分詞構文の『作り方』手順と、『書き換え』について分かりやすく解説してみた!

Pocket

スポンサードリンク

 

英文法を勉強するときは、SVOC構文を使って具体的な構造を解釈し、英文を訳しながら勉強するのが基本でした。

 

しかし、今回ご紹介する『分詞構文』の章では、文章の基本構造を単に理解するだけでなく、実際に自分で英文を組み立てていく能力が要請されます。

 

なので今回は、分詞構文の基本構造と具体的な作り方に関して喋っていこうと思います。

 

この章はコツさえ掴んでいいただければどうってことないので、最後まで諦めずに頑張っていきましょう!

 

分詞構文とは?

 

分詞構文は、基本的には文の繋ぎ目の役割をする構文だと思ってくれればいいです。

 

文と文を繋ぐ役割をする接続詞(when,as,and,after,if,since…)を省略して、代わりに分詞構文を使って文を繋ぐことができます。

 

その時に必要な作業は合計で7つほどありますので、今回は例文などを通してこの7つの作業を完璧にできるようにしましょう。

 

それでは始めていきたいと思います。

 

分詞構文の作り方手順

 

分詞構文の作り方は以下のようになります。

 

まずは箇条書きで1個1個ノートに書いていってください。

 

①接続詞を省略

②主語を省略

②’主節の主語が違う場合は、主語を省略しない

③動詞を進行形『…ing形』にする

④否定語は分詞の前に置く

⑤基本的に”being”/”having been”は省略

⑤’主語を省略しない時は、一般的に”being”も省略しない

 

どうでしょうか。

 

最初は覚えるのが大変かもしれませんが、この7つの作業をできるようになれば分詞構文の章はほぼクリアですので、例文と一緒に1つ1つ確認していきましょう。

 

分詞構文の書き換え

 

分詞構文を理解しやすくするために以下の5つのパートに分けて問題構成してみました。

 

上の手順の通りに説明していきますので、先ほどノートにまとめた手順を参考にしながら確認してみてください。

 

主語が同じ場合

 

まずは主語が同じ場合の分詞構文の作り方を示します。

 

When I walked in the street,I was very tired.

(街を歩いていると、私は疲れてしまった。)

 

Walking in the street, I was very tired.

 

上の例を見てみると、もともとの文が“When I walked in the street”という形になっていました。

 

ここから分詞構文を作るためには、上の説明で示したうち、

 

①接続詞”When”を省略

②主語”I”を省略(主節と一致しているから)

③動詞”walked”を『…ing形』にする

 

という手順を踏むことになります。

 

すると、この3ステップで”When”以下の文章は、

 

When   I    walked   in the street

 

→ Walking in the street

 

となって、“Walking in the street”が完成します。

 

『主語が違う』+『受動態』の場合

 

続いて、主節と主語が違ってかつ受動態の文章の説明です。

 

Since his work had been done, he called his girlfriend.

(仕事が終わったので、彼はガールフレンドに電話した。)

 

His work done, he called his girlfriend.

スポンサードリンク

 

こちらもできれば手順通りに作っていきたいところなんですが、

 

上段の文章だと、副詞節の主語”his work”が主節の主語と異なっているため、ここでは②’を採用しなければいけません。

 

ですので、

 

①接続詞”Since”を省略

②’主節の主語と一致しないので主語”his work”は省略しない

③動詞”had been”を『…ing形』にする

 

という手順を踏むことになります。

 

つまり、

 

Since  his work  had been  done

 

→ his work having been done

 

という形にして、主語は残さなければいけません。

 

さらにこの時、

 

⑤で基本的に”having been”は省略』というルールがありますので、

 

“having been”も省略してあげましょう。

 

するとHis work done”という文章ができあがり、正しい分詞構文が完成しました。

 

『否定語』+『主節より以前の話』の場合

 

次は否定語が入る場合の分詞構文についての説明です。

 

As I had not seen her for years,I didn’t recognize her.

(彼女に何年も会っていなかったので、彼女が誰だか分からなかった。)

 

Not having seen her for years, I didn’t recognize her.

 

こちらの例文では、分詞構文の前の文が“As I had not seen her for years”という形なので、

 

ここから分詞構文を作るためには、以下の手順を踏みます。

 

①接続詞”As”を省略

②主語”I”を省略(主節と一致しているから)

③動詞”had”を『…ing形』にする

 

この3段階で、

 

As I had not seen her

  

 having  not seen her

 

となって、“having not seen her for years,…”という形になりますが、

 

否定語は分詞の前に置くというルールがありますので、この文章から否定語”not”を前に出してやれば、

 

“Not having seen her for years”となって、正しい分詞構文が出来上がります。

 

分詞構文の訳し方について

 

分詞構文を厳密に分類すると、「時」「条件」「理由」「付帯状況」・・・といった具合に色々と出現してきます。

 

しかし分詞構文の訳し方に関しては、最初はできればあまり深く考えないようにした方が良いでしょう。

 

というのも、「時」や「条件」などに関して深く考えれば考えるほど、分詞構文はかえって分かりにくくなりがちです。

 

分詞構文の特徴はむしろ、「時」・「条件」などの厳密さを避けて、前後の文脈から相手に判断させる点にあります。

 

なので、分詞構文を訳すための能力を養うには、文法の勉強よりも長文読解の勉強の方がはるかに効率的だということを覚えておいてください。

 

まとめ

 

今回は、分詞構文の特徴から、基本的な作り方・訳し方の話についてまで説明してきました。

 

特にポイントとなったのが、最初に記した7つの手順です。

 

この手順さえしっかり守っていけば分詞構文の問題はすぐにコツをつかめると思うので、何度も何度も手順を見返しながら復習していってくださいね。

 

それでは今日の話は以上です!

 

スポンサードリンク