イギリス英語とアメリカ英語の違い|勉強する時はどっちかに絞るべき理由

Pocket

英語を勉強する時に
非常に多い質問はこれ。

 

質問者さん
イギリス英語とアメリカ英語ってどっちを勉強した方が良いですか?

 

どっちがいいのかは
その人にも寄るんですが、
個人的には一応答えが出ていて

 

タカツくん
深い悩みがなければアメリカ英語を選ぼう!

 

と答えています。

 

とはいっても、
イギリスに憧れがある人や
イギリスに留学しに行くという人がいれば
ベストな解答は変わってくるので、

 

イギリス英語とアメリカ英語の
違いや特徴をまとめていきながら
考えてもらえたらなと思います。

 

タカツくん
ちなみにこのブログはアメリカ英語が中心になっています。




イギリス英語とアメリカ英語の違い

イギリス英語とアメリカ英語は
大まかに分けて4つの違いがあります。

 

ここはさらっと解説していきますね。

 

スペルの違い

 

まず、スペルの違いです。

 

みなさんが一度は見たことのある
英単語をまとめてみました。

 

アメリカ英語 イギリス英語
color colour
組織 organize organise
中心 center centre
旅人 traveler traveller
記憶する memorize memorise
議論 argument arguement
飛行機 airplane aeroplane
アルミ aluminum aluminium
巧みな skillful skilful

 

 

全然違いますね。

 

zとsが入れ替わっていたり、
l が増えたり減ったり・・・

 

まだまだ挙げればキリがないですが、
ざっくりまとめるとこんな感じです。

 

英単語の違い

 

次に英単語の違いを見ていきましょう。

 

これもイギリス英語とアメリカ英語で
違ってきます。

 

アメリカ英語 イギリス英語
エレベーター elevator lift
地下鉄 subway tube/underground
ゴミ trash rubbish
トイレ toilet lavatory
薬局 drug store pharmacy
携帯電話 cell phone mobile phone
セーター sweater jumper
サッカー soccer football
ガソリン gas petrol

 

 

こちらも全然違いますね。

 

しかし、どちらも見たり聞いたことのある
単語ばっかりですね。

 

つまり僕たちは、
イギリス英語とアメリカ英語の両方を
学んでいたということになります。

 

文法の違い

 

次に文法の違いです。

 

これもイギリス英語とアメリカ英語とでは
ニュアンスが全然変わってきます。

 

例えば以下の例文を見てみてください。

 

【例1】

:Why didn’t you take a bath?

:Why didn’t you have a bath?

:なんでお風呂に入らなかったの?

 

アメリカ英語

イギリス英語

 

「〜に入る」と言いたい場合、
アメリカ英語であれば”take”で
イギリス英語であれば”have”
を使うのが一般的です。

 

また、文法的に
一番よくある違いが時制ですね。

 

次の例2を見てみてください。

 

【例2】

:I lost my house key.

:I have lost my house key.

:家の鍵を失くしてしまいました。

 

このように、
イギリス英語の場合は現在完了形、
アメリカ英語の場合だと
過去形を使うことが多いです。

 

現在完了形は
『過去の状況が現在も続いている』
ことを述べているのに対して、

 

過去形では
『過去の出来事を伝える』
ことだけを役割としています。

 

合わせて読みたい

過去形と現在完了形についてまとめた記事はこちら

現在完了形と過去形が混在する理由は?完了・継続・経験・結果のニュアンスについて

 

なので、
文法的にイギリス英語の方が
正確な情報を説明している
ということがわかりますね。

 

このようなニュアンスの違い
が出てくる理由は、

 

アメリカ英語が
古典的な言語であるのに対し、
イギリス英語は新しい言語に進化している
ところから導き出せます。

 

その辺の詳しい話は
以下の記事に詳しく書いているので
参考程度に読んでみてください。

 

 

他にも時間の表現
(例えば『3時半』を米:Three thirty、
英:Half past threeと言ったりする)
も全然違ったりするので

色々と調べて見ると面白いです。

 

発音の違い

 

そして最後に発音の違いです。

 

正直、
アメリカ英語とイギリス英語とでは
発音が全く違います。

 

例えばイギリスではgotの”o”の発音を
「オ」のように発音するのですが、
アメリカではそのような発音がないため
「ア」のような発音をするのです。

(もちろんカタカナ発音だから、
実際の発音は少し違変わってきます)

 

タカツくん
他にも、イギリスではeggを「イッグ」と発音したり、fenceを「フィンス」のように発音する癖があるよ。

 

アメリカと違って
イギリスはeの発音がiのような
発音になってしまうため、

 

アメリカ人がイギリス英語を聞いたときに
こんがらがることは日常茶飯事です。

 

特にアメリカ英語とイギリス英語の
厄介な違いはrの発音でしょう。

 

イギリス英語では
舌を巻いてrを発音することはないため、
アメリカ英語で
育ってきた人からしたら、

 

rの発音は母音を伸ばしてるように
聞こえてしまいます。

 

つまり、アメリカ人からしたら
イギリス人のrの発音は
全く聞こえないというわけです。

 

アメリカとイギリスとでは
ここまで英語の発音に差が出てしまうので、

 

アメリカ人とイギリス人が
コミュニケーションをするときは
結構苦労します。

 

イギリス英語かアメリカ英語かどっちかに絞るべき理由

イギリス英語とアメリカ英語の違いが
ある程度分かったとして、

 

「じゃあ両方とも
勉強した方が得なんじゃないか?」

 

っていうふうに思うかもしれません。

 

しかし、
僕はどっちかに絞るべきだと思います。

 

その理由をこれからお話していきます。

 

両方を同時に学ぶと発音に混乱が生じてしまうから

 

そもそも英語ができない日本人が
アメリカ英語とイギリス英語を学ぶ
というのは少し欲張りですし、
混乱の元になります。

 

なぜかというと、
アメリカ人とイギリス人が会話をした時に
意思疎通ができないというぐらい
発音が違うからです。

 

アメリカ人やイギリス人ですら
苦労するわけですから、

 

50%イギリスの表現で
50%アメリカの表現を学ぶよりも、

100%アメリカ英語か
イギリス英語に集中して学んだ方が
効率がいいに決まっていますよね。

 

それでももし
「どちらも聞き取れるようになりたい!」
という野心を抱くのであれば、

 

まずは1つの国の英語をマスターして、

それができてからネイティブが
他国の英語の理解に苦労している状況を
模倣して学んだ方がいいです。

 

ポイント

ネイティブでもアメリカ英語と
イギリス英語の差には苦労するぐらいだから、
英語が全くできない日本人であれば
余計混乱する。

まずは1つの国の英語を
徹底的にマスターしよう!

 

努力の方向性がブレてしまって英語力が伸びづらくなるから

 

2つ目は努力の方向性が
ブレてしまうから
です。

 

要するにアメリカ英語とイギリス英語を
同時に学ぶとなると、
単純に覚える量が
2倍に増えてしまいます。

 

『スペル』『単語』『文法』『発音』
の分量が2倍になってしまうわけですから、
勉強する時間も
2倍になってしまうわけです。

 

普段よりも2倍のペースで
英語を勉強していかなければ
英語の吸収率は分散するので、

 

最短で英語を身に付けることは
間違いなくできなくなってしまいます。

 

「努力の方向性を
しっかりと決めて学習したい!」

「効率よく英語を学びたい!」

 

という人は英語の勉強を始める前に、
イギリス英語かイギリス英語かを
しっかり決めてから
勉強するようにしましょう。

 

僕がどっちか選択するとしたら真っ先にアメリカ英語を選ぶ理由

「で、結局どっちがいいの?」
というわけなんですが、

 

これは冒頭でも述べたように
アメリカ英語を強くおすすめします。

 

理由は次の3点です。

 

僕がアメリカ英語を勧める理由

日本はアメリカ英語が学びやすい環境になっている

世界的に見てアメリカの文化は通用しやすい

アメリカファーストの世界になってきている

 

日本はアメリカ英語が学びやすい環境になっている

 

まず、日本にはアメリカ英語が主流となった
英語教材がたくさんあります。

 

つまりアメリカ英語が学びやすい
環境となっているので、

 

「教材のボリューム性」

「英語学習の効率性」

 

を求めるなら
アメリカ英語がおすすめです。

 

タカツくん
ちなみにこのブログで紹介している英会話教材は全てアメリカ英語のものに絞っています。

 

世界的に見てアメリカの文化は通用しやすい

 

先ほど、アメリカ人とイギリス人とでは
コミュニケーションが難しいと言いましたが、

 

正確には、

イギリス英語が
アメリカ人に伝わりにくい

ということです。

 

その背景に、
アメリカの文化が世間を
席巻している
というところがあって、

 

アメリカ英語はイギリスやオーストラリア、
ニュージーランドなどの
イギリス英語主流の国でもよく通用します。

 

どこへ行ってもアメリカ英語は
理解してもらいやすいので、

どっちを選ぶかということになると
やっぱりアメリカ英語の方が
都合がいいんです。

 

しかしその逆はほとんどありません。

 

実際にアメリカに行く予定があったのに
語学留学をオーストラリアにして、
留学の後にアメリカに行って
全く通じなかったなんてことはよくあります。

 

イギリスやオーストラリア人なんかと
話しをしなければいけない
という事情がなければ、

 

アメリカ英語を
学ぶようにしましょう。

 

アメリカファーストの世界になってきている

 

世界経済の観点から見ても、
アメリカ英語をおすすめします。

 

それは、現在の世界経済の動向を
まとめてみれば一目瞭然です。

 

世界経済の動向

・米中貿易戦争

・米朝首脳会談

・イギリスのブレグジット

・ EU解体危機

・日韓関係に潜む日米の関係

・アメリカによる基軸通貨ドルの独占

 

この6つの点から俯瞰して見れば、

 

アメリカは、アメリカを中心とした世界
を作ろうとしていることが分かります。

 

その影響で米中貿易戦争や
ブレグジットなどが
世間を賑わせてしまっているのですが、

 

アメリカがドルという基軸通貨を
所有している限り、
アメリカ中心の世界は
揺るがないのでしょう。

 

なので、経済的な観点から見ても
イギリス英語よりかはアメリカ英語を
重要視しなければいけないのです。

 

この辺りに関して
もっと詳しく知りたい方は、
次の記事などを参考にしてみると
分かりやすいと思います。

 

 

アメリカ英語を学ぶときの注意点?

では、あなたが
アメリカ英語を学ぶと仮定して、

 

アメリカ英語を学ぶ時に
注意してもらいたい点を解説します。

 

アメリカ英語の教材を洗い出す

 

まず第一に、アメリカ英語の教材だけを
全て洗い出してイギリス英語の教材は
排除してください。

 

最近の参考書や辞書には
イギリス人やアメリカ人の両方に
発音させるようなものが
販売されているのですが、

 

それは学習者が混乱させる元です。

 

また、例えばニュース番組などで
BCCやCNNをどちらも見ている人がいれば、
CNNに限定したりするのも重要です。

 

アメリカ英語が主流の英会話スクールに通う

 

次に、英会話スクールなどに通う場合は
アメリカ英語が使われている
スクールに通うことを意識してください。

 

相手がネイティブの講師だからと言って、
アメリカ英語とイギリス英語が
ごちゃまぜになっていると
非常にまずいです。

 

とは言っても
非常に残念なお知らせがあるのですが、
オンライン英会話などを
色々調べてみた結果、

 

今の所アメリカ英語専門の
オンライン英会話スクールがなかったので
もう少し調査いたします。

 

なので、

現段階ではアメリカ英語とイギリス英語が
ごちゃ混ぜになっているスクールしかないため
しっかりとアメリカ人であることを
選定しなければいけません。

 

英会話スクールに通う場合は、
アメリカ英語の講師が豊富にいるか
しっかりと調べるようにしましょう。

 

まとめ:特に断りがなければアメリカ英語を学ぼう

 

この記事を読んでいる人は
まだ英語学習の方向性が
定まっていないという人が多いと思うので、

 

悩んでいる人はとりあえず
アメリカ英語を学んでいけばいいと思います。

 

また、英語の初心者さんのために
英語学習に対する取り組み方や考え方を
まとめた記事を書いていますので
良ければ一緒に読んでみてください。

 

 

最初にこれを読めば英語学習の方向性が
一気に定まると思うので、
まずは学習の指針をここから
探していただければと思います。

 

それでは今日はそんな感じです!

 

おわりっ

 

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中