付帯状況“with+O+C”の訳し方。Cには不定詞がつかないことに注意!

Pocket




こんにちは、英語研究家のKeiです。

今回は『付帯状況“with+O+C”』について詳しく話していこうと思います。

付帯状況は分詞構文のカテゴリーに分けられるのですが、

一般の分詞構文とやや特徴が違います。

なのでまずは、「付帯状況とは何か?」という核心部分から迫っていき、

そのあとで付帯状況の具体的な訳し方や使い方について話していきたいと思います。

それでは行きましょう!

付帯状況“with+O+C”の特徴

先ほど、付帯状況は分詞構文のカテゴリーに分けられるといいました。

そして、分詞構文には分詞構文の前後の文に出来事Aと出来事Bが存在していたことを思い出してみると、

付帯状況にも出来事A出来事Bの2種類の状況が存在するということが分かります。

このとき、付帯状況を用いて出来事Aと出来事Bを説明すると、

出来事A  with  出来事B .

という関係が成り立つということをしっかりと頭に入れておきましょう。

上の関係を見ればわかる通り、付帯状況とは、

主になる出来事Aと同時に出来事Bが進行している時に、その出来事Bについて発言する用法

なのです。

この関係を知っておくと、読解の場面で非常に役立ちますので是非とも知っておきましょう。

with以下は『付け足し』のニュアンスで使われる

付帯状況withの前後に

出来事A  with  出来事B .

という関係があることが理解できたとして、

次に重要になってくるポイントが、

出来事A『動的イメージ』を持ち、

出来事B『静的イメージ』を持つということです。

例えば、

She said her prayers with her eyes closed.
(目を閉じたまま、彼女は祈りをささげた。)

という文章は、

“She said her prayers”「彼女はいの祈りを捧げた」という動的な出来事Aに対し、

“with her eyes closed”「目を閉じた状態で」というような静的な出来事Bの2つの要素に分けらます。

つまり、出来事Aは英文中の主となる動作を表すのに対し、出来事Bは出来事Aの動作に対して何か付け足しているというニュアンスがあるのです。

従って、出来事Bを日本語に訳すときは、

「付け加えると…」

「ついでながら…」

「ちなみに…」

という『付け足し』『追加』を表す要素が含まれているということに注意してください。

出来事Aと出来事Bとでは主語が違う

付帯状況を作文で自分で作り出すときなどに絶対に押さえておかなければいけない大事なルールがあります。

それは、

“with+O+C”が使えるのは、出来事Aと出来事Bの主語が違う場合だけだということです。

先ほどの例文を見ていただければわかる通り、

出来事Aに対しての主語は“She「彼女」”に対して、

出来事Bに対する主語は“her eyes「彼女の目」”になっていて

出来事Aと出来事Bで主語が違いますね。

つまり、出来事Aと出来事Bの主語が必ず違うわけだから、

出来事Bの主語(“with+O+C”のOの部分)が省略されることは決してありえないのです。

なので、付帯状況で英作を作る時は、「with以下の文章が「…しながら」という部分だから”with…ing”でOK」と安易に判断しないようにしましょう。

Cを分詞にするとき不定詞は使用不可→”…ing形”または”…ed形”

付帯状況の勉強をする時に問題となってくるのが、”with+O+C”のCを分詞にする時に、

『現在分詞”…ing形”』にするか『過去分詞”…ed”』にするかの選択ですよね。

しかし、考え方はSVOC構文と全く同じです。

つまり、OとCの関係を考えて、

「OがCしている」なら、
→Cは現在分詞“…ing形”となり、

「OがCされている」なら、
→Cは過去分詞“…ed形”となります。

また、Cがto不定詞になる用法はないので注意が必要です。

ここがSVOC構文と付帯状況との決定的な違いなので、覚えておいてくださいね。




付帯状況の訳し方

先ほどの説明を読んでいただければもうお分かりだと思いますが、

付帯状況“with+ O+C”のOとCの関係は、SVOC構文のOとCの関係と同じように考えればいいわけで、

OとCの間には「主語→述語」の関係を表現する機能があります。

付帯状況のOとCの関係について具体的に分割してみると、、、

付帯状況のOとCの関係

同時進行:「OがCである状態で」

結果:「そしてOはCになった」

理由:「OがCなのだから」

条件:「OがCであるならば」

譲歩:「OがCであるとしても」

このように5つの用法に分けられます。

例えば、1つ目の『同時進行』の表現を例にすると、

Ken was often lost in thought with his arms folded

(ケンは腕を組んで考え事に我を忘れていることがよくあった。)

となって、withの後ろの部分が

with  his arms  folded

    (主)  (術)

という関係を持ち、「腕が組まれた状態で」という意味になります。

このとき「腕が組まれていた」は「OがCされている」という受身の関係を表しているので述語Cは過去分詞を使うのが適切です。

よく出題される付帯状況の問題

それでは、付帯状況がどんなものか一通り理解できたと思うので、軽く問題を解いていくことにしましょう。

問題

問題:(  )に当てはまるものを①〜④の中から1つ選べ

With  half of the work still (  ), he grew desperate for more time.

①unfinish

②unfinished

③finishing

④finished

解説:

この英文は、”with+O+C”の形が『理由』の用法として用いられており、

「仕事の半分がまだ終えていなかった」

「OがCされていなかった」

という受身の訳になるので、過去分詞を選ぶのが正解です。

ここで、答えの候補としては

②unfinished、④finishedの2つに絞られます。

②unfinishedなら「終えられていなかった」

④finishedなら「終えられていた」

という訳になるのですが、副詞still「いまだに…」と意味上合致するのは”unfinished”なので②が正解です。

また、”desperate”は「絶望的な」「絶体絶命の」という意味から、「命がけの」「欲しくてたまらない」に発展して使われています。

答え:

訳:「仕事の半分がまだ片付けられていない状態で、彼はどうしてももっと時間が欲しくなった」

まとめ

今回は、“付帯状況with+O+C”の特徴と使い方についてご紹介いたしました。

付帯状況はSVOC構文と似ているところがありますが、

付帯状況のwithの前後に出来事Aと出来事Bが存在する

出来事Aと出来事Bにはそれぞれ違った主語が存在する

“with+O+C”のCの部分にto不定詞は使用できない

という点にはくれぐれも気をつけてください。

この3点さえ押さえていただければ付帯状況はそんなに難しくないです。

あとは勉強量に比例して実力が伸びていきますので、実践の経験値を上げていけば完璧です!

それでは今回のお話はこれくらいにしようと思います。

次回は動名詞の意味上の主語について詳しく解説していきますので次回も参考にしてみてくださいね。

最後まで読んで頂き有難うございました。

関連記事:こちらの記事も読まれています

SVOC構文の訳し方と問題を解く最大の見分け方のポイントはこれだ!

使役動詞let/make/haveの違いと使い分け。攻略の鍵は強制力の強さの理解

英語の音読のやり方を紹介!その脅威的な効果とは!?

英語初心者の社会人が英会話を極める勉強法は果たしてあるのか?

大学生が英会話を独学で学ぶための右脳式学習法とは?

発音改善を重視したプライムイングリッシュの評判や価格を徹底解説!

KiminiBBというスマホ料金並みで受講できる英会話スクールを紹介!



ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。