【社会人必見!】中学英語レベルのやり直しだけで英会話は十分な理由

Pocket

英語ブログを書いてます。タカツです。

今回は英会話やコミュニケーションに寄った内容になります。

特に

『英会話ができるようになりたいけど、どう頑張っても上達しない』

という社会人さんがどうしても多いので記事にしてみました。

今回の話を詳しくざっくり解説するとこんな感じ

参考

❶コミュニケーションに単語・文法の知識はそれほどいらない

❷英会話上達にTOEICの勉強は非効率

❸英語がペラペラになる第一歩は最小限の英語で最大限の表現力を身につけること

この3つのポイントはどれか1つでも欠けていると『英会話ができない病』に陥っていまいますので是非頭に入れておいてください。

それでは詳しく見ていきましょう!

コミュニケーションは中学校の英会話で十分な理由

英会話においては、はっきり言って中学校の文法や単語の知識で十分です。

その理由を1つずつ解説していきます。

単語・文法などの知識量はそんなになくても普通に話せる

例えば、英文法で次のような問題があったとします。

問題

(1)と(2)が同じ意味になるよう(  )に当てはまる語を1語補え

⑴ I know the boy. That boy is Tom.

⑵ I know the boy(  )is Tom.

これは『関係代名詞』の知識を問う問題で、(  )の中にはwhoという答えが入ります。

しかし、あなたが英語で話す場合、(2)のような関係代名詞の知識がなくても(1)の簡単な英文を使えば十分に相手に伝えることができますよね。

こんな感じで簡単な英語でも的確に相手に伝えることができるので、高校レベルの複雑な文法や単語の知識は不要なんです。

英語が話せない人は、

たくさんの文法や単語で話そうとして、どれを使ったらいいかわからなくて話し始められない

というのがよくある特徴なので、英文法や単語なんてのは中学レベルのやり直しで留めておいて、

英会話が上手くなってきてから複雑な文法などに取り組んでいくべきです。

タカツくん
英会話は自分の思っていることを相手に伝えることが重要なわけで、簡単な文法と単語の組み合わせで喋っていけばいいんだよ!

簡単な英語とジェスチャーだけでコミュニケーションできる

実を言うと英語で人に伝えることに関しては、英語のペーパーテストよりもすごく簡単な側面があります。

理由は、

簡単な英語とジェスチャーを使えば、ほとんど自分の意図を理解してもらえる

からです。

例えば、『Would you 〜 ?』は「〜をお願いします」と言う意味なんですが、

「この果物をサランラップで包んでくれませんか?」

と言いたい時に、

→“Would you wrap this fruit in saran wrap ?”

みたいに言わなくても、サランラップを差し出して果物に指をさしながら

→“Would you ?”

だけを言えば余裕で伝えることができます。

このように英語を話すときは場面やジェスチャーが助けてくれますので、それらを使うことで表現できることが一気に増えるわけです。

タカツくん
ジェスチャーは正義!

社会人あるあるのTOEIC勉強について

社会人でよく見る失敗が

・英会話ができない原因が文法と単語の知識不足だと思って、単語や英文法のやり直しを始める

・TOEICの対策をし始める

というものです。

特に高校生向けの小難しい英文法教材や、TOEIC対策の英単語帳を使い始める人が結構多いですね。

すると本来の目的が「英語を話せるようになる」から「TOEICを極める」になって、

「とにかくTOEICの点数を上げれば英語が話せるようになる!」

と思い込んでしまいます。

ですが、TOEICの点数を700点〜800点ぐらいを上げたところで

全然話せるようになってねーからな!

確かに700点〜800点ぐらいあればリーディングやリスニング力はそれなりに上がってると思います。

ですが、

タカツくん
そんなことするよりもほんの少しでも英会話スキルを身につけて外国人と喋ってる方がよっぽどリスニング力やスピーキング力は伸びる!

って感じです。

「英語が話せるようになりたい」と思う人は、TOEICの前に実践で英会話ができる実力をつけておくことが大切です。

TOEICなどの資格試験の勉強はその後にやっていってください。

社会人が実践すべき英会話戦略

じゃあ「具体的に社会人がどうやって英会話を伸ばしていけばいいのか?」という戦略について話していこうと思います。

社会人が実践すべきポイントは

ポイント

①相手に伝わる程度のネイティブの発音を身につける

②オンライン英会話を活用して実践で磨いていく

の2点です。

1つずつ説明していきましょう。

【戦略1】ネイティブの発音の勉強をする

まず、英会話を実践で勉強するときにネイティブの発音も同時進行で勉強していくべきです。

そうじゃないと、

・相手の話してる言語を正確に聞き取ることができない

・発音が悪いせいで自分の考えが相手に伝わらない

というような可能性が出てきます。

ジェスチャーなどを使って頑張るのもありですが、発音には一定の法則性があるのでそこから勉強した方が一気に会話が楽になります。

合わせて読みたい

発音の法則性に関しては以下の記事が参考になります

英語が聞き取れない、悔しい!リスニングで点数が取れない3つの理由とは?

【戦略2】オンライン英会話を活用する

2つ目の戦略は、オンライン英会話を活用するというものです。

やっぱり英会話教材よりも実戦形式で英会話を学んでいく方が効率的に英語を身につけられます。

泳げるようになるためには実際にプールに入って泳がないといけないのと同じように、

英語を話すようになるためには実際にイングリッシュスピーカーの方と話をしなければいけません。

なので、

・☆聞き流すだけで英語が話せる
魔法のテクニック☆

・♡たった3ヶ月でペラペラになる
魔法のフレーズ集♡

のような教材に無駄なお金と労力をかけて結局話せるようにならないという経験を積むよりも、

どんどん英語を話す練習をして、1センチでも英語が話せるようになるる経験を積んでいってください。

オンライン英会話は間違いなく最短ルートです。

タカツくん
だいたい怪しい教材には「魔法」というワードがついているよ!

おすすめのオンライン英会話

じゃあおすすめのオンライン英会話って何?って聞かれると思いますが、

正直、どこでも良い!

っていうのが僕の答えです。

重要なのはオンライン英会話の『カリキュラム』ではなく『どれくらい外国人と話したか』という部分だと個人的には思っています。

なので、

タカツくん
怪しい英会話じゃなければどこでも良いよ!

ということになります。

ちなみに僕が使っていたオンライン英会話はQQ_Englishというものでした。

なんでQQ_Englishを選んだのかというと、

タカツくん
あっ、東進の安河内先生の口コミが載ってる!

といった理由だけです(笑)

「まあ有名人も関わってるんだし大丈夫だろ」

みたいな感じで軽い気持ちで受けてました。(感想はかなり良かったです)

QQ_Englishは無料でレッスンを体験したりカウンセリングを受けることができますので、興味があれば見てみるのも良いと思います。

まとめ:とにかく話す練習をしていこう!

もちろん英語は単語や文法の知識って大事になってくるんですが、スピーキングに関して言えば

『とにかく話しまくる』

ということをしていかないと一向に上達しません。

ジェスチャーで無理やり伝えていくという方法で最初は構いませんので、オンライン英会話などで出来る限り話す練習をしていってください。

1回や2回では英会話を話す感覚が掴めないかもしれません。

ですが話す量が増えれば増えるほど会話の経験値が上がってきますので、経験値とともに実力も徐々に伸びていきます。

応援しています!

そんな感じ!

おわりっ

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。