ITエンジニアのTOEIC平均スコアとエンジニアに求められる英語力とは?

Pocket

こんにちは!ライターのKUMA1です。

私はアメリカで高校と大学を卒業しました。

また私は今、ITエンジニアをしながら英語を教えています。

ITエンジニアは英語が必要なイメージないですか?

確かにIT関連の業務において英単語を使うことが多いです。

プログラミングをするのでも、英語は必要になります。

そこでこの記事では、ITエンジニアになるのにどのくらいの英語力を求められるのかをご紹介していきます。

ITエンジニアに求められる英語力

日本で仕事をする以上は、英語力は必要ありません。

しかし最新技術の情報はまず英語で発表になります

このことから英語力があったほうが有利になることがあります

しかし英語力が必要かどうかは、企業で務めているかどうかによっても変わってきます。

企業に勤めている場合

まず企業に勤めている場合ですが、どこの企業に勤めているかによっても変わってきます。

基本的に発信された新しい情報は企業が日本語に訳してくれることが多いでしょう。

しかし直接英語でやり取りをすることを求める企業も増えています。

ITエンジニアは海外から案件をいただくこともあり、ITエンジニアが直接現地の方と話し合いをするケースも今後は増えていくことでしょう

いずれの場合でも今後ITエンジニアに英語力を求められることは増えるでしょう。

英語力があったほうが活躍の場が広がります。

独立している場合

独立をしている場合は、取引をするのも最新の情報などを確認するのもすべて自分で行う必要があります。

ITエンジニアは日本だけでなく海外とのやり取りも多いため、英語ができないと活躍の場がかぎられてしまうのです

例えば企業から依頼をいただいたとき、取引先と直接話をしてくださいということもあります。

この取引先が海外であった場合英語ができないと、ビジネスチャンスが少なくなってしまいます

今海外とやり取りをしていない企業でも、今後のことを考え同じスキルなら英語力のあるエンジニアと契約する可能性もあるのです。

英語力をつけるメリット

つまりITエンジニアが英語力を付けることにより、英語の資料を読むことができ、海外のクライアントとのやりとりができるようになります

つまり待遇がよくなるなど、チャンスが増えるのです。

実際に今私のクライアントでも、英語力を求めているケースもあります。

また常に最新技術をしっておかないといけない業界なのですが、ほぼ英語で発信されます。

つまり英語を理解できないと、英語ができる同業者に出遅れてしまうのです。

IT関連の企業は楽天などをはじめ、社内公用語が英語になっているケースも多いです。

書類なども英語で交わすケースも多いです。

つまりIT関連の企業と取引をする際に、英語力は最低限に求められる条件になることもあるのです。

ITエンジニアに求められるTOEICの点数

ITエンジニアに英語力が必要になることはわかったのですが、TOEICでいえばどのくらいの点数が必要なのでしょうか。

例えば外資系企業に就職、転職を目指している場合はすぐに一人で英語を使って取引をするレベルを求められることが多いです。

つまりTOEICは860点レベルが必要だと考えてください。

日系企業でも社内の公用語が英語のような企業であれば、同じくらいのレベルを求めらることがあります。

少なくても730点はないと履歴書に書くのも難しいでしょう。

現実には転職の場合は、前職の経験を最もみられるのでTOEICの点数は補助位の扱いになるとは思いますが、それでもないよりあったほうがいいです。

独立している場合は、TOEIC860点あれば、海外とのやり取りをしている企業もしくは海外の企業と取引ができる可能性がでてきます。

まとめ

ITエンジニアの業務内容自体に英語が必要ということはありません。

しかしIT業界の新しい情報は英語で発表されることが多いです。

また海外の企業とやり取りをしているケースが多く、エンジニアに英語での書類を交わしたり、打ち合わせをするスキルが求められるケースが今後は増えていくでしょう。

そもそも企業はグローバル化し公用語が英語になる企業が増えており、IT企業はその中でもグローバル化が進んでいるといわれます

ITエンジニアを目指すのであれば、英語力をつけておくことをおすすめします。

TOEICであれば860点以上を目指しましょう。

そうすればビジネスチャンスは広がっていきます。

関連記事

TOEICが義務化される会社とは?対策方法をご紹介!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)