【初心者必見!】短期集中的に英語を独学で突破する勉強法とは?

Pocket


タカツです。

 

最近よく

「最短で英語を攻略する方法を
教えてください!!」

「短期集中で突破する
英語学習の秘訣はなんですか?」

というような質問を頂きます。

 

まあ、誰しもが早く英語を
身につけたいと思いますよね。

 

ですが、結論から言ってしまえば

 

タカツ
短期間で英語を身につける魔法のテクニックは存在しません

 

ということです。

 

もしかしたら僕が知らないところで
魔法のテクニックが存在するかもしれませんが、
今のところ僕はそんな方法は知らないので、

そのような魔法の勉強テクニックを
教えることはできません。

 

最速で英語を身につける
魔法テクを知りたい方は

他の人の記事を
参考にしていただければと思います。

 

ですが、僕は

 

タカツ
短期間で英語は身につかないけど、短期集中的に効率よく英語を勉強する方法はある

 

と思っています。

 

あまりイメージが湧かないと思うので、
具体的な勉強方法を見ていきましょう。

 

なぜ短期集中的に勉強するのが良いのか?

さて、僕は短期間で
英語を習得することは無理だと言いましたが、
実際短期集中的に
英語を勉強することは良いことです。

 

その理由は、

 

*英語は長期戦で考えると
疲れるから視点を変える

*一点集中で勉強した方が
成果が出やすい

 

という点にあります。

 

僕はこの2点を最初から知っていたから、
ある程度効率的に
勉強ができたのだと思います。

 

英語は長期戦で考えると疲れるから視点を変える

 

これは理解してもらいやすいと思いますが、
英語は長期戦で考えると疲れます。

 

といっても長期戦であることは事実なので、
英語を勉強すると決めたからには
長期目線で英語を
勉強しなければいけません。

 

*英文法
*発音
*英単語
*リーディング
*リスニング
*スピーキング
・・・

 

これらを
『3ヶ月以内』のような短期間で
コンプリートすることは経験的に
無理だと分かるはずです。

 

だから英語学習は必然的に
長期的に勉強する必要が出てきます。

 

しかし、長期的に勉強するのは
かなりキツイところがありますよね。

 

そこで視点を変えます。

 

例えば僕は、
1年でTOEICで800点を
突破すると考えた時、

 

発音→2ヶ月
英文法→2ヶ月
リーディング→3ヶ月
ボキャブラリー→3ヶ月
リスニング→1ヶ月

 

のように、要素要素に分けて
短期集中的に勉強をしていました。

 

こんなふうに、
計画的に勉強することで
長期戦を『短期戦のように』
錯覚させて勉強することが秘訣です。

タカツ
短期的な目標を1つずつこなしていけば長期戦でも勝てるようになるよ

一点集中で勉強した方が成果が出やすい

 

そして、英語を要素要素に
カテゴリー分けして短期集中的に勉強すると、
1つのことに1点集中して
勉強することができます。

 

1点集中思考のことを
別名『エッセンシャル思考』というのですが、
エッセンシャル思考に基づいて
物事に取り組むことで、

意識を分散させることなく
効率よくスキルを
吸収させることができる
と言われています。

 

エッセンシャル思考
について深く知りたい方は、
以下の書籍が参考になると思うので、
興味のある方は一度読んで見てください。

 

 

英語独学短期集中戦略

という訳で、

短期集中戦略で
英語を勉強していくためには
『英語』を長期的視点から短期的視点
に切り替えていく必要がある訳です。

 

そのためには

 

*細分化したものを期限を決めて
集中的に勉強する

*他の勉強はできるだけやらずに
英語に集中する

 

という論法で
攻めていく必要があります。

 

細分化したものを期限を決めて集中的に勉強する

 

まず何と言っても、
期限を決めることです。

 

英語を『発音』『英単語』
『英文法』『リーディング』・・・
のように細分化したのはいいのですが、

これに期限を決めなければ
結局は長期的にダラダラ
勉強してしまうことになります。

 

これは『締め切り効果』という
焦りの心理効果が期限を決めることで
湧き上がるからです。

 

「3月中には終わらせる」

「とにかく1ヶ月以内に突破する」

 

という何かしらの期限や条件を決めないと、
どれだけ細分化したところで
「いつまで終わらせれば良いのか?」
ということが分からないので、

長期戦になってしまうでしょう。

 

タカツ
期限を決めて勉強することは基本中の基本と言っても過言ではない

 

他の勉強はできるだけやらずに英語に集中する

 

これは先ほど話した
『エッセンシャル思考』と一緒ですね。

 

『英語』の以外の勉強は基本的には
必要最低限に抑えた方が得策です。

 

受験生で
「他の勉強もしなければならない」
という場合は仕方ないにしても、

大学生や社会人のように、受験生並みに
追い込まれた状態でない場合であれば、

 

趣味や何かしらの活動は
必要最低限にとどめて、

できるだけ『仕事』か『英語』の
2択に絞って勉強していく方が、

無駄な意識を分散させずにすむので
結果が出やすいです。

 

英語学習を短期集中で攻略するシミュレーション

最後に僕の英語学習短期集中シミュレーション
を書いてみようと思います。

 

僕の英語学習は
主に3段階に分かれるのですが、

 

❶発音、リスニング
❷英語脳
❸英会話

 

という3段階で勉強していきます。

 

そしてこれをさらに細分化します。

 

タカツ
1つ1つ見ていこう!

 

発音、リスニング

 

例えば発音の場合は、

*発音記号、
*単語の発音、
*センテンスのリスニング

などに分かれるので、
これらの学習の目標と
期限の設定をする感じですね。

 

そうすると、

*発音記号→1週間
*単語の発音→2週間
*センテンスのリスニング→1週間

の合計4週間で勉強していくと思います。

 

英語脳

 

次に英語脳なのですが、
こちらも期限を設定していきます。

 

英語脳に関しては
『イマージョン教育』
の方法を僕は採用しているので、
(詳しくはメルマガを参照)

*幼児レベルのリーディング→1週間
*小学校低学年レベルのリーディング→1週間
*小学校中学年レベルのリーディング→1週間
*小学校高学年レベルのリーディング→1週間
*中学生レベルのリーディング→1週間
*高校生レベルのリーディング→1週間
*大学生レベルのリーディング→1週間
・・・

 

のように、
幼児から大人の過程を経る感じで
期限を決めて勉強していきます。

 

英会話

 

そして最後に英会話なのですが、これは

 

*英語で物事を考える発想法→1ヶ月
*アプリで英会話学習→1ヶ月
*オンライン英会話→3ヶ月

 

という感じで
勉強していくと思います。

 

まあオンライン英会話は
おまけみたいな感じですが、
それら以外は独学でも英語を学べるので
一度参考にしてみてください。

 

もちろん
大まかなシミュレーションを書いたので、
本格的に考えるなら
もっと細分化していきます。

 

「こんな感じで計画を立てればいいんだな」
と思っていただければ十分です。

 

まとめ:英語を短期集中的に伸ばしたいのなら細分化と逆算思考で攻めよう!

というわけで今回は
英語学習を長期戦から短期戦に移るための
スキームを紹介しました。

 

ポイントは

 

ポイント

・英語を細分化し、
1つ1つの要素に分け

・それぞれ期限を決めて
逆算思考で最終目標まで目指す

 

ということです。

 

この2点を頭に入れて、
短期集中戦の計画を練れば

簡単に短期間で英語学習を進められる
スキームが出来上がります。

 

ちょっとでも
「英語学習を続けるのがしんどいな」
と思った方は、

是非一度僕が言ったことを試してみてください。

 

驚くほどスムーズに
英語学習が捗るはずです。

 

それでは今回の
話はそんな感じになります。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)