TOEICが義務化される会社の基準とは?対策方法をご紹介!

Pocket

こんにちは!ライターのKUMA1です。

私はアメリカで高校と大学を卒業しました。

英語を勉強している方の中で、TOEICを勉強している方は大勢いらっしゃるでしょう。

その中で会社でTOEICが義務化されているケースもあるでしょう。

いきなりTOEICが義務化され、あわてて勉強しているけどスコアがあがらず困っている方もいらっしゃると思います。

ここではTOEICの対策方法をご紹介していきます。

TOEICが義務化される会社の基準とは?

ここ10年ほどでビジネスのグローバル化が進んでいます。

海外マーケットに進出する企業が増え、海外取引をすることにより契約書やメールのやり取りなど英語が必要になるケースが増えています。

そのため突然英語が必要になり、てんやわんやしているビジネスマンも多く見受けられます。

世界中でビジネス力を測る物差しといえばTOEICであり、TOEICが義務化されるケースが増えています。

中には採用条件に加える企業も増えているのです。

TOEICを義務化している企業の多くは、英語での電話や書類作成、また海外出張を基準に考えておりTOEIC700点~750点のスコアを求めています。

TOEIC義務化対策とは

以上のようにTOEICの義務化が進んでいるのですが、対策としては勉強するしかありません

転職を考える方もいらっしゃるでしょうが、せっかくここまで頑張ってきたのにそれだけで辞めてしまうのはもったいないです。

しかも転職した会社もTOEICを導入することも十分考えられます。

逆にTOEICで高得点を取得したら認めてもらえる時代なのです。前向きに頑張っていきましょう。

中学英語から見直す

そうはいっても、「英語は学生の時以来勉強していない」「何から勉強していいのかわからない」といった方は中学校の教科書を見直してみましょう

もし教科書が残っていない場合は中学生向けのわかりやすい問題集を購入してください。

私も10年留学生活をしていましたが、いまだに中学生向けの問題集を見直すことがあります。

中学生向けの問題集はわかりやすく、英語の基礎になることを多く学ぶためです。

ビジネス英語は特殊なことも多いのですが、まずは基礎がしっかりとしていないと何も始りません。

まずは中学生で習う単語をしっかりと覚え、問題集を解けるようになるところから始めましょう

TOEICの単語帳を勉強する

中学英語の内容は問題ないという方は、TOEICの単語帳を購入するところから始めましょう。

文法でも長文でもリスニングでも単語力が前提となるためです。

また単語帳だけでなく、よくTOEICで出題されるフレーズを集めた本があるのですがこの本もおすすめです。

<おすすめのTOEIC単語帳>

TOEICテストスーパー英単語

<おすすめのTOEICフレーズ集>

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEICは950点取得していますが、いまだに勉強になります。

世界情勢のニュースを知る

TOEFLが学生向きであることに対して、TOEICは社会人向けです。

実際に世界で起こっていることがよく問題に出るので、世界情勢に詳しいと極端な話文章を読まなくても問題を解けることもあります。

いずれにしてもTOEICを義務化するということは、世界情勢に詳しくならないといけないということもであるので勉強しておいて損はないです。

サテライトニュースなどを見るようにしましょう。

特におすすめはCNNニュースです。

実際にこのニュースで見た内容を、TOEICの問題で何度も見かけています。

TOEICの問題集を解く

いよいよTOEICの過去問を解いていきましょう。

普段英語を勉強していない人が、いきなりTOEICの問題集を購入するのは私はおすすめしていません

いきなり勉強するにはTOEICはハードルが高いです。

しかししっかりと順を追って勉強していけば、点数をあげることはできます

逆にいえば、10年留学してきた私でも勉強をしなくなれば英語力は落ちます。

英語はいかに勉強を続けているか、また勉強方法が正しいかが大切になると思っています。

まとめ

企業もグローバル化が進み、海外進出や海外の企業とのやりとりが増えることからTOEICを義務化することが増えるでしょう。

しかし焦るのではなく、中学英語から見直しをしてください。

それからTOEICの問題集を解いていけば、点数をあげることはできます。


関連記事

ITエンジニアのTOEIC平均スコアとエンジニアに求められる英語力とは?

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)