自動詞と他動詞の違い/これらは覚えるしかないのか?

Pocket

英語を毎日研究しまくっているタカツです。

今回は英語を勉強している人は少なくとも一度は聞いたことあると思う「自動詞」と「他動詞」についての話をしていこうと思います。

特に「自動詞」「他動詞」でよくある質問が、

・自動詞と他動詞って、簡単に見極める方法とかないの?

・結局覚えるしかないの?

というような部分ですが、

僕はというと、

自動詞と他動詞はパターンに種類がたくさんあるから結果的に覚える方が早いよ

って思っています。

ですが、自動詞と他動詞には明確な特徴の違いが存在しますので、それを意識するかしないかで記憶のスピードは全然違ってきます。

なのでこの記事を読んで少しでも

・自動詞と他動詞の違いが良くわかった

・勉強方法も的確で覚えやすい

と思っていただけたら嬉しいです。



自動詞と他動詞の重要な違い

まずは自動詞と他動詞の概念の違いをここではっきりとさせておきましょう。

それを知ってるだけでも記憶するスピードはかなり差が出てくると思っています。

自動詞と他動詞の違い

自動詞:動詞の後ろに目的語がつかず、その動詞で終わっているか動詞の後ろに前置詞がつく

他動詞:動詞の後ろに目的語がつき、直後に前置詞がつくことはない

簡単に言っちゃうとこんな感じになるんですが、もっと具体的に説明していくと、

自動詞は「誰に」「何を」という目的語がつかない動詞で、「走る」「生きる」「眠る」などは目的語が不要なので自動詞になります。

それに対し、

「食べる」「愛する」「与える」などは「何を」食べ、「誰を」愛し、「何を」与えるのかという目的語がついているため他動詞になります。

なので自動詞と他動詞を考えるときは、

「誰に」「何を」という目的語があるはず
他動詞

別に動詞の目的語に人も物も関係していない
自動詞

と覚えておけば、大まかですがなんとか見分けはつきますね。

自動詞と他動詞はどうやって覚える??

しかし自動詞と他動詞の見分けはついても、“put on”“put off”“put up with”のように同じ自動詞でも多様な種類があります。

さらにいうと、自動詞と他動詞のどちらにもなる動詞も存在するので、

「完璧に見極める方法は?」と聞かれても難しいです。

ですので、小手先のテクニックを使うよりかは自動詞と他動詞を一気に暗記していくべきだと思います。

受験生や大学生には語学の勉強に割く時間は限られていますが、そっちの方が早く効率的に勉強が捗ると思います。

また、語学は理論で勉強するのではなくて筋トレみたいに体に染み込ませて勉強して行く方が英語体質に変わりやすいです。

具体的な方法としては

・単語帳や熟語帳を利用する

というのが効率の良い勉強法だと思います。

その理由は、単語帳や熟語帳には『大学入試』や『TOEIC』の対策として専門家たちが何年もの過去問のデータを参考にしながら頻出度の高い単語を揃えているからです。

単語や熟語の具体的な勉強方法は別の記事でも紹介しているので詳しくはそちらを参照にしてみてください。

例えば、ターゲット1900という単語帳を使うなら『TG』という英熟語が載ってますから、

それを重点的に覚えていけば効率よく自動詞と他動詞を記憶することができます。

ターゲット以外でも、自動詞と他動詞の違いがはっきりした単語帳であれば問題ないです。

良く出題される自動詞と他動詞一覧表

「自動詞と他動詞の違いはよく分かったけど具体的にどんなのがあるの?」

っていう人のためによく試験に出題される自動詞と他動詞をまとめておきました。

自動詞

まずは自動詞です

自動詞の例

attend to「…の世話をする」

enter into「…を開始する」

leave for「…に向けて出発する」

arrive at「…に到着する」

apologize to「…に謝る」




他動詞

次に他動詞も見ていきましょう。

他動詞の例

attend「…に出席する」

enter「…の中に入る」

discuss「…について議論する」

leave「…を出発する」

mention「…について述べる」

reach「…に到着する」

approach「…に近づく」

resemble「…に似ている」

marry「…と結婚する」

accompany「…と一緒に行く」

answer「…に答える」

obey「…に従う」

特に他動詞の”accompany” “approach” “discuss” “marry” “obey” “resemble” “reach” “leave”に関しては、

→accompany with

→approach to

→discuss about

→marry with

→obey to

→resemble to

→reach to

→leave from

のように自動詞にしてしまいがちです。

これらの動詞の直後に前置詞をつけてしまうと間違いになってしまうので、注意しておいてください。

正解は緑の枠で囲ったような形になります!

まとめ

今回お話した内容は、もしかしたら刺さらない人もいるかもしれません。

理論的に覚えて行くか感覚的に覚えて行くかはあなたの好み次第ですが、結局は「覚えるしかない!」というのが自動詞と他動詞の分野なんですね、、。

僕は、

・単語帳でひたすら覚えて行く!

・多読、多聴でなんども英語に触れて体に染み込ませる

といった、いかにも体育会系的な手法がいいと思っています。

なんども言いますが、英語は感覚として鍛えていかなければなかなか上達するのが難しい科目なんです。

なのでここはどんどん英語に触れて少しずつでいいから英語に慣れていってほしいです!

そのための勉強法などはこのブログで色々紹介していますので、今日のある方はぜひ参考にして見てください!

それでは今回のお話は以上です!

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中