【受験生必見!】英単語ノートのまとめ方に意味はない!英単語の最強の覚え方とは?

Pocket

英語の為になる情報を毎回提供しています。タカツです!

最近は学校の先生だけでなく、世間のいろんな有名人の人たちが英語の大切さについて語っていますね。

なので、それに応じて英語学習者も日に日に増えていっている気がします。

しかし、いざ英語を勉強し始めてみても、なかなか実力が伸びなくて何度も挫折しそうになりますよね。

特に英語で一番厄介なのが、

英単語のボリュームの多さ

英単語の覚えにくさ

英単語の勉強の退屈さ

だと思います。

僕が高校生の高校生の頃は、「ターゲット1400」という英単語帳を学校側から買わされて、それをひたすら勉強していた記憶があります。

ですが、いざターゲットを開いてみるとあまりのボリュームの多さに驚愕!

「受験まで本当に間に合うのか?」って感じでした。

(結果、間に合いませんでした、、、笑)

そこで今回は、主にこれから入試を迎える受験生に向けて、「どうやれば効率よく英単語を習得できるか?」という話を僕の失敗談も含めて解説していこうと思います!

覚え方さえ間違っていなければ英単語は最速最短で記憶できますので、まずは英単語の勉強方法を見つめ直していきましょう!



完璧主義者ほど英単語に挫折する理由

まず、英単語に挫折する人の多くは「異常なほどの完璧主義」が原因だと思っています。

具体例を示すと、

・英単語帳に載っている全ての単語(派生語、対義語など)を覚えようとする

・英単語ノートを作成して片っ端からまとめていく

といった感じです。

1つ1つ見ていきましょう。

単語帳の派生語、対義語を覚えることについて

英単語帳には、太字の重要単語以外にも、派生語・対義語・類義語などの単語も記載されていることが多いです。

そして事実、派生語や対義語などは覚えて損することはないです。

なぜかというと、英単語帳に載っている単語は全て、過去に出題された頻度の高い、データに基づいて専門家が冷静に分析したものだからです。

なので、派生語や対義語は覚えて入ればその分有利になります。

ですが、受験生には時間がありません!

高3の4月から受験勉強を始めても、入試までたったの10ヶ月程度しかありません。

そんな中、受験生が太字の重要単語以外にも手を出してしまうと、いつまでたっても単語帳は最後のページまでたどりつかずに途中で諦めてしまうのがオチです。

なのでまずは太字の英単語だけに集中して、余裕があれば派生語や対義語にも手を出していくという流れがいいと思います。

正直、太字の英単語だけでもある程度の難関大学には十分対応できます。

ですので、

「とにかく英語は完璧にやらなければ意味がない」

と言って、何でもかんでも完璧にこなそうとするのは控えておきましょう。

英単語ノートを作って片っ端からまとめることについて

英単語ノートを作って片っ端からまとめていくというのは受験生によくある手法だと思います。

僕も単語帳で覚えられなかった単語は大学ノートにひたすらまとめいました。

この、「まとめていく」っていうのはなんだかんだで楽しいんですよね。

分からなかった英単語をもう一度、赤シートで隠しても英単語が見えないように、赤ペンかオレンジのペンでノートにまとめていく方法。

これはすごく快感でした。

ですがこの、「まとめる」という行動は、実は勉強ではなくて作業なんですよ。

作業っていうのは思考が停止していても続けることができます。

なので、英単語をノートにまとめるという時間はほとんど勉強していないのと同じなんですね。

つまり、分からない英単語をいくらノートにリストアップしていったとしても、ほとんど記憶に定着しません。

「勉強」をしているのか、「作業」をしているのかという部分をしっかりと見極められるようになれば、勉強効率も上がってくるはずです!

赤シートで単語を隠して覚えるのが非効率的な理由

僕が受験生の時にやっていた勉強法として、赤シートで単語を隠して覚えるというのがありました。

これは僕だけじゃなく、ほとんどの受験生がやっている勉強法だと思うのですが、実はこれってかなり効率が悪いです。

なぜかというと、「じっと眺めているだけ」だからです。

詳しく解説していきましょう。

視覚的認識だけで記憶するはあまりにも非効率

僕は、通学時間中に電車の中で何度も赤シートで隠しながら、英単語を確認していました。

しかし、赤シートで英単語を隠して覚えるという方法はあまりにも退屈で、ただ見て確認するだけの作業だったので、全然記憶にも残りません。

すると、あまりの退屈さに睡魔が襲ってきて、電車の中で居眠りしてしまったこともあります。

気がついたら、高校の最寄駅から3駅ほど離れた駅に到着して、学校に遅刻してしまいました。

それに、「赤シートで単語を隠して確認していく勉強」というのは、目で視覚的に記憶しているだけにすぎないのです。

脳に記憶するための信号を送っている部位が「目」からでしかないため、非常に覚えづらいですし、退屈すぎて睡魔が襲ってきてしまいます。

ですので、赤シートで視覚だけで覚えるのではなく、もっと五感をフル活用して記憶していく勉強法がいいわけです。

それについては後で詳しく解説していきますが、五感のフル活用は長文読解対策にも有効です!

興味のある方は、以下の記事を参照にしてみてください。

英単語帳の効果的な使い方

では、正しい英単語の覚え方やノートの効果的な使い方ってどんなものがあるんでしょうか。

受験生が最速最短で英単語を暗記するためには、とにかく正しい勉強法を確立することだと思います。

そこで僕自身、絶対に必要だと思うポイントは、

・五感のフル活用

・挫折しない勉強法

・英単語を忘れにくくするための工夫

といったところです。

五感を刺激する

英単語を覚える上で、五感を使うのを意識するのとしないのとでは、記憶するスピードが全然違ってくると思います。

例えば、先ほど言ったように赤シートで隠して覚えていくというのは、記憶の糸口が「目」の部分しかありません。

なので、いったん単語を忘れてしまった時は、「視覚」を通してでしか記憶を引き出すしかないのです。

しかし、「視覚」だけではなく「五感」をフルに活用して英単語を記憶していくとどうなるでしょうか?

五感とは?

「五感」とは辞書的に言えば、「視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚」の5つのことを指しますが、単語の記憶に「嗅覚と味覚」っていうのは謎だと思います。

ですからここでいう五感は、「視覚・聴覚・鼻・口・触覚」と思っておいてください。




例えば、音声付きの英単語教材を使って英単語を聴きながら覚えれば、「視覚」だけでなく「聴覚」も刺激して覚えることができますね。

なので、いったん英単語を忘れてかけても、「視覚」だけでなく「聴覚」を通して記憶を引き出せる可能性があります。

また、英単語の音声を聞いた後に自分で音読してみれば、「鼻」や「口」経由で脳に刺激することができますから記憶の糸口がさらに2つ増えます。

ちなみに単語帳ではないですが、五感をフルに活用した英会話教材がありますので、関連記事として載せておきます。

英単語ノートの使い方はこうやって使う

では、「触覚」に関してはどうでしょうか?

この「触覚」から記憶する手段として、『ノートに書きまくる』というのがあります。

ノートに覚えたい英単語のスペルを何度も何度も書いていくことで、頭だけでなく身体で記憶していくんです。

・頭が記憶していなくても身体が記憶している

・意識していなくても体が自然に動いてしまう

これは、運動部の部活動をやっている人にはよくわかると思います。

こうやって、手でノートに書いて覚えるのを続けていれば、試験の最中でも英会話の現場でも、意識することなしに身体が動いてくれるようになっていくわけです。

また、上の写真のように色ペンを使いながらカラフルに書いていくのが飽きない秘訣です!

一度やってみるとものすごく単語の勉強が楽しくなってきますよ!

英単語学習にある程度のスピードを保つ

しかし、英単語を書いて覚えるという勉強は、1つ1つ英単語のスペルを何度も書いていくわけですから時間がかかってしまいます。

すると、単語帳のページ数が全然進んでいないことに少しショックを受けてしまうかもしれません。

なので、英単語を書く回数を固定しておくといいです。

理想は5〜6回ぐらいです。

例えばdeposit「預金する」という単語を5回書いたら、もうその単語は置いといて次のencourage「推奨する」に移ります。

10回も20回も同じ単語を書いていたら全く先に進まないので、5回ぐらい書いたら先に進んで学習のスピードを保っておきましょう。

英単語にストーリーを帰属させる

英単語を覚える方法としてもう1つ大事なことがあります。

それは、その単語の意味を知ったら、実際にその英単語を使ってみることです。

例えば、obsession「妄想」という単語があったとします。

しかし、単語のスペルが少し長くて覚えづらいですね。

なのでこういう時は、実際に自分が話し相手に向かってこの単語を使っているストーリーを思い浮かべてアウトプットをしていけば、より記憶に定着しやすくなります。

具体的には、

obsession→I had an obsession that He was young.

「私は、彼が若いという妄想を抱いていた」

というふうに文を作っていきます。

いきなり英文を作るのが苦手な人は単語帳に載っている例文を見てみても全く問題はありません。

大切なのは、実際に自分が喋っているという想像をしてみることです。

その1点を意識して、1つの英単語にストーリーを帰属させながら覚えていけば非常に忘れにくくなります。

英語を英語のまま覚える努力をする

そして最後に重要な点が、英語を英語のまま覚える努力をするという点です。

英語と日本語には意味の幅に違いがあるので、日本語訳だけ暗記していては外国人が認識している意味に差が生じてしまいます。

具体的な手法に関しては以下の記事にまとめていますので是非参考にしてみてください。

おわりに

今回は、英単語を最短最速で記憶していく手法を僕なりにまとめてみました。

他にも英単語の覚え方は色々あると思いますが、この記事でいくつか共感してくれたところだけ取り入れていただければ幸いです。

英語の勉強方法に関しては色々と他の記事でも紹介していますので、勉強法をもっと知りたい!という方は勉強法のまとめ記事一覧を見てみてください!

それでは今回のお話は以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中