分詞構文の『作り方』手順と、『書き換え』について分かりやすく解説してみた!

Pocket

⚠️注意⚠️

※このブログでは、閲覧者の悩みを優先的に解決するために英文法を日本語で解説していますが、英語を日本語で学ぶことは推奨していません。

詳しくはこちらで解説していますが、ご理解の方よろしくお願い致します。

英文法を勉強するときは、
SVOC構文を使って
具体的な構造を解釈し、
英文を訳しながら勉強するのが基本です。

 

しかし、今回ご紹介する
『分詞構文』の章では、
文章の基本構造を
単に理解するだけでなく、

 

実際に自分で英文を
組み立てていく能力が要請されます。

 

なので今回は、
分詞構文の基本構造と
具体的な作り方に関して
喋っていこうと思います。

 

この章はコツさえ掴んで頂ければ
どうってことないので、
最後まで諦めずに
頑張っていきましょう。

分詞構文とは?

 

分詞構文は、基本的には
文の繋ぎ目の役割をする構文
だと思ってくれればいいです。

 

文と文を繋ぐ役割をする
接続詞(when,as,and,after,if,since…)
を省略して、代わりに分詞構文を使って
文を繋ぐことができます。

 

その時に必要な作業は
合計で7つほどありますので、

今回は例文などを通して
この7つの作業を
完璧にできるようにしましょう。

 

それでは始めていきたいと思います。

 

分詞構文の作り方手順

分詞構文の作り方は
以下のようになります。

 

まずは箇条書きで1個1個ノートに
書いていってください。

 

分詞構文の作り方手順

①接続詞を省略

②主語を省略

②’主節の主語が違う場合は、
主語を省略しない

③動詞を進行形『…ing形』にする

④否定語は分詞の前に置く

⑤基本的に
“being”/”having been”は省略

⑤’主語を省略しない時は、
一般的に”being”も省略しない

どうでしょうか。

 

最初は覚えるのが
大変かもしれませんが、

 

この7つの作業をできるようになれば
分詞構文の章はほぼクリアですので、
例文と一緒に
1つ1つ確認していきましょう。

 

分詞構文の書き換え

 

分詞構文を理解しやすくするために
以下の5つのパートに分けて
問題構成してみました。

 

上の手順の通りに説明していきますので
先ほどノートにまとめた手順を
参考にしながら
確認してみてください。

 

主語が同じ場合

 

まずは主語が同じ場合の
分詞構文の作り方を示します。

 

When I walked in the street,I was very tired.

(街を歩いていると、私は疲れてしまった。)

 

Walking in the street, I was very tired.

上の例を見てみると、
もともとの文が
“When I walked in the street”
という形になっていました。

ここから分詞構文を作るためには、
上の説明で示したうち、

 

①接続詞”When”を省略

②主語”I”を省略(主節と一致しているから)

③動詞”walked”を『…ing形』にする

 

という手順を踏むことになります。

 

すると、この3ステップで
“When”以下の文章は、

 

When   I    walked   in the street

→ Walking in the street

 

となって、
“Walking in the street”
が完成します。

 

『主語が違う』+『受動態』の場合

続いて、主節と主語が違って
かつ受動態の文章の説明です。

 

Since his work had been done, he called his girlfriend.
(仕事が終わったので、彼はガールフレンドに電話した。)

His work done, he called his girlfriend.

 

こちらもできれば手順通りに
作っていきたいところなんですが、

 

上段の文章だと、

 

副詞節の主語”his work”が
主節の主語と異なっているため、

 

ここでは②’
採用しなければいけません。

 

ですので、

①接続詞”Since”を省略

②’主節の主語と一致しないので主語”his work”は省略しない

③動詞”had been”を『…ing形』にする

という手順を踏むことになります。

 

つまり、

 

Since  his work  had been  done

→ his work having been done

 

という形にして、
主語は残さなければいけません。

 

さらにこの時、

 

⑤で
『基本的に”having been”は省略』
というルールがありますので、

 

“having been”
も省略してあげましょう。

 

するとHis work done”
という文章ができあがり、
正しい分詞構文が完成しました。

 

『否定語』+『主節より以前の話』の場合

次は否定語が入る場合の
分詞構文についての説明です。

 

As I had not seen her for years,I didn’t recognize her.

(彼女に何年も会っていなかったので、彼女が誰だか分からなかった。)

 

Not having seen her for years, I didn’t recognize her.

こちらの例文では、
分詞構文の前の文が
“As I had not seen her for years”
という形なので、

 

ここから分詞構文を作るためには、
以下の手順を踏みます。

 

①接続詞”As”を省略

②主語”I”を省略
(主節と一致しているから)

③動詞”had”を『…ing形』にする

 

この3段階で、

 

As I had not seen her

 having  not seen her

 

となって、
“having not seen her for years,…”
という形になりますが、

 

で否定語は分詞の前に置く
というルールがありますので、
この文章から
否定語”not”を前に出してやれば、

 

“Not having seen her for years”

 

となって、
正しい分詞構文が出来上がります。

 

分詞構文の訳し方について

分詞構文を厳密に分類すると、
「時」「条件」
「理由」「付帯状況」・・・
といった具合に色々と出現してきます。

 

しかし分詞構文の訳し方に関しては、
最初はできればあまり深く
考えないようにした方が良いでしょう。

 

というのも、
「時」や「条件」などに関して
深く考えれば考えるほど、

 

分詞構文はかえって
分かりにくくなりがちです。

 

分詞構文の特徴はむしろ、
「時」・「条件」などの厳密さを避けて
前後の文脈から
相手に判断させる点にあります。

 

なので、
分詞構文を訳すための能力を養うには、
文法の勉強よりも

 

長文読解の勉強の方が
はるかに効率的

 

だということを
覚えておいてください。

まとめ

 

今回は、分詞構文の特徴から、
基本的な作り方・訳し方
の話についてまで説明してきました。

 

特にポイントとなったのが、
最初に記した7つの手順です。

 

この手順さえしっかり守っていけば
分詞構文の問題は
すぐにコツをつかめると思うので、

 

何度も何度も手順を見返しながら
復習していってくださいね。

 

次回は独立分詞構文の
慣用表現について解説していきます。

 

 

それでは今日の話は以上です!

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中