僕が試した英語独学ノートを公開!ノート作りはシンプルさが肝

Pocket


タカツです。

 

先日読者から
以下のような質問が来ました。

 

質問者さん
いつもブログやメルマガを拝見しているTと申します。最近英語ノートを作成しているのですが、いまいち効果が実感できません。基本的には分からない単語とその訳をノートに写しているだけなのですが、もっと効果的なノート術があれば教えてください!

 

なるほど。

 

そういえばこのブログでは
あまり英語ノートの作り方について
喋ってこなかったので、

この機会に僕の独学英語ノート
紹介しようと思います。

 

もちろんあくまで一例なので、
参考になった部分だけを
取り入れて頂ければ幸いです。

 

タカツ
英語のノートは人それぞれ作り方があると思うけど、その中でもおすすめな方法を紹介していくよ!

 

正しくノートを活用すれば勉強効率は上がる

「そもそも英語ノートを作る
自体に意味があるのか?」

 

と疑問に思っている人も
いるかもしれません。

 

そこで僕の意見を言わせてもらうと

『それは使い方による』

という感じです。

 

例えば、

 

・参考書や問題集に直接書き込みが難しい時にノートを使う

・まとめる目的ではなくて、直接ペンを動かして記憶する目的でノートを使う

 

というような使い方は
正しくノートが
使えていると思います。

 

やはり書き込みスペースがない参考書に
無理やり書き込んでも
参考書が汚くなって
モチベーションが下がりますし、

ペンを動かしてノートにどんどん
英語を書き込んでいった方が
定着率もアップします。

 

これはもちろん一例ですが、
もしノートの使い方に疑問が
湧いているのであれば
上記の2点を確認してみてください。

 

間違った勉強をしている人が多い

正しいノートの使い方が
あるということは
もちろん間違ったノートの
使い方もあります。

 

そして、
個人的には多くの日本人は
英語ノートの取り方を
間違えている人が多いです。

 

なぜそう言えるのかというと、
それは日本教育に
問題があるからなのですが、

例えば次のノート活用法を
実践していませんか?

 

間違ったノートの活用法

 

僕が個人的にダメだと思っている
ノート活用術は以下の2点です。

 

①英語と一緒に日本語をまとめている
②単語集や熟語集を作っている

 

タカツ
それぞれダメなところを説明していきます。

英語と一緒に日本語をまとめている

 

まず1つ目に関してなのですが、
英語と一緒に日本語を
まとめることは良くないです。

 

これは僕の読者であればもう
お分かりなんじゃないかと
思うのですが、

英語と日本語とでは
意味の幅に差が生じます。

 

つまり日本語で書かれていることと
英語で書かれていることとでは
意味にズレがあるということなので、

英語の訳を
参照して勉強する行為は
英語学習ではないのです。

 

詳しくは
以下の記事を見て頂けると
英語と日本語に意味の違いについて
理解が深まると思います。

 

 

単語集や熟語集を作っている

 

そして次に2つ目なのですが、
単語集や熟語集を作ることです。

 

よく学生さんで
『単語まとめノート』
を作っている人がいるのですが、

正直、
まとめノートなんかを作っても
なんの意味もないと
思っています。

 

なぜかというと、
まとめノートを作っている時間は

ただまとめているだけの
時間であって、
英語を勉強しているわけでは

ないからです。

 

なので、分からない単語を
片っ端からまとめようとするのは

膨大な時間を
無駄にすることに繋がるので
決してやらないようにしてください。

 

単語をまとめたところで見返しても
「全然頭に入ってないや…」
という現実に気づくだけですので
すぐに挫折してしまいます。

 

僕が実践してきた独学英語ノート

ここまで読んで頂けたら
ある程度は
英語ノートの取り方について
理解してもらえたと思いますが、

文字ばかりだと
まだいまいちパッとしないと思います。

 

なのでここからは
僕が実践してきた英語ノートの
体験談を写真付きで
記していこうと思います。

 

タカツ
一度僕のノートを参考にしてみて欲しい!

 

英語と発音記号を一緒に書く

僕は英語の発音を覚える過程で
英語とその英語の発音記号を
書いていました。

 

英語の発音を覚えるためには
実際に発音記号の音を
覚えていくことが一番です。

 

なので、
分からない単語の発音があれば
単語と一緒にセットで
覚えるようにしています。

 

頭に発音記号の音が入っていれば
発音記号を書くだけでも
正しい発音を頭の中で
介在させることができるので、

発音記号を書いて覚えるのは
すごくおすすめです。

 

発音記号を書く時のポイントとしては
発音しにくい音があれば
その発音記号にマーカーを引く
ということです。

発音が難しい部分に
マーカーを引くことで
マーカーの部分によく意識が
行き届くようになるので、

無駄な意識を分散せずに
効率よく発音を勉強することができると
思っています。

 

気になった用語は英英辞典を使って英語で記しておく

次に2つ目は、

『気になった用語は
 英英辞典を使って英語で記す』

ということをしていました。

 

和訳学習は
英語教育上良くないので
代わりに英英辞典を使って
意味を調べています。

 

そしてこれはまとめるために
ノートに記しているのではなくて
英語を覚えるために
ノートに記しています。

 

読んでも頭に入らない場合は
実際に手を動かして
覚えるようにしていました。

 

リーディングをしている時に
分からない単語があれば
よくこの手法で
単語を覚えていたりしますが、

なかなか効果がある勉強法です。

 

そして、

通学の移動時間などで
パラパラノートをめくって
今週調べた部分を見返してみるだけでも
記憶として定着するのでお勧めしています。

 

ちなみに英英辞典は
簡単な英語を知っていれば
誰でも読むことができるので、

そこまで難しい辞書だと
捉えなくて大丈夫です。

 

調べている途中で分からない単語や文法が出てきたらさらに調べる

ただ、もしも英英辞典で調べて
分からない単語があれば
さらにその単語を
英英辞典で調べていきます。

 

こうやって深掘りして
どんどん意味を追求していくことで、
ネイティブの感覚を
養うことができます。

 

ノートに書いた英文を後で
じっくり読み返すだけでも
かなりの勉強になるので、

どんどん深く英語の意味を
追求してみてください。

 

英英の電子辞書を使えば
ジャンプ機能で
すぐに他の英単語も
調べることができます。

 

まとめ:ノート作りはシンプルにやろう

 

それでは今回のまとめです。

 

英語ノートの作り方は

・日本語を書かない、和訳しない
・ただまとめる目的でノートを作らない

ということを意識してもらえれば
基本的にはオッケーです。

 

それを踏まえた上で、
僕のノート作りの仕方を
参考にして頂けたら良いのですが、

ノートは色々と
書き込みすぎないように
注意してください。

 

ノートの中に
色々情報を書き込みすぎると
意識が分散して
脳への定着率が下がってしまいます。

 

シンプルにまとめた方が
頭の中で整理がしやすいですし、

まとめる情報を少なくして
その情報を頼りに頭の中で考える方が
勉強になります。

 

頭の中で
考える訓練を積めば積むほど
英語脳も
鍛えられるようになりますので

無駄な付加情報は
ノートに書き込まないように
してみてください。

 

これらを守っていただければ
ノートを活用する時に
決して時間を無駄にすることなく
効率的に英語を学ぶことができると思います。

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)