【初心者向け】たった1ヶ月で英語力を確実に伸ばす独学勉強法

Pocket

タカツです。

 

今回は初心者でも頑張れば
たったの1ヶ月を伸ばす
確実な方法について
ご紹介しようと思います。

 

この話を聞いて

「たった1ヶ月なんて無理だろ」

「そんなうまい話なんてない」

と思った人も
いるかもしれません。

 

確かに周りの人がやっている
『普通』の勉強法では
無理だと思います。

 

ですが、
正しい順番で英語を勉強すれば、
実はあっさりと英語の実力を
伸ばすことも可能なのです。

 

もちろん努力は必要です。

 

1ヶ月でそれなりの
成果を出すためには
ある程度の時間的な犠牲も
覚悟しなければいけません。

 

1ヶ月の短期間で、
1日たった30分の勉強で、

英語力が
みるみる上昇するなんて
うまい話は
この世に存在しないと思っています。

 

なので、
今回紹介する勉強法は

『1日最低5時間勉強できる』

というのが前提で
解説させて頂きます。

 

タカツ
1ヶ月の学習計画を一緒に考えていこう!

1ヶ月で英語力を伸ばしたいのであれば1つの分野に絞るべき理由

この記事を
読んでいるという人は、
色々ネットで検索してきて
ここにたどり着いたのだと思います。

 

そして当然、
他の似たような記事にも
目を通してきたはずです。

 

僕もこの記事を書く時に
リサーチとして
他のいろんな記事を
見て回っていました。

 

・1ヶ月で英文法を攻略する方法
・1ヶ月でセンター英語で8割突破する方法
・1ヶ月でTOEIC800点突破する方法

 

などなど、
色々と見てきましたが、
僕の意見を言わせてもらうと

「1ヶ月で無理に決まっているだろ」

というのが結論です。

 

もちろん、
元から英語力を蓄えている人なら
1ヶ月程度で
一気に成績が伸びたりします。

 

しかし、元から
英語力を持っていなかったり、

偏差値が平均よりも
下回っていたりする人が
1ヶ月で英語スキルを身につける
ようなことはほぼ無理なのです。

 

なぜなら1ヶ月程度の勉強量だと
まだまだ足りないからです。

 

なので、初学者のうちから
効率的に英語力を
伸ばして行きたいという方は、

もっと戦略的な勉強法で
対策に臨んでいかなければ
いけません。

 

具体的にどういった
対策をすべきかというと、

『英語をもっと細分化して
小さな分野に絞る』

ということです。

 

例えば、英語を細分化すると

・リーディング
・リスニング
・ライティング
・スピーキング

という4技能に
わけることができます。

 

しかし、これだけだと
まだ漠然としていますので
さらに細分化してみましょう。

 

そうすると、

・リーディング
→英文法
→英単語
→速読
→リテンション・・・

・リスニング
→発音
→リンキング、リエゾン
→リテンション・・・

・ライティング
→発信力
→知識
→文章構成力
→パラグラフ・ライティング・・・

・スピーキング
→発信力
→知識
→コミュニケーション力
→発想力・・・

といったような具合で
さらに細分化することが
できました。

 

このように、
細分化したものの中から
1つだけに絞って
勉強時間を投下することで、

その分野の知識は
深く身につきますし、
英語力を伸ばせられる
確実性が高まります。

 

ただし、
細分化したとしても

ボリュームの大きい
分野はあります。

 

たとえば、
先ほど細分化した例の中から
取り上げてみると、

・英文法

・英単語

などがそれにあたります。

 

初心者が文法を勉強しても
1日5時間程度じゃ
なんとかなるものでは
ありませんし、

英単語は
勉強しようと思えば無限に
ボリュームが広がります。

 

特に英単語に関しては
大学入試の世界でも
2000〜3000個は覚えなければ
いけないので

1ヶ月では到底難しそうですね。

 

なので、細分化しても
ボリュームが多い分野は
避けるようにしてください。

 

タカツ
戦略を立てる時に物事を細分化することは非常に重要。しかし分野によってボリュームがあることに注意!

僕が推奨している1ヶ月独学勉強法

では、1ヶ月の独学で
みるみる成果が出る分野は
一体なんなのでしょうか?

 

僕がオススメしているのは

『発音』

です。

 

発音が一番初心者でも
手っ取り早く勉強できますし、
挫折しにくい分野だと思っています。

 

そして、
発音は
英文法や英単語と比べて
覚える量が圧倒的に少ないです。
(50個も行きません)

 

覚える量が少ない分
効率的に発音を
吸収することができ、

音さえ覚えてしまえば
リスニング力も比較的に
伸びやすくなります。

 

なので、発音学習は
英語初学者にとっては
全然挫折しないので

ある意味で
救世主なのです。

 

そして発音を極めてしまうと、
以下のような効果効能が
生まれます。

 

発音学習の効果効能

①英語独特の発音記号を覚える

②英語の微妙な音の変化が認識できるようになる

③英語独特の音声変化(リエゾン・リテンションなど)が理解できるようになる

④単語と単語のつながりの音が認識できるようになって、リスニング力が爆発的に伸びる

⑤英語の音が理解できているから、リーディングをしている最中にも日本語訛りの音ではなくて正しい英語の音をしっかり頭の中で介在させながら読むことができる

⑥リーディングをしているだけでもリスニング練習になるからもっとリスニング力が伸びる

どうですか?

 

もしかしたら最初は
「発音」と聞いて
舐めていたかもしれませんが、

上記のような
効果効能を読んでいただくと、
発音の重要性が
理解いただけると思います。

 

そして、もう一度言いますが、
発音は覚える量が
”非常に”少ないです。

 

だから短期間の独学で
1番成果の出しやすい
分野だと思っています。

 

一度発音を覚えてしまえば
あとはその発音を頼りに
リスニング練習をするだけなので、

リスニング上達も
すぐ目の前でしょう。

 

タカツ
発音学習には様々な効果がある!

1日5時間×1ヶ月で150時間も勉強できる

もちろんこう言うと、

 

「音を理解したところで
英語の意味を知らなければ
リスニングなんてできないだろ」

 

と思う人もいると思います。

 

ですが、よく考えてみてください。

 

リスニングには
以下の2つに細分化されると
思っているのですが、
あなたはどう思いますか?

 

・リスニング
→①正しい英語を聞き取る
→②聞き取った英語を理解する

 

おそらくこの2つに
分解されることは
納得していただけると思います。

 

そもそも英語って
正確に聞き取らなければ、
聞き取った英単語を
理解するどころじゃないですよね?

 

どれだけ英単語の知識を
持っていても、
正確な音声を聞き取って

「あ、今この英単語が言われたんだな」

と気付かなければ
手も足も出すことができません。

 

ですので、まずは
『英単語』ではなくて
『発音』の方が
圧倒的に重要なのです。

 

そして、発音は
英単語と違って覚える量が
少ないでから、

努力をすればする分、
目に見えて実力も伸びてきます。

 

1日5時間勉強すれば
1ヶ月で150時間も勉強できます。

 

150時間発音学習に投下して
50個程度の発音をお覚えるなんて
楽勝ですよね。

 

これくらい勉強できれば
50個の発音を覚えられるどころか、

・発音と発音のつながりの音声
・音声変化
・発音のルール

を肉体感覚で
身につけることができます。

 

そこまでくれば
リスニング力上達も
もう目の前です。

 

これほど効率的に
英語力を伸ばせられる
手段なんてないですよ。

 

だから僕は
「初学者ほど発音を勉強しよう」
と訴えかけています。

 

詳しい勉強方法に関しては
以下の記事が
参考になるかと思いますので

「発音勉強してみようかな」

と思った人は
1度目を通してみてください。

 

 

まとめ:独学で成長したければ成果の出やすいものから手をつけよう

それでは今回のまとめですが、
独学で英語力を成長させたい人は
まずは成果の出やすいものから
取り組んでみるといいと思います。

 

その中でも僕がお勧めしているのは
『発音学習』ですね。

 

発音に特化した教材は
巷で色々と売られていますので
それらを活用してみてください。

 

ただし、
カタカナ発音には注意ですね。

 

カタカナ発音だと
日本語の言葉を
使っているものになりますので

 

どうしても英語そのものの
発音ではなくなってしまいます。

 

本格的に
英語力を伸ばしたいのであれば

例外を除いてカタカナ発音は
絶対に避けるように
してください。

 

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)