【超初心者】英語の勉強の仕方がわからない人のための英語勉強法講座

Pocket

はじめまして。タカツです。

 

この記事では英語の超初心者さんが
TOEICで900点取って、

日本語と同等レベルに
英語ができるようになるまでの
ゴールデンルートについて
お話ししていきます。

 

はっきり言ってしまうと、
日本人の99%以上の人たちは
正しい方向性で
英語を学べていません。

 

だからこそ今回は
この記事で英語の勉強に対して
確信を得て欲しいと思うのです。

 

人間は確信を得ることによって
本気になれます。

 

そして本気になれた瞬間、
あなたが英語ができるようになる確率は
10%→95%ぐらいまで上昇します。

 

しかし迷いながら英語を勉強するのは
得策ではないです。

 

なぜなら、間違った努力の方向性で
無駄な英語学習をしてしまい、
かなり膨大な時間が失われる
可能性があるからです。

 

迷っている暇があれば
まずは正しい英語の勉強法を学んで、
全体像を知ること。

 

その上で少しずつてもいいから
実践していくことが重要だと思います。

 

タカツ
まずは英語学習に対する取り組み方を知識武装していこう!

【英語講座ステップ0】疑え!とにかく確かめろ!

このブログを初めて見た方は
もしかしたら思うかもしれません。

 

「うっ、胡散くせ〜、、」

「そもそもお前誰やねん、、」

 

初対面の方はこうなることも
無理はないと思いますが、
初めに言っておくと、

 

最初っから「胡散臭い」と思って
食わず嫌いになるのは
非常に良くない体質です。

 

あなたは現状をなんとかしたいから
英語力を伸ばそうとおもているはずで、

 

もしネットの検索を
繰り返しているだけで
何も行動しなければ
元の自分のままで終わってしまいます。

 

その現状から逃げてしまったら
今と同じ未来がまたやってくるだけです。

 

なので、

『疑ってはいるけど
 とりあえず確かめよう』

という思考を
持ち合わせてみてください。

 

疑うことも重要なんですが、
確かめることの方がもっと重要なのです。

 

しっかり調べて、研究して、勉強する。
それで自分に合わないと思ったらやめて、
合うと思ったらやってみる。

 

この連続で人間は成長します。

 

実際に僕は高校生から
英語の魅力を知って勉強を
始めましたが、

 

どれだけ頑張っても
全く成果は出ませんでした。

 

この停滞期は
大学2回生の頃まで続いたんですが、

 

いろんな勉強法を実践して
トライアルアンドエラーを
繰り返しているうちにしっかりと
努力の方向性が定まっていったので

 

今ではTOEICスコア955点という
好成績をおさめることができています。

 

そして英語を
ネイティブと同等レベルで
話せるようにもなったので、

 

英語圏の国に足を運ぶのも
全く苦労することがなくなりました。

 

価値観も、環境も、見ている世界も
全てが変わりました。

 

英語ができないよりかは
使いこなせるようになった方が
圧倒的に楽しい

と率直にそう思います。

 

この衝撃をぜひあなたにも
味わってもらいたいですし、
英語を通して大きく
成長してもらいたいと思っています。

 

いきなりTOEIC955点なんていくのは
難しいかもしれませんが、
徐々に進んでいくのでも大丈夫です。

 

正しい方向性に進み続けていれば
いつか成功します。

 

だからこそまずは
疑って、確かめて研究していくことが
重要なのです。

 

タカツ
努力の方向性を正して勉強を継続していけば誰でも英語はできるようになるよ!

 

とは言ってもまだ

「お前誰やねん、、」

っていう感じだと思いますので、
詳しいプロフィールは
以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

【英語講座ステップ1】日本人が英語ができない理由を理解しよう

英語の勉強法を考える前に、
まずはステップ1〜ステップ3で
英語学習の向き合い方や考え方
についてまとめていきます。

 

まずステップ1では
「日本人が英語ができない理由」
についてです。

 

これについては、
ほとんどの日本人が
疑問に思っている気がしますので
記事にしています。

 

 

記事を読むのが面倒な人のために、
英語ができない理由についてまとめると
こんな感じです。

 

日本人が英語ができない理由

学校教育の訳読・和訳主義

学校教育の完璧主義思想

発音、音声学習の軽視

英語を日本語で教えている

 

要するに、

発音・音声の学習を軽視して
かつ英語を日本語と
介在させながら勉強しているから
英語力が伸びないわけです。

 

英語と日本語は全く違う言語なので、
英語を日本語で学ぶ瞬間から
外国人と同じ思考回路で考えることは
できなくなってしまいます。

 

なので、
このブログでよく提案しているのが

『英語はできるだけ英語で考える』

というものです。

 

日本語で理解することをできるだけ避けて
音声による学習を重視しながら
英語を勉強していくことがポイントで、

 

そうすることによって
英語を英語のまま理解する能力が
身についていきます。

 

これはぜひ知識として入れておいてください。

 

また、なぜ英語はできるだけ
英語で考えるべきなのかについては
こちらの記事を読んでみると
理解が深まります。

 

 

【英語講座ステップ2】英語勉強法の失敗談・反省点を知ろう

日本人が英語ができない理由が
ざっくりわかったところで、

 

実際に僕がどんな勉強をしていたから
失敗したのかという部分について
知っていきましょう。

 

僕自身、失敗体験は成功体験よりも
貴重なものだと思っていて、

 

それはなぜかというと、
成功体験は十人十色で
人それぞれなのですが、

 

失敗体験や失敗法則というのは
他の人にも当てはまっている
可能性が高いからです。

 

なので、
「俺には関係ない」とは思わないで
ぜひ僕の失敗談を
参考にしてみてください。

 

具体的には、

英語学習の失敗・反省点

英文法に時間を費やしていた

英単語を日本語で暗記していた

英単語まとめノートを作っていた

発音を全く勉強してこなかった

というのが一番大きな要因でした。

 

詳しくはこちらの記事で説明していますので
一度は目を通してみてください。

 

 

【英語講座ステップ3】英語を勉強する目的を決めよう

ここまで読み進めていただければ
ある程度は努力の方向性が
固まってきたのではないかと思います。

 

ですが、

『そもそも英語を勉強する目的は何か?』

というものが定まっていなければ
英語を勉強するモチベーションも
不安化してしまいます。

 

何の目的もなしに英語を勉強するのは、
ライトをつけずに
真っ暗闇の中道を歩き続ける
のと等しい状況です。

 

だから、

「なぜ俺はTOEICで
900点を目指すのか?」

「英語が喋れるようになって
どうなりたいのか?」

という部分を
明確にしていく必要があります。

 

これが明確になれば、
目的地から逆算して英語学習を
計画的に進められるようになるからです。

 

タカツ
目的地までの計画地図を頼りにして勉強すれば、安心して英語学習を進められるようになると同時にモチベーションも下がりにくくなるよ。

 

なので英語学習を始める前に、

 

・まずはあなたが
どこまで英語力を伸ばしたいのか?

・英語力をアップさせてどうなりたいのか?

 

というのを
真剣に考えてみてください。

 

「いきなり目的を
考えるなんて難しい!」

 

という人は、
英語を勉強するメリットを示した
関連記事がありますので、

それを頼りにして
英語学習の目的を探すことを推奨します。

 

 

【英語講座ステップ4】目的地までの手段を明確にしよう

英語学習の努力の方向性が決まり、
目的地も明確になったら
具体的な勉強の戦略を
練っていきましょう。

 

具体的な流れとしては、

英語学習の流れ

発音力の強化

英語脳の構築

英会話力を養成

といった感じです。

 

基本的には独学を中心とした
勉強法で英語力は伸ばせますが、

 

英会話を鍛えることについては
オンライン英会話などを頼ることも
重要になってきます。

 

詳しくはこちらの
記事を参考にしてみてください。

 

 

【英語講座ステップ5】超初心者が賢く英語力を上げるためのお金の使い方

また、英語を勉強するとなると
教材代や勉強代などが当然かかってきます。

 

そこで超初心者さんが
効率的に英語力を伸ばすにあたって
意識してもらいたいのが
お金の使い方です。

 

よく英会話を伸ばしたい衝動で
張り切っていきなり30万円〜50万円の
英会話スクールなどに
お金を使ってしまう人がいますが、

 

確かに高額な分サポートも
手熱いと思うんですが、

 

英語力の土台が
しっかりしていなければ、
英会話スクールに通うのは
ほとんど無意味になってしまいます。

 

タカツ
例えば、発音の仕組みを理解していなければ英語はほとんど聞き取れない。なので発音を理解せずいきなり英会話をやるのはハードルが高すぎてお金も無駄になってしまうということ。

 

なので、お金を使う順番を
はっきりとさせておきましょう。

 

僕自身も過去に
合計で300万円ほどのお金を
英語学習に費やしてきましたが、

もっと順番を考えて
語学に取り組めばかなり安上がりで
英語を習得できたと思っています。。

 

例えばこれまで語学に投資してきた
教材たちを列挙してみると、、、

 

<英会話教材・スクール関連>

産経オンライン英会話  12万円/年
レアジョブ  70,000円/年
Native Camp  35,000円/半年
スタディサプリEnglish  10万円
プライムイングリッシュ  30,000円
ハルヨンオンラインスクール  35万円
Brighture  32万円

 

<英語教材>

UDA式トレーニング一式  合計30,000円
英語の発音パーフェクト学習事典  3000円
American Accent Training  3000円
ESSENTIAL IDIOMS IN ENGLISH  5000円
現代米語イディオム辞典  3500円
ロングマン英英辞典  5000円
English Grammar in Use(初級+中級)  8000円
DUO一式  6000円

 

<TOEIC関連>

金のフレーズ・金のセンテンス  合計2000円
新TOEIC TEST 文法特急  1000円
公式TOEIC Listening Reading 問題集 3
公式TOEIC Listening Reading 問題集 5
 合計6500円
音声DL付 キクタンTOEIC TEST SCORE 990  1800円
スタディサプリENGLISH TOEIC(L/R)テスト対策コース  30,000円

 

<勉強法関連>

メンターの英語勉強法教材  動画教材20万円 + 語学合宿70万
詳説 第二言語習得研究  3000円
英語教師のための第二言語習得入門  1500円
日本人の英語  1000円
続・日本人の英語  1000円
実践・日本人の英語  1000円
灘→東大理Ⅲの3兄弟を育てた母の秀才の育て方  1500円
濱崎流 TOEIC(R) L&Rテストの鍛え方  500円

 

<アプリケーション>

発音図鑑  1000円
英語発音速成攻略  300円
発音博士  500円
Anki  3000円
TEDICT  600円
Netflix  1800円/月
Elsa Speak  6000円

 

<語学環境構築ツール>

ノイキャンヘッドホン  40,000円
AirPods Pro(最近変えた)  30,000円
iPhone 12, Macbook Air, iPad Pro  合計35万円
Apple Pencil  15,000円
電動スタンディングデスク  70,000円

…etc

 

合計:255万7500円(だいたい260万円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

大学入学後の語学費用を
ざっくり思い出してみると
万ぐらいは使ってました。

 

自己投資は確かに大事なんですが、
3つ以上の英会話スクールに通うっていうのは
流石にアホですね(笑)

 

お金の使い方には順番があるので、
それを守りながら勉強していけば
コスパ良く
英語スキルを身につけられるはずです。

 

僕は語学の費用に関して言えば
色々と無駄にしてしまった経験もありますが、

僕はアルバイトで稼いだお金で
徹底的に英語にコミットしてきました。

 

その結果、英語に関する知識は
人より何倍も身に付きましたし、

今ではTOEIC900点越えという成果を
おさめる事ができたので
すごく良かったと思っています。

 

でもやっぱりお金の使い方には
順番があるので、
そのへんは注意して
正しく自己投資していってください。

 

【英語講座ステップ6】今すぐ英語学習をするべき理由を理解しよう

最後に個人的に重要だと思っている

『今すぐ英語を勉強するべき理由』

についてです。

 

英語を勉強する目的が決まり、
目的地まで辿り着くための手段や
勉強に必要なお金などが
明確になったとしても

 

「なぜ今から英語を
勉強する必要があるのか?」

 

という部分が曖昧だと、

 

「今は必要ないし
10年後でもよくね?」

 

みたいな感じで
だらしなく怠けてしまいます。

 

なので、英語を勉強していくと同時に
今すぐ英語をやらなければいけない
理由を探すのはすごく大事なことです。

 

今すぐ英語を勉強する理由を
見つけることによって

 

モチベーションが一気に向上する

英語を勉強する習慣が身につく

 

というメリットがあるので、
しっかりと把握しておいてください。

 

あなたが今すぐ英語を勉強すべき理由

英語を習得するまでに時間がかかる

少子高齢化で将来的に
 外国人労働者・移民が参入してくる

翻訳機・AIが発達しても
 英語力は必須になる

英語ができないと情報に触れる
 視野と選択肢が狭まる

 

具体的にざっくり挙げると
こんな感じです。

 

これらは感情的メリットというよりも

 

「英語ができないと
現実的にマズイですよ、、」

 

っていう理屈に基づいた
メリットを並べてみました。

 

❶英語を習得するまでに時間がかかる=参入障壁が高い

 

これは

「どこまでのレベルを目指したいか?」

にもよりますが、

 

ネイティブと同等の英語力を
つけたいという事であれば、
少なくとも1年以上は
時間がかかると思います。

 

実際、ネイティブですら
高校生レベルの英語を身につけるまでに
15年かかっているので当たり前ですね。

 

あなたも日本語を大人と同等に
コミュニケーションできるようになるためには
それぐらい時間がかかったと思います。

 

つまり、

 

「1週間で英語がペラペラ」

「たった1ヶ月で
あなたもネイティブ並みに!」

 

といった宣伝文句は
全部嘘だという事です。

 

少なくとも戦略を持って
正しい努力の方向性で
英語を勉強していったとしても

『少なくとも1年以上』

時間がかかることは
覚悟しておくべきです。

 

タカツくん
逆に考えたら1年以上腰を据えて頑張れば実用的な英語力が身につけられるということ!ただし、正しい戦略で勉強するのが条件。

 

では、
英語を習得するまでに時間がかかることは
『今すぐ英語を勉強すべきこと』
とどう紐づくのでしょうか?

 

これは非常に単純で、

 

『英語を習得するまでに時間がかかる』
『参入障壁が高い』
『日本市場で一人勝ちできる』

 

という式からきています。

 

「英語がペラペラ話せる」

「TOEICで900点以上は安定して稼げる」

 

というのは、一般の日本人には
ほとんどできない芸当です。

 

つまり、
英語ができない日本人が多い
ということなので、

英語ができる人は日本人からしたら
すごく価値のある人間
ということになります。

 

もしあなたに
そういった価値があれば人は寄ってきますし

仕事の案件も
たくさんふってくるようになりますから
食いっぱぐれるなんてことは
まずありませんね。

 

なので、英語は身につけておいて
損はないのです。

 

ただし、英語を身につけるには
多少の時間がかかってしまう
ということから、

英語学習は若いうちから
やっておいた方が圧倒的に得なんです。

 

こう言うと、

 

「僕はブラック企業だから
英語を勉強する時間なんてないです」

 

という人も中にはいるかもしれません。

 

しかし僕の知り合いに

 

・ブラック保険業者

・ブラック営業マン

・医学生

 

といった超多忙な人でも
英語はできるようになりました。

 

隙間時間のフル活用を
積み重ねるだけでも
英語ができるようになったりするので

現在忙しい人でも
諦めずに頑張ってもらいたいと思います。

 

そんな方のためにまとめた
おすすめの記事を書いた事がありますので
良かったら参考にしてみてください。

 

❷少子高齢化で外国人労働者・移民が参入してくる

 

2つ目の理由は、
今の日本社会は少子高齢化が
進んでいるといった点です。

 

少子高齢化が進むということは
必然的に労働者が不足していきます。

 

そして現在は貧富の差が進み、
貧困層の割合が
どんどん増えていってる状況なので

子供を産もうと思っても
なかなか産めないのが現状です。

 

少子化問題を解決するためには
最低でも3人の子供を産む必要があります。

 

しかし、経済面から考慮すると
なかなかそういうわけには
いかないでしょう。

 

なので今後政府は
日本経済を安定に保つために
別の方法を探すことになります。

 

そこで少子高齢化対策に
登場してくるのが、

 

①AIの導入

②外国人労働者・移民制度の改善

 

の2つです。

 

①のAIについての議論は後でするので、
ここでは②の外国人労働者・移民制度
について触れておきます。

 

外国人労働者や移民を増やす関しては、
今年(2019年)の4月に
改正出入国管理法というという制度が
導入されたことから明らかです。

 

この先ますます外国人を国内に
受け入れるようになっていくでしょう。

 

そのため、英語を話すことは日本では
必須事項になってくる可能性が高いので、

今のうちから英語を勉強しておくことは
すごく重要になってきます。

 

改正出入国管理法に関しては、
今年3月31日の日本経済新聞を
見て頂ければよく理解できると思いますので
関連記事を貼っておきます。

 

 

❸翻訳機を使ってコミュニケーションなんて普通はしない

 

3つ目は、たとえAIが発達して
翻訳機能が進歩しても
英語の必要性は揺るがない
という点です。

 

特にビジネスの現場においては
そうだと思います。

 

仕事やビジネスの世界では、
時間やスピード性を
意識していることが非常に多く、
時間のロスを嫌います。

 

その中で、いちいち翻訳機を取り出して
英語を日本語に翻訳していたら、
非常にイライラさせられますし、
業者間の取引も上手くいかないでしょう。

 

金融の世界なんかはよく
「ナノ秒の戦い」
なんてことも言われていますので、

 

外資系との取引で
翻訳機を用いるのはすごく弊害です。

 

タカツ
1日24時間しかない中ビジネスの現場で翻訳機を使うのはデメリットしかないね。

 

そしてこれはビジネス以外にも
もちろん当てはまります。

 

まず、みんなが揃って翻訳機を通して
コミュニケーションをする未来なんて
到底想像できません。

 

なぜなら、
コミュニケーションは会話であって、
会話には『空気』や『流れ』
というものがあるからです。

 

外国人が何か喋った度に
いちいち翻訳機を通していると、
会話の空気や流れが少し停滞してしまって
会話をしている気分も失われてしまいます。

 

会話というのは
スムーズ性があってこそ楽しめるものなので、

 

翻訳機を待っているよりも
自ら英語を習得してしまった方が
「人間関係」と「時間」の意味においては
効率的なのです。

 

また、関連として
『AIによる英語の今後の必要性』
に関する記事を書いていますので
よかったら合わせて読んでみてみてください。

 

 

そして、
あの有名な堀江貴文ことホリエモンも
英語の多動力』という本の中で
英語の必要性について言及しています。

 

英語の多動力については
僕が別の記事でレビューを書いていますので、
こちらも興味ある方は
次の記事を参考にしてみてください。

 

 

❹情報に触れる視野と選択肢が狭まってしまう

 

最後は、英語を身につけなければ
あなたがアクセスできる情報が
限定されてしまい、

それと同時に人生の選択肢も
狭まったしまうという点です。

 

現在インターネット(Youtube/SNS含む)
に掲載されている情報の60%以上は英語
だと言われています。

 

そのような状況で
もし英語ができなかったら、
60%以上の情報を全て
遮断してしまうことになるのです。

 

僕は今英語以外にプログラミングを
勉強したりしていますが、
プログラミングを学んでいる媒体は
Youtubeです。

 

日本語ではプログラミングについて検索しても
ほとんどYoutubeには載っていませんので
高額のスクールに通う以外
道はありませんが、

 

英語を学べば
プログラミングの大学の授業が
無料で見れたりできますので、

かなりコスパよくプログラミングを
学ぶことができています。

 

ちなみにプログラミングを英語で
『programming』と検索した時に
ヒットする件数は約199,000,000件
なのに対して、

 

日本語で
『プログラミング』と検索したときは
たったの約831,000件しか
ヒットしません。

 

2億と83万です!

 

その差は、250倍です。

 

こんな感じで英語ができれば
情報にアクセスする手段が
一気に拡大しますので、

 

選択の視野を広げるためにも
英語は勉強した方がいいです。

 

そして、

できれば今からやった方が
いいに決まっています。

 

社会人になれば、勉強以外に
色々とやらなければいけないことが
たくさん出てくると思います。

 

これは僕の主観ですが、

一般人の人生設計(予想)

22〜23歳 就職

26〜28歳 結婚

29〜30歳以降 仕事&子育て

というのが
世間一般の人生のレールかな
と思っているのですが、

 

年齢を重ねて
仕事以外に子育てもやっていくとなると
英語の勉強をする時間は
すごく限られてくるでしょう。

 

あなたが今どのステージにいるかは
分かりませんが、

忙しくなる前に
今から英語を勉強しておいた方が
いいに決まっています。

 

英語ができれば
周りの情報にアクセスする手段が増えるので、

見えてる世界が一変し
思考力や心の余裕が
持てるようになります。

 

楽しい人生が待っているので
諦めずにぜひ英語を勉強してみてください。

本格的に英語を勉強していくのであれば

この先、もしもっと本格的に
英語を学んで行きたいのであれば
僕の電子書籍を読んでみることを
おすすめします。

 

僕がどんな手順でTOEIC900点を突破したか。
どうやってネイティブと同等の
英語力を身につけたか。
どんな気持ちを持って挑戦してきたか・・・。

 

その流れをストーリー形式で
学ぶことができます。

 

メールアドレスを入力すれば、
こちらから受け取れるようにしておきますので
よければ登録してみてください。

 

 

本はサクッと20分ほどで
読めるように調整しておきます。

 

電子書籍は今後有料で
販売していこうとも考えているのですが
とりあえず期間限定で
無料にしようと思っています。

 

あと、電子書籍を受け取ってくれた人には
メール講座もつけています。

 

そのメール講座は
もっと詳しい英語学習の話だったり
裏側のノウハウをだったり、

 

ギスギスした内容ではなく
誰でも読みやすく分かりやすい
メルマガを送って行きますので

 

やる気と知識武装のために
活用してみてください。

 

英語初心者がまずやるべきことまとめ

ここまで色々と解説してきましたが、
まとめるとこんな感じです。

 

今回のまとめ

なぜ英語ができないかを知る

英語を勉強する目的を明確にする

目的地までの最短距離を逆算し、
 正しい勉強法を確立する

今すぐ勉強すべき理由を知り、
 今から行動に移す

本格的に勉強していくなら
 電子書籍を受け取って読む
(毎日メールも届くのでそれも読む)

 

この5つを意識していれば
かなりのレベルまで来れます。

 

とにかく行動してみる、
疑って確かめて良さそうであれば
GOの精神を持ってる人は強いです。

 

あなたがこのブログをきっかけに
英語で成果を出すことを
楽しみにしています。

 

再度、僕がこのブログに対して
持っている理念を貼っておきますので
まだ読んでいない方は
読んでみてください。

独学でTOEIC900点を突破したから、英語学習の軌跡と理念を語ってみた

 

というわけで、
これから英語を勉強し始める
初心者さんのための
英語講座6ステップでした。

 

みんな楽しく英語を勉強しましょう。

 

今日の話はそんな感じです!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中