【図解】one/another/the other/some/othersの違いと使い方を徹底分析!

Pocket

こんにちは!タカツです!

読者からこんな相談をいただきました。

質問者さん
英文法の勉強をしていますが、oneやones、anotherやthe other、othersなどの区別が難しくて困っています。簡単に見分けられる方法ってありますか?

僕も高校生の頃、oneとones、anotherとthe other、othersなどの区別にかなり悩まさせられたのを覚えています。

クラスで1番優秀な人でもこの代名詞の区別には結構苦戦させられていたほどで、

意外と今でも代名詞の区別を理解できていない学生は多いのではないかと思いました。

結論から言うと

タカツくん
文字情報ではなく図解で覚えるとすごく楽だよ

ということです。

oneやotherなどの代名詞を図で理解することで、今まで何日も悩まされてきた代名詞がたったの5分で片付くようになります。

そこらへんを今日は解説できたらなと思います。



oneとthe otherの使い方

まず、”one”と”the other”の区別の仕方から検討してみましょう。

これらの2つを区別するポイントは、以下の例文のように「2つだけある」という前提の場合、

一方が”one”、もう一方が”the other”になる

ということです。

One is to increase sales of my business, and the other is to spend more time with my family.
1つは事業の売上を伸ばすことで、もう1つは家族との時間を増やすことである。)

『一方』の”one”はどちらでも選んでいいから、単数系+不特定のoneになるので、

「事業の売り上げを伸ばすこと」と「家族との時間を増やすこと」の2つを選択することができます。

そして『もう一方』の部分は”one”で選んだものを除いてしまうと、選択肢が1つになってしまうので、

自動的に特定のものになってしまうから『特定』を表す冠詞theがついて、“the other”になるわけです。

タカツくん
“one”には2つのうちどちらかを選ぶ選択権があるんだけど、”the other”の場合はoneを選んだ後に決まるから自分では選べないっていうのがポイント!

上の例文では、「事業の売り上げを伸ばすこと」と「家族との時間を増やすこと」という2つのうち、

「事業の売り上げを伸ばすこと」を”one”に選んでいます。

すると自動的に「家族との時間を増やすこと」が特定のものになってしまうから、”the other”を使わざるを得ないわけなんですね。

“one”と”the other”を図示して表現すると以下のようになります。

oneとthe otherの区別

2つだけ存在して、

    

    

一方   他方

one   the other

oneとanother、the othersの違い

次に、“another”“the others”について勉強していきましょう。

まずはanotherについてです。

I don’t like this hat. Can you show me another?
(私はこの帽子が好きではありません。もう1つのものを見せてもらえますか?)

“the other”が「2つだけ存在する」という前提だったのに対して、“another”は「たくさんある」という前提です。

上の例文の場合だと、デパートなどの帽子売り場での会話のはずなので、帽子は「たくさん存在している」はずです。

なので、1個”one”を選択したら、

残りは1個ずつ全てanother/another/another…

というふうになります。




しかし、以下の例文のように「残り全部」と言いたいときは、

“the others”もしくは”the rest”になるので注意が必要です。

I don’t like this hat. Can you show me the others?
(私はこの帽子が好きではありません。残り全部のものを見せてもらえますか?)

また、“others”や”rest”の直前に”the”がついているのは、

「残り全部」という「特定のもの」を示しているからです。

“one”と”another”、”the others”の違いを図示して区別すると以下のようになります。

タカツくん
図で説明すれば一瞬です!
oneとanotherとthe otherの区別

たくさん存在して、

◯    ◯    ◯  ・・・ ◯

↑    ↑    ↑  ・・・ ↑

一方  もう1つ

one  another  another・・・

     |_____________

       the othersまたはthe rest

someとothers、the othersの違い

最後に”some”と”others”、”the others”の違いと使い方について解説していきます。

Some students like soccer, others like tennis.
(サッカーが好きな生徒もいれば、テニスが好きな生徒もいる)

“some”と”others”は、『たくさんある』前提で

「あるグループ」には”some”

「他のグループ」には”others”

のように使われます。

『たくさんある』前提なので、もちろん「それ以外のグループ」も存在しており、

上の例文の場合だと、野球が好きなグループ、バスケが好きなグループ、陸上が好きなグループ・・・のように他にも色々なグループがあることを前提にしているのがポイントです。

またこの時も、

「残り全部のグループ」を表現したい場合は”the others”や”the rest”を使うことになっています。

例えば、以下の例文のような感じです。

I’ll take some of the candies. You can bringthe othersback.
(私はいくつかのキャンディーをいただきます。あなたは残りすべてを持って帰っていいですよ。)

最後に”some”と”others”、”the others”を図示して表現してみると以下のようになります。

someとothersとthe othersの区別

たくさん存在して、

◯◯◯◯◯◯◯◯….◯◯

some | others

    |_________|

      the others/the rest

まとめ

代名詞の区別の相談は結構多いんですが、図にまとめてみたらすごく簡単ですね。

このone/another/the other/some/othersの違いは図やイメージで勉強することで理解が深まったりします。

この使い方を押さえておけば英作などでも応用が利くのでぜひ習得していただきたいです!

また、今回は『名詞』をテーマに書いたので、そのテーマに関連した記事を載せておきますので参考にしてください!

次回からは、英文法の話とはずれて、英語スキルを活かした職業について紹介していこうと思います。

こちらの記事も参考に!

最後まで読んで頂きありがとうございました!

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中