発音が苦手な方へ!英語の発音を習得するコツと3ステップ練習法

Pocket

英語の難しさを身にしみているタカツです。

僕は海外で留学経験が全くなく、学生の頃は発音や英会話の勉強なんて何もやってこなかった純ジャパ人間なのですが、

発音について深く学んでからすごい効率の良い勉強法を発見したので

「発音を良くする練習方法」

について自分なりにまとめてみました。

結論はこんな感じ

タカツくん
発音を上達させるにはちゃんとしたコツがあるよ。やり方さえ知ってしまえばあとは数をこなすだけで実力が伸びるよ。

それでは見ていきましょー

発音が苦手で自信をなくす必要はない!

まず、発音に関して苦手意識を持っている人がいますが、そんなことは全くないです。

その理由を述べていきます。

『臨界期』という名の迷信で諦めかけている人が多い

そもそも英語って小さい頃から勉強してないと身につかないと思っている方もいると思います。

「5歳〜12歳ぐらいまでに英語をたくさん勉強してないと手遅れだ」

というのは昔からよく言われてきました。

このようなウワサが世間に広まったきっかけは、『臨界期』という語学上達の年齢制限説によるものです。

ですが最近、この臨界期の仮説をひっくり返すような研究がいくつか出てきていて、

『大人になってからでも英語は伸ばせる』

という結論になってきています。

実際グーグルのウィキペディアでも、

・成人してからもネイティブ並みの文法・発音能力を習得できる

・脳の変化と言語の習得を直接結びつけることについては無理がある

などと記されており、

大人になってからでも英語を習得することは可能だということが論理的に導き出されています。

もちろん英語は年齢が低ければ低い方が習得しやすいです。

ですが、僕も大学生(22歳)から発音や英会話を勉強しましたが、発音はかなり改善されて日常英会話もある程度ものにできるようになってきました。

なので、現時点でどれだけ英語が苦手でも努力次第で発音や英会話を身につけることはできるということを言っておきます。

タカツくん
英語学習は早ければ早いほど得だけど、だからと言って大人になってから英語を勉強するのは遅すぎると思ってはダメだよ!

世界で英語を話す人は圧倒的にノンネイティブスピーカー

世界では20億人ほどの人たちが英語を話しますが、そのうちの約8割がノンネイティブスピーカーです。

参考

ネイティブスピーカー:英語が母国語の人
→アメリカ、イギリス、オーストラリアなど

ノンネイティブスピーカー:英語が母国語でない人
→フランス、ドイツ、インド、シンガポールなど

つまり、英語を話すほとんどの人は母国語が英語じゃないんですね。

つまりネイティブのような発音ができない人もたくさんいるということで、発音が下手だからという理由でそこまで自信を失う必要はありません。

実際に僕はシンガポールのカジノでトランプのゲームをしていた時、ディーラーが中国系のおじさんですごく発音に訛りのある方だったので、英語を聞き取るのに非常に苦労した経験があります。

まあ要するにですね、

タカツくん
変な発音の外国人もたくさんいるから発音が下手で戦意喪失しないでね。

というわけです。

発音を習得するコツ

「とりあえず発音が苦手でも大丈夫だということは分かったけど、じゃあ発音を勉強する必要ってないの?」

っていうのが気になるところですが、

正しい発音を身につけることは英会話やリスニングなどですごく役に立つ

という理由から、ある程度は発音を勉強するべきです。

特に英語の話せない日本人は「訛りのある発音」で話す癖がついていないので、癖がつく前にネイティブの発音を刷り込んでおいた方が得でしょう。

そこで僕の経験から発音を改善させるコツをまとめてみました。

発音を改善させるポイント

・センテンス(文)やパッセージ(文章)で発音を勉強する

・発音だけじゃなくて英会話も学ぶ

この2点を意識していけば、発音は劇的に伸びやすくなります。

タカツくん
それでは説明していくよー

センテンスで発音を勉強していく

発音を伸ばすポイントの1つは、単語の発音を1つずつ確認していくよりセンテンス(もしくはパッセージ)で練習していくことです。

なぜかというと、

・1つの単語の発音と、センテンスの発音が違う

・会話の世界では全てセンテンスで成り立っている

というような理由があるからです。

例えば、

“What do you feel like…”

を発音する時に、「ワット ドゥー ユー フィール ライク」のように1つ1つはっきりと発音しないで、

「ワドゥヤ フィーライ」

のように短縮された発音になります。

詳しくはこちらの記事で解説していますので参考にしてみてください。

発音の練習と並行して日常英会話を学ぶ

2つ目のポイントは、発音の練習と並行して日常英会話を学ぶことです。

まずは日常英会話を実践で練習していって早く話すコツを掴んで、口からテンポよく英語を話せるようになる方が結果的に発音は良くなります。

なので、ある程度の発音パターンを習得するのと同時に英会話を本格的に学んでいくのがオススメです。

具体的な英会話の勉強法は「【社会人必見!】中学英語レベルのやり直しだけで英会話は十分な理由」の「社会人が実践すべき英会話戦略」で述べています。

海外旅行で困らないレベルやちょっとした日常会話の習得にはコツをつかめばそれほど時間はかからないので、ぜひ挑戦してみてください。

発音が上達する3ステップ

それでは

具体的に発音を上達させるにはどのように学習していけば良いのか?

についてまとめていきます。

ポイントは次の3点です。

大きめの声で発音する

1つ目はできるだけ大きな声で発音するということ。

ほとんどの人たちは最初は自信がないので小さな声で発音しがちです。

ですが、小さな声のまま喋っていると、

発音どころか、あなたの声すら相手に届いていない

という場合がよくありますので、まずは大きめの声を出す努力をしていきましょう。

発音が悪かろうが、大きめの声を出すだけで相手に通じる確率は十分に上がります。

そして大きな声で発音している人の方が自信があるので、結果的に発音も上達しやすいです。

タカツくん
大きな声での発音は自信につながる!まずはそこから練習していこう!

発音記号よりもカタカナをガイドにする

2つ目のポイントは、初心者は発音記号よりも日本語のカタカナに頼って発音を練習するということです。

発音記号を使うと1つの単語の発音しか学べないため、センテンスで発音された時の音声変化に対応できません。

しかし、カタカナを使えば音声変化に対応した発音とアクセントを表現してくれるので、

カタカナから発音を出発して自然な発音に近づけていく方が近道なんです。

詳しい練習方法はこの記事が参考になると思います。

アクセントを強く発音し、その他は小さく発音

最後のポイントは単語のカタカナを短くコンパクトに発音するということです。

実はそれだけでもかなり英語っぽく聞こえるようになります。

例えば、『りんご』を英語で言うと「アップル」ですよね。

これを短くコンパクトに発音してみると

「アポ」

のような感じになって、かなり英語っぽく聞こえるようになります。

タカツくん
「ホンマかいな?」って思うかもしれないけどこれだけでもしっかりと伝えられる!ぜひ英会話の現場で実践してみよう!

ここで発音をコンパクトに短くするコツを伝授しておきます。

発音する時のコツ

アクセント部分をはっきり発音し、それ以外は小さく発音

例えばdog(ドッグ)を発音するときは、母音が強調されるので“do”部分が強調されて「ダg」のようなコンパクトな発音になります。

同様に、stop(ストップ)であれば「sタp」のように発音するとかなり英語っぽく発音できますのでぜひ実践してみてください。

まとめ:とりあえず、英会話をやってみれば?

まあ要するに、発音が苦手な方は発音の音声変化と英会話の勉強を始めてみたら良いと思います。

まとめ

・発音の音声変化を学びながら

・英会話で実践していく

この2点の学習が一番最強だと思うので、まずはこの2点を意識して取り組んでみてください。

音声変化に関しては、この記事の途中でも紹介しましたが「リスニングで点数が取れない理由」の記事を参照にしてみると良いです。

英会話に関してはこちらの記事へどーぞ!

おわりっ

ABOUTこの記事をかいた人

英会話・資格・留学の情報発信サイト「英語の読みものブログ("E"BLOG)」のコウズです。 英語はあなたの考えや情報を世界に向けて発信できるすごいスキルなのですが、実際に英語を話せる日本人は少ないのが実情です。 英語を話せる日本人が1人でも多く増えればいいなという気持ちで英語に関する有益な情報をあなたの元へ配信していけたらと思っています。 質問も随時受け付けています。