アメリカと日本の高校生活の違いとは?授業もこれだけ違う!

Pocket

こんにちは!ライターのKUMA1です。私はニューヨークの高校に留学していたのですが、アメリカと日本の高校生活の違いを授業を中心に詳しく説明していきます。

アメリカに高校留学をしたいと漠然をイメージしている方!アメリカと日本の高校生活の違いをご存じでしょうか。実は授業の仕組みも全然違っていてびっくりすると思います。

クラスが決まっていない

アメリカの高校はクラスが決まっていません。「えっどういうこと?」「ずっと自習ということ?」と疑問に思っても不思議はありません。

実はアメリカの高校は理科の先生は理科のクラスルーム、数学の先生は数学のクラスルームに待機しており生徒が授業ごとに移動するシステムです。みんな授業のスケジュールが違います。

例えば朝が弱いから1時間目を休みにしたり、カフェテリア(日本でいう食堂です)が混んでしまうから昼休み前のクラスを休みにするなどみんな工夫していました。

私は部活を授業のあとにしていたので、最後の授業を休みにして一息ついてから部活に向かうようにしていました。

担任がいない

クラスが決まっていないということは、担任の先生もいません。クラスメイトも先生も毎時間異なります。さらに担任の先生がいないということは、朝礼や終礼などもありません。(全校集会は定期的にありました。)

つまりアメリカの高校は授業や課外活動以外の行事はほとんどないということです。

日本の高校では困ったことがあったら、まず担任の先生に話すことになることが多いでしょう。しかしアメリカの場合は授業の内容であればそれぞれの教科の先生、もしくはstudent officeのような生徒のサポートをしてくれる事務所が大抵あります。

また英語を第二学語としている生徒に対して、International student officeがある場合もあります。このような場所は「英語についていけない」「レベルが難しすぎる」といった勉強面から、「銀行口座の作り方がわからない」といった生活面までフォローしてくれます。

学校を選ぶとき、留学生のフォローがしっかりとしている学校を選ぶことが重要です。

全員参加型の授業が多い

アメリカの高校の特色といえば、全員参加型の授業が多いことです。最近日本でも増えてきましたが、スピーチやディベートなどが多いことが特徴です。アメリカ留学へ行ったとき、最初に日本人が大変な思いをするのはこの点かもしれません。

英語力の対する不安、人前で意見を言うことに慣れていない不安など日本人にとってさまざまなことを乗り越える必要があります。

しかし心配しないでください。アメリカの高校は英語を母国語としない生徒が多く(地域によりますが)発言などが間違えていても誰も馬鹿にすることはありません

私も「言葉も文化も違うし間違えるのは当たり前」と割り切ってから、授業が楽しくなり、英語の上達にもつながったと思います。

入学式や運動会がない

私がアメリカの高校に通学していてびっくりことの一つに、入学式、運動会などのイベントがありません。学校祭は学校によってあることがありますが、イベントは圧倒的に日本に比べると少ないです。

私が最初困ったのは、イベントがなくてクラスメイトも毎回変わることから友達を作りにくい点です。でも逆に言えばいつも同じメンバーに会わなくていいということは、メリットでもあります。話しやすそうなクラスメイトに少しずつ話しかけるようにしていました。

部活が一つではない

アメリカの高校すべてとはいわないですが、日本のように部活が一つではありません。私がいた学校でも春学期、秋学期、秋学期とそれぞれ違う部活に入る必要がありました。

春学期は野球をして、秋学期はサッカー、冬学期はニューヨークは雪の中なので、スノーボードを楽しんでいました。メジャーリーガーでもアメフトやバスケットボールを同時にやっていた人が多いのですが、一般の高校生でも一つのスポーツだけをすることはほぼありません。

アメリカの高校の特徴として、

・クラスが決まっていない

・担任がいない

・全員参加型の授業が多い

・入学式や運動会がない

・部活が一つではない

以上の点があげられます。最初はとまどうかもしれないですが、決まっていることが少ないことから、自分からどんどん行動できるような環境がそろっています。

またいろいろな国の生徒が集まるアメリカで発言などが間違っていても、誰もばかにしません。

授業などでどんどん積極的に発言したり、行動をするようにしましょう。

関連記事

外国人の友達を作るには?実際に私がアメリカでやってみた友達の作り方5選

アメリカの寮生活で驚いたこととは?実際に体験したことをご紹介!

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)