読するときもただただ発音の悪い音読になってしまって、速読やリスニングなどの伸びは半減してしまいます。

ですので、音読する前には何度もCDを使ってネイティブスピーカーの音声を聞くというのが大前提だということを意識しておきましょう。

リスニング教材などを使って、音声面を鍛える方法に関しては下の記事で紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

正しい音読の手順

英語の音読はやり方の違いによって伸び率が大きく変わってきますので、非常に大切になってきます。

大まかに分けると3ステップのやり方があるので1つ1つ確認していきましょう。

英文に文の構造や意味を書き込む

音読の最終目標は英語を英語のままスラスラ読めるようになる事です。

しかし、いきなり初めて見た英文を音読するのはかなり苦労を要します。

そこでまずは、英文に文構造や意味を書き込む作業をすることから始めましょう。

初めのうちは訳などを見ても構いませんので、書き込みを見たら意味がわかる程度まで仕上げる事がポイントです。

書き込んだ文章を見ながらゆっくり音読

意味がわかるまで英文に書き込みをしたら、

次に、書き込みをチラチラ見ながらゆっくりと音読に取り組んでいってください。

ここで大事なのはゆっくりと音読をする事です。

とにかく早く成績を上げたいが故に急ぎすぎて音読をしてしまうと、難しい英文に出くわしたときに、意味を理解せずに適当に音読してしまう事があるので

慣れるまではゆっくり丁寧に音読する事が大前提だということをしっかり確認しておきましょう。

慣れてきたら書き込みをしてない文章で音読

書き込みした英文で音読が慣れてきて、スラスラ読めるようになった後は、

書き込みをしていない文章(漢文でいう白文)での音読にチャレンジです。

最初の方はつまずくかもしれませんが、書き込みをしないでスラスラ音読ができるように慣れば、

あなたは外国人と同じ思考回路でリーディングができているということになります。

以上の3つのステップで、できれば100ページ分の英文を読みこなしてみてください。

ここまでできれば英語力は格段と伸びていることに気づくはずです。

音読の驚異的な効果とは??

「なるほど、英語の音読のやり方はわかった」としても、実際にどんな効果があるのか理解できていなければ、やる気もすぐに消え去ると思います。

ですので、音読の驚異的な効果をこれから解説しこうと思います。

英語を左から右に読む癖がつく

音読を初めて大体10回ぐらいすると、返り読みの癖がだんだんと消えてきます。

つまり、英語を英語のまま左から右に見向かって読む力がついてきますので、長文の速読力が格段に上昇します。

そして、速読力がつく上に文の前後の文脈把握能力もかなり伸びていますから、長文読解のペースも以前の2〜3倍は上がっているでしょう。

リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング力を同時に鍛える事ができる

また、音読をすることによって、『リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング』といった、4技能の能力を同時に鍛える事ができます。

例えばリスニングだと、『英語を左から右に向かって読む力』が『リスニング力』に直結しています。

ライティング力も、膨大な英文の読書量と比例して伸びていきます。

さらに声に出す(=音読)といった『発信』の作業をする事でスピーキング能力まで伸ばせるという効果まで備わっているわけですね。

まとめ

これを聞いてあなたも音読の魅力に気づくのではないでしょうか?

はっきり言って音読は最強です。

音読をやっていない人はものすごく損をしているなと思います。

これを機にぜひこれから英語を勉強するときは音読に励んであなたの英語力を覚醒させていきましょう!

次回は、前回と同様に英文法の話をしていきます。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

関連記事:こちらの記事も読まれています

【大学生必見】英語スキルで一生安泰?英語・英会話を使った職業21選

関係代名詞と関係副詞の違いって?”which”や”when”などの使い方を徹底解説!

英語初心者の社会人が英会話を極める勉強法は果たしてあるのか?

大学生が英会話を独学で学ぶための右脳式学習法とは?

世界一受けたい授業にも出演したサマー先生の教材、プライムイングリッシュの手法とは?

KiminiBBというスマホ料金並みで受講できる英会話スクールを紹介!

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。