社会人でも大丈夫!英語を一から話せるようになるまでの独学勉強法

Pocket

よく、

 

「社会人から英語を勉強しても
もう手遅れなんじゃないか?」

 

という発言を結構聞くんですけど、
ぶっちゃけどうなんでしょうか?

 

インターネットとかで調べてみると、

 

『社会人 英語習得 不可能』だとか、

『社会人 英語 もう遅い』

 

みたいな感じで
色々と記事が書かれています。

 

しかし、最近になって

「社会人からでも
英語が話せるようになる」

ということが分かってきました。

 

「俺、英語学習もう諦めよっかな…」

って思っている人は、
この記事を読んで
もう一度考え直してみてください。

 

タカツくん
もちろんこれは社会人以外の人にも全員に当てはまることだから年齢関係なく読んでほしい!




なぜ社会人でも英語を習得することが可能なのか?

なぜ社会人からでも
英語を習得することができるのか?

 

これには以下の
3つの説から理解できます。

 

第二言語(英語)を習得するための説

❶普遍文法説

→人間には生まれつき全ての言語に
共通する言語知識・文法を
理解することができる
→インプットした情報以上の言葉を
アウトプットできる

 

❷臨界期説

→12歳までに言語に触れなければ
言語の習得は不可能

 

❸技能習得説

→スポーツと同じように
言語は練習の積み重ねで習得できる

 

この3つの説はあくまで定説であって、
確定事項ではありません。

 

しかし、この3つの説が
今のところ言語を習得する上で
有力な説になっています。

 

これらを見てみると、
一番気になったのが
❷の臨界期説ではないでしょうか?

 

『12歳までに言語に触れていないと、
言語の習得は不可能』

 

文字通りこの文を追ってみると、

「じゃあ12歳までに
英語に触れていなければ
英語の習得はできない」

ということになりますが、

 

最近の研究によれば
実はそうではありません。

 

臨界期説というのは
第一言語の場合の話で、

 

第一言語を12歳までに
全く触れていなければ、
言語の習得は不可能
というのが正しい説になります。

 

その証拠に、wikipediaにも
こんなふうに書かれています。

 

(wikipediaより引用)

少数ながら成人してからもネイティブに近い文法能力を身につけた人も存在することは事実である

外国語が日常的に使われる環境に身を置き、高いモチベーションを持って聞き取りや発音のなどの音声的な訓練を長期間行なえば、10%以上の人がネイティブ並みといえる文法・発音能力を習得できるという研究結果がある

 

 

つまり、臨界期説というのは
第二言語(英語)を習得することにおいては
関係がないということです。

 

これにさらに、

 

❶の普遍文法説
❸の技能習得説

 

を組み合わせれば、社会人からでも
英語を習得することはできる
という確証が導き出されるのでは
ないでしょうか?

 

関連記事

合わせて普遍文法説と技能習得説に関する関連記事を載せておきます。

脳は文法を知っている-東京大学

第二言語習得理論の新展開-近畿大学

 

英語を一から話せるようになるために

では社会人が英語を
一から話せるようになるために
どんな行動が必要なのか?

 

という話になってくるのですが、

 

これは単純で、先ほどの3つの説を
全てカバーした勉強

こなしていけばいいわけです。

 

ここで臨界期説というのは
言語が習得できるかできないか
の議論なので、

 

考えるべきは
普遍文法説技能習得説になります。

 

まず普遍文法説によれば、

 

『インプットした情報以上の
言葉をアウトプットできる』

 

次に技能習得説によれば、

 

『言葉も練習によって習得できる』

 

これらを組み合わせると、
英語を習得するためには次のような行動が
必要になってくるのではないかと
推測されます。

 

第二言語習得法

→繰り返しの練習によって
第二言語をインプットし、
アウトプットを行う

 

これが第二言語を習得する方法です。

 

しかし、これだけではまだ穴があります。

 

というのも、
これら3つの説には日本語を使って
英語を習得するという説が
全くないからです。

 

つまり、英語を習得するために
日本語(母語)を介在させるのは
好ましくないということになります。

 

なので、英語を学ぶときは
英語だけで学んでいかなければ
意味がないということです。

 

しかし、
英語を英語だけで学ぶというのも
かなりハードルが高いですので、

 

最終的な第二言語習得の結論は
以下のようになります。

 

第二言語習得法(決定版)

→大人もネイティブの幼児と
同じような過程を経て、

 繰り返しの練習によって
第二言語をインプットし、
アウトプットを行う

 

普遍文法説によって、
生まれつき言語を習得する能力が
備わっているはずですから、

 

日本人が英語を学習するときも
ネイティブの子供のような過程を経て
言語を学習していけば良い
ということですね。

 

しかしこんなことを言うと、

「そんなことしたら、
英語を習得するまでに
何十年もかかるのではないか?」

と反感を抱く人もいると思います。

 

しかし、そんなことはありません。

 

実は大人の方が子供よりも、
英語を早く習得できることができます。

 

というのも、大人の方が圧倒的に
知識を持っている
からです。

 

子供はなんの知識もない状態から
英語を習得していくので、

英語を習得するまでに
約15年ほどかかってしまいますが、

 

大人は20年以上の
社会経験と知識が備わっていますから、
この知識を英語に紐付けることによって
言語習得に加速度が増します。

 

ただし、ネイティブの子供は
英語圏で毎日英語漬けになりながら
言語を習得するのに対し、

私たち日本人は日本語漬けの環境で
英語を学ばなければいけません。

 

この環境差の中で
ネイティブのように普通に勉強していくと
習得までに時間がかかってしまう
可能性は非常に高いです。

 

なので、私たちはネイティブの子供が
大人になるまでにやった英語学習の過程を
超高速で模倣して
学習していく必要があります。

 

次に、日本人が英語を
超高速で勉強するための手法
について解説していきます。

 

第二言語習得理論に基づいた独学英語勉強法

日本に住んでいる私たちが
英語をネイティブ並みに
習得させるためには、

 

・1〜2年の留学
・英会話教室に週2で通う

 

程度では無理だということが
さっきの説明で
理解できると思います。

 

なぜなら元からアメリカに住んでる
ネイティブたちは、
15年〜20年以上に渡って
英語漬けの生活を送っているからです。

 

そのような人たちと同等に
英語が話せるようになるためには、

こちらはただ単純に
英語漬けで対抗するだけでは
いくら時間があっても
足りないことが分かるでしょう。

 

そこで私たちが英語を習得する上で
重視しなければならないのが
『戦略』です。

 

第二言語習得理論や科学的根拠に基づき
戦略を練っていくことによって、

 

アメリカ人であれば
15年で習得してきた英語力を
こちらは1〜2年で
習得して行きましょう。

 

そこで僕が推奨している
英語習得法の流れが以下の3順です。

 

英語を習得するための具体的な手法

❶発音の改善をする

❷独自で英語脳を構築する

❸英会話を練習する

 

というか、もうこれしかないですね。

 

これ以外のルートで
英語がペラペラ話せる人って、
帰国子女以外で
あまり見たことがないです。

 

もったいぶらずに
1つ1つ説明していきます。

 

発音の改善をする

 

これは他の記事で
何度も言っていることですが、

英語力を最短最速で伸ばすためには
『発音』を
最初に改善しなければいけません。

 

なぜなら日本語と英語では、

・声、音の出し方
・口の動かし方
・息の使い方

全く違うからです。

 

そのため、英語の発音の違いを
しっかりと理解しておかないと
相手の発言を正確に
聞き解くことはまず不可能でしょう。

 

ネイティブの子供達は英語の発音を
無意識に理解していますが、

 

私たち大人チームは15年も20年も
英語を学ぶ暇なんかないと思うので、
まずは発音を
集中的に学んでおくべきです。

 

そうしなければ
普段の音声学習の効果が薄くなって
無駄にリスニングや英会話を
することになってしまいます。

 

というか、発音の学習なしに
リスニングや英会話学習をするのは
ほぼ無意味です。

 

具体的な発音の訓練方法などは
以下の記事でまとめおいています。

こちらは必読です。

 

 

最初のステップに発音を改善することが
何より英語力を構築する土台ですし、

これこそが短期間で
英語を習得するための最重要事項です。

 

独自で英語脳を構築していく

 

発音が改善できたらステップ2として
ネイティブのような英語脳を
構築して行きます。

 

ここでいう英語脳とは、

英語を英語のまま理解する能力

のことです。

 

つまり、
英語を見たり聞いたりするときに
『日本語』を
脳内に介在させてはいけません。

 

なので、ステップ2では
できるだけ日本語に頼らないで
英語学習をしていくことが
重要になってきます。

 

具体的には、

英語脳を構築する流れ

①基礎的な英文法を理解する

②英文を、
幼児から大人になる過程をたどるように
徐々に難易度を上げながら読む

という流れが好ましいでしょう。

 

最初は英文法から学んで
英文の理解を深めて行き、

その後で英文の読書量を
どんどん増やしていくというのが王道です。

 

ただし、
『日本語は使わずに』です。

 

ここが難関だと思うかもしれませんが、

とある方法を用いれば
日本語を使わずに英文法が理解できたり
英文をスラスラ読めたり
できるようになります。

 

その辺に関しては、
メルマガなどでお話ししていますので
良ければそちらを
参考にしてみてください。

 

合わせて読みたい

メールマガジンはこちら

 

またTOEIC関連ですが、別の記事で
英語を英語のまま読むための手法について
解説している記事がありますので

こちらも合わせて
読んでみることをおすすめします。

 

 

英会話を練習する(一部独学ではない)

 

『発音ができる』

『英語脳も構築できた』

という段階まできたら、
最後のステップで
英会話を磨いていきます。

 

今までインプットしてきた知識を
ここでどんどんアウトプットして、
外国人に通用する
英会話力をつけて行きましょう。

 

ただし、英会話はやっぱり
外国人と話をした方が実力は伸びます。

 

会話は言葉のキャッチボール
でもありますから、

実際に言葉を使って
キャッチボールしてみないと
柔軟に英語が
使えるようにはなりません。

 

タカツくん
この段階まできたら英語は聞き取れるようになっているはずだから、英会話自体は非常に楽しいよ!

 

ここで、僕がおすすめする
英会話に関する関連記事を
いくつか載せておきますので、

1度でもいいので
目を通してみてください。

 

 

しかしこの記事のタイトルに
『独学勉強法』
とつけてしまっていますので、
独学での英会話勉強法も書いておきます。

 

これだけでも英語を発信する能力は
格段と身につくので、
独学オンリーで英語を勉強したい方は
是非試してみてください。

 

僕がおすすめしている
独学英会話勉強法は次の通りです。

 

独学英会話勉強法

アメリカ人やネイティブが書いているブログや日記などをネイティブになった気持ちで徹底的に写経する

 

写経と聞いて
少し驚いたかもしれませんが、
写経には表現力をアップさせる
絶大な効果があります。

 

具体的には以下の記事などを
参照にしてみると分かりやすいです。

 

 

関連記事にもある通り、
ネイティブが書いた生の文章を
徹底的に写経して、

ネイティブの人の思考力を
模倣することで
あなたの英語脳はさらに養われます。

 

英語脳が養われ表現の幅が広がったら
会話力もグンとアップしますので、

この段階まできた方は
是非写経を試してみてください。

 

ちなみにおすすめのブロガーさんは
誰でもいいですが、

一応僕が好きな
ブロガーさんを載せておきます。

 

 

他にも色々いますので、
インターネットなどで探してみてください。

 

まとめ:社会人には時間が限られている

いかがでしたか?

 

今回の記事は結構
奥が深かったと思いますが、

 

なかなか英語に触れるための
機会が作れない私たちは、

戦略的に英語学習をしていくべき
だということが理解できたと思います。

 

中でも僕が提唱しているのは、
第二言語習得理論に基づいた
英語学習法
です。

 

第二言語習得理論に関しては
なかなか奥が深いので、
興味がある方は
一度読んでみるのもアリでしょう。

 

 

そして社会人には
やっぱり時間がありません。

 

中にはブラック企業で
毎日が残業だという人もいるでしょう。

 

そんな中で英語を
効率的に習得したいというのであれば、

やはり戦略的に英語を勉強する以外に
道はないと思います。

 

そのための戦略に関しては
今回の記事で色々とお話ししましたが、

 

「もっと詳しく知りたい!」

 

という方はメルマガの中で
詳しくお話ししていますので、

 

ぜひメルマガを参考にしてみてください。

メールマガジンはこちら

 

また、

『そもそも英語が初心者で
どういう考えや姿勢で英語学習に
取り組んで行けばいいのか?』

 

と思っている人は
初心者向けの記事をまとめておきますので
楽しみにしててくださいね。
(これから作ります。)

 

それでは長々と
お話ししてしまいましたが、
今回の話は以上となります。

 

おわりっ

 

<この記事の参考本>

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中