ケアンズで自然を楽しむ!穴場のおすすめ観光スポット

Pocket

こんにちは!旅ライターのmozukuです。

海外旅行が大好きで、いろんな国を旅してきた私ですが、

特にオーストラリアは私のパワースポット!

なんといっても魅力は広大な土地と日本では見ることができない圧倒的な大自然。

そしてオージー達のゆる〜いのんびりとした空気感。

慌ただしく過ぎていく日常を離れて、パワーチャージできる国なんです。

今回はオーストラリアの中でも

日本からの旅先として人気の「ケアンズ」をご紹介。

ケアンズは日本から直行便が飛んでいるのでアクセスも◎

オーストラリアならではの大自然を満喫できる観光スポットがたくさんあって私のお気に入りの街のひとつなんです♪

実際私が行って「ココは外せない!」と思ったケアンズで穴場の観光スポットをご紹介します!

おすすめ観光スポット1.グリーン島

世界遺産の「グレートバリアリーフ」をご存知でしょうか?

「グレートバリアリーフ」は、オーストラリアの北東部に広がる

世界最大級のサンゴ礁地帯。

2300kmに及んで、大小の島々が点在しています。

その透明度の高い美しい海に、

世界中からダイビング愛好家が訪れているスポットなんです。

そんなグレートバリアリーフの島のひとつがグリーン島

ケアンズからは高速船で約45分ほどで行けるので、気軽にグレートバリアリーフを満喫できる穴場スポットなんです。

高速船はケアンズの街にある港から出発します。

海に太陽がキラキラ反射して、素敵な景色を眺めながら船旅を楽しめました!

グリーン島に行く際は必ず日焼け対策をしましょう。

というのもオーストラリアの紫外線は日本では考えられない位強烈でした。

サングラスが無いと目を開けられないくらい眩しかったです。

サングラスと日焼け止めはマストアイテムです。

グリーン島のおすすめポイントはなんといっても海の美しさ。

エメラルドグリーンの透き通った海は、これ本当に自然の色⁉︎と思うくらい鮮やかでキレイ!!

グリーン島に到着したら、マリンアクティビティを楽しみましょう!

ダイビング経験が無い方でも気軽に楽しめるのが「シュノーケリング」。

手付かずの自然が残るグリーン島のビーチでは、浅瀬でも小さなお魚をたくさん見ることができます♪

透き通った海と青い空は最高に気持ち良く過ごせました。

水には濡れたくないという方におすすめは「グラスボート」。

ボートの底部分が透明になっているので、ボートの上から海の中を見ることができます。

運が良ければウミガメや、エイを見ることができるかも!

おすすめ観光スポット2.キュランダへの乗り物

グリーン島で「海」を満喫した後は、

緑あふれる美しい「森林」を眺めに行きましょう♪

キュランダ」は熱帯雨林に囲まれた山の自然を満喫できる

ケアンズの人気観光スポットです。

自然はもちろんのこと、キュランダへ行くための「乗り物」が私のおすすめポイントなんです。

そのひとつが「キュランダ高原鉄道」。

列車はレトロな木造車両で、まるで遊園地のアトラクションみたい!

ゆっくりとした速さで、滝や熱帯雨林を眺めながら約1時間45分ほどかけてキュランダまでの列車旅を楽しめます。

開いた窓からの風がすごく心地良くて、私は終始お昼寝をしてしまいました(笑)

もうひとつの乗り物が「スカイレール」というロープウェイです。

途中で乗り換えがあるのですが、全長なんと1時間30分!

こんなに長い距離のロープウェイ、日本では体験できないですよね。

空から熱帯雨林、そしてケアンズの街と美しく広がる海を眺めることができます。

辺り一面に森が広がっていて、思わず吸い込まれそうな不思議な景色でした。

どちらもすごくおすすめなので、

行きと帰りを違う交通手段を組み合わせるのがおすすめです!

おすすめ観光スポット3.ケアンズ水族館

私、海外の水族館や動物園が大好きなんです!

日本とは違う一風変わった展示方法だったり、その土地でしか見れないユニークな生き物がいたりして、とってもワクワクするんですよね。

ケアンズ水族館は2017年にオープンした新しい水族館。

ケアンズがあるノース・クイーンズアイランドに生息する海の生物だけを集めたという貴重な水族館で、ケアンズの海の生物をじっくり観察することができます。

特に圧巻なのが大水槽!

グレートバリアリーフを再現している大水槽で、色とりどりのお魚が泳いでいる光景は海に潜っている気分を味わえるんです!

ダイビングが苦手な私も、思わず泳いでいる気分で(笑)お魚達を観察しました♪

ケアンズの自然の生き物達をゆっくりと観察できるおすすめの観光スポットです。

おすすめ観光スポット4.ズーム&ワイルドライフドーム

ズーム&ワイルドライフドームは、カジノの屋上にあるという珍しい動物園。

様々な種類のオーストラリアの動物が飼育されているのですが、とにかく動物との距離が近いんです!

ほとんどの動物達が放し飼いにされていて、自由に歩き回る動物達を観察できます。

間近で見るワニやヘビはスリル満点!

そしてオーストラリアの動物といえば、コアラですよね。

こちらの動物園ではコアラを抱っこして記念撮影ができます♪

オーストラリアでは条例によりコアラと触れ合える州が限られているんです。

ケアンズはコアラ抱っこが許可されているので、コアラとの記念写真はケアンズでの思い出になりますよ。

初めて抱っこしたコアラ。思ったよりも大きくてめちゃめちゃ可愛いかったです♡

小さな動物園ですが、穴場の観光スポットです♪

まとめ

ケアンズは、大自然に囲まれていてのんびり過ごすことができる街です。

今回ご紹介した観光スポットは、

ケアンズの魅力を味わえるおすすめの穴場観光スポット!

旅行に行く際はぜひ参考にして下さいね。

関連記事

ニュージーランドと日本の生活の違い。似てる点と違う点をそれぞれ解説!

ニュージーランドの学校の様子に驚愕!?日本と違う点を4つご紹介!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)