仮定法過去と仮定法過去完了の違いとwould/could/mightの使い分け

Pocket

スポンサードリンク

 

高校の英文法ではかなり有名で、入試の出題頻度も年々増加傾向にあたる章といえば、仮定法ですよね。

 

仮定法は高校生になって初めて習うところなので、苦手意識を持っている方も少なくないようです。

 

今回は、仮定法の苦手意識を持っているあなたのために、仮定法についての絶対におさえておきたい知識と重要なポイントを徹底解説いたします!

 

そもそも仮定法って何?

 

まず、「仮定法がなんなのかわからない」「初めて聞いた」という方に、

 

仮定法の特徴を理解してもらいやすくするために大雑把な話から説明していこうと思います。

 

仮定法とは、簡単に言うと「もし・・・ならば」「もし・・・だったならば」のように、

 

「事実とは違うけれど、もし・・・なら」と仮定するときに使われる手法です。

 

つまり、仮定法で表現されている文は現実では起こっていないことを表しているんですね。

 

そしてこの仮定法は大きく「仮定法過去」と「仮定法過去完了」の2つに分類することができます。

 

この2つは仮定法の中で最も基礎的な部分ですのでそれらの違いについて1つ1つ説明していくことにしましょう。

 

仮定法過去と仮定法過去完了の違い

 

仮定法過去と仮定法過去完了の大雑把な違いは、

 

仮定法過去が「もし・・・ならば」

仮定法過去完了が「もし・・・だったならば」

 

という言い方にあります。

 

この言い方の違いで、英語での表現が全然違ってきますので、それら表記法を具体的に見ていきましょう。

 

仮定法過去

仮定法過去は、『今、事実とは違うが、もし・・・と仮定すれば』と言う訳がベースになります。

 

これを英語表記で表すと、、

 

If S “過去形”~, ~would+”動詞の原形”~.

(もし今〜なら) (今〜だろう)

 

といった表現をし、「今」のことを表しているのに英語では『過去形』を使っているところがポイントです。

 

これは、仮定法過去の文章には「現実とは違う」という『心理的な距離感』があるため、現在のことなのに現在形ではなく過去形を使っています。

 

If I were you, I would not marry such a man.

「私があなたなら、あんな男と結婚しないのに」

 

上の例文では、「もし今私があなただと仮定したら、私はあんな男と結婚しないだろう」と言って、

 

『今』についての話だけど、『私はあなたではない』という心理的な距離感が働いているのでコンマの前の文は過去形になっています。

 

仮定法過去完了

 

次に仮定法過去完了についての説明をしていきます。

 

仮定法過去完了では、『実際のところそうではなかったが、もし・・・だということになっていたとするならば』という訳がベースになります。

スポンサードリンク

 

こちらの英語表記は、

 

If S had p.p.~, ~would+have p.p.~.

(もしあのとき〜だったら) (あのとき〜だったろう)

 

というように表現し、

 

仮定法過去との違いは、仮定法過去では仮定の時間軸が『今』であったのに対し、

 

仮定法過去完了では『過去』を表しているという点にあります。

 

ですのでこの場合は、『過去』のことを話しているけど「現実に起こった過去のことではない」という『心理的な距離感』が生まれるため、

 

本当だったら過去形なのに心理的距離感を示すためにわざと『過去完了形』にずらして表現しているのです。

 

If I had had money, I would have bought the latest iPhone.
「もしもお金を持っていたなら、最新のiPhoneを買えたのに」

 

上の例文を見てみると、「もしあのとき私がお金を持っていたと仮定したら、私は最新のiPhoneを買っていただろうに」と言って、

 

『過去』についての話だけど、『実際にお金を持っていなかったから買えなかった』という心理的な距離感が働いているのでコンマの前の文は過去形→過去完了形にずらしています。

 

ちなみに、コンマの直前の”had had”は、手前のhadが”had p.p.”のhadを示し、そのあとのhadはp.p.の部分の過去分詞を表しています。

 

would/could/might/shouldの使い分け

 

仮定法過去・仮定法過去完了の定型文の後半のwouldについては、ニュアンスによって“could”、”should”、”might”に書き換えることができます。

 

例えば、仮定法現在では、

 

could「できるだろう」

should「当然だろう」

might「かもしれない」

 

のように表し、先ほどの仮定法過去の文章をmightに置き換えると

 

If I were you, I might not marry such a man.

「私があなたなら、あんな男と結婚しないかもしれない

 

というような感じにニュアンスを変えることができます。

 

同様に、仮定法過去完了では、

 

could「できただろう」

should「当然だったろう」

might「かもしれなかった」

 

と表現され、

 

さっきの仮定法過去完了の例文をcouldに置き換えると

 

If I had had money, I could have bought the latest iPhone.
「もしもお金を持っていたなら、最新のiPhoneを買うことができたのに」

 

と、あまりニュアンスは変わっていませんがこのようにして置き換えることができるのです。

 

このように、would/could/should/mightの使い分けは前後の文脈によって決めていけばいいでしょう。

 

まとめ

 

今回は、仮定法過去と仮定法過去完了の基礎的な知識や違いについて解説いたしました。

 

今回のポイントは、

 

1、仮定法には心理的な距離感がある

2、would/could/should/mightによってニュアンスが変わる

 

の2点です!

 

『心理的な距離感』という要素が新しいので最初は「ん??」と思うかもしれませんが、練習していくうちにだんだんとわかってきます。

 

仮定法は入試ではワンパターンな問題が多く、慣れてきたら一気に得意分野になりますのでめげずに頑張っていきましょう!

 

それでは今日の話は以上です!

スポンサードリンク