フォニックスってやる意味ない?僕がフォニックスをお勧めする理由

Pocket

どうも、タカツです。

 

今回のテーマは『フォニックス』について
語っていこうと思います。

 

『フォニックス』って言葉、
英語をそこそこ勉強している人は
多分知っていると思うんですが、

具体的にどういうものかまでは
知らないんじゃないでしょうか?

 

僕は小学6年生のときに、
塾の英語の授業でフォニックスについて
一瞬だけ教わった事があります。

 

ですが、
3日で飽きて行かなくなっちゃったので、
フォニックスがどんなものかというものまでは
大学生になるまで全く分かりませんでした。

 

今思えば本当に勿体無い事したなーって
後悔しています(笑)

 

もしかしたらあの頃に
フォニックスの勉強をしていたら、
もっと早く英語力が伸びたのかもしれません。

 

今回はフォニックスの勉強をしようか
迷っている人向けに、

「英語の勉強にフォニックスの知識は必要?」

ということについて話していきます。

 

それでは見ていきましょう!

 

フォニックスとは何か?

まずフォニックスとは何か、
知っていますか?

 

というか、それ以前にフォニックスって
英語で書けますか?

 

まず、自力で書いてみてください。

 

fonix

 

こうですよね?

こんなふうに書いた人、、、。

 

ほんとに残念、、。

 

答えは、、、

タカツくん
phonics !!

でした。

 

phonics程度のスペルすら書けない人は
多分英語の才能ないんで
英語の勉強諦めた方がいいかもしれないですね。
(すみません、嘘です。)

 

まあ、冗談はさておき、
フォニックスとは一体何なのでしょうか?

 

フォニックスとは、

『単語や英語のアルファベットの読み方を
一定のルールに沿って発音する法則』

みたいなものです。

 

例えば先ほどの”phonics”という単語、
これはスペルの最初にphが並んでいますが、
phは”f”のように発音される、
というルールがあります。

 

要するに、これがフォニックスなわけです。

 

このように、
フォニックス独自の発音の法則性を
網羅的に勉強することで、

新しい単語を見たときに、
その単語の発音記号を見なくても、
ある程度発音が予測できるというのが
フォニックスの魅力であります。

 

僕がフォニックス学習を勧める理由

 

今言ったみたいに、
フォニックスが分かれば
ある程度単語の発音を
発音記号なしで理解する事ができるので、

学習スピードが大幅にアップしますし、
単語を間違った発音で認識しずらくなります。

 

それもフォニックス学習を勧める理由の
1つなのですが、
それ以上の理由があるので紹介します。

 

それは、

『アメリカの幼児たちは、教育として
フォニックスの勉強をしている』

という点です。

 

つまり、アメリカ人は
フォニックスのルールを知っているわけで、

アメリカ人が知っていることを
日本人が知らないということは、
英語力を上げるのに非常に不利になります。

 

「俺はアメリカ人が知らないことを勉強するんだ!」

 

とか意味わかりませんよね。

 

普通は、みんなアメリカ人がみんな
やってきていることを勉強したいはずです。

 

だったら、
フォニックスの勉強は避けて通れませんよね。

 

それに対して日本の英単語集などに載っている
『Jones式発音記号』
とかはアメリカ人は知りません。

 

アメリカ人にθとかの発音記号を見せても

「What?」

と首を傾げて、
数学のsinθとかの話になっていきます。

(ただし、Jones式発音記号は日本人が英語学習する上ではとても役立つ記号なので、勉強自体無駄だと言っているわけではありません。)

 

というわけで、
アメリカ人の発音学習を模倣したい場合は、
フォニックスの勉強をするのが
最も効率的です。

 

関連記事

※海外の授業(例えば数学や理科)を英語で勉強し、学習方針を英語で模倣していく方法をイマージョン教育といいますが、フォニックス学習もイマージョン教育のようなものです。

イマージョン教育の重要性をメルマガでまとめているので、参考にしてみてください。

イマージョン教育について(PDF配信)

 

『フォニックスやる意味ない説』がなぜ蔓延するのか?

しかし、ネット上には、

「フォニックスは無意味だ」

「やっても意味ない」

という説が至る所で蔓延しています。

 

なぜこのような口コミが
たくさん掲載されているのでしょうか?

 

僕なりに分析したものをまとめてみました。

 

カタカナ発音での解説が多い

 

おそらくフォニックス学習の
1番のデメリットとしては、
カタカナ発音での解説書が多いということです。

 

日本のフォニックスの参考書は
子供向けのものが圧倒的に多く、

子供に発音記号などを用いて
フォニックスの読み方を理解させるのも
ハードルがかなり高いと思います。

 

なので、どうしても解説が
カタカナになってしまうのですが、

やはり、カタカナだけでは、
実際の英語の発音を表現する事が
できないのです。

 

例えば、先ほどのphonicsのphという発音は、
ほとんどのフォニックス参考書では

『フ』

と表現されています。

 

しかし、実際は『フ』で発音されるわけでなく、
上の歯で下唇を軽くおさえて
「f」と発音するのが正しい発音になります。

 

なので、フォニックスを勉強する際は、
発音記号を文字通り覚えるのではなく
『口の動かし方』
を中心に覚えていく必要がありそうです。

 

フォニックスルールには例外がたくさん存在する

 

二つ目の理由は
『フォニックスのルールには
例外がたくさんある』

という点だと思います。

 

例えば、

o(ou)をフォニックス読みに変換すると
“o”(カタカナで言えばオ)になるのですが、

 

「じゃあmotherはモザーになるんだね!」

 

と言うと、それはもちろん誤りです。

 

このように、

英語の発音にはどうしても
フォニックス読みされない発音なども
数多くあるので、
それらは個別で覚えていく必要があります。

 

フォニックスを勉強するお勧めのタイミング

とはいっても、
フォニックスのルールで発音される
英単語の方がたくさんあるわけなので、
勉強していて損は全くありません。

 

なので、

「フォニックスの勉強をしようか迷っている」

「お子さんにフォニックスを教えたいけど、
どうなんだろう」

と迷っている方は、
ぜひ一度フォニックスを勉強してみることを
おすすめします。

 

最後に、
フォニックスを勉強するのに
最適な時期について
1つ例を述べておきます。

 

発音記号を覚えた後が最も最適

 

個人的には、Jones式や
IPAといった発音記号を理解した後に

フォニックスの勉強をするのがおすすめです。

 

というのも、フォニックス学習のときに
やっぱりカタカナ発音が
邪魔してくるからです。

 

カタカナ発音の通りに
英単語の発音を覚えてしまうと、

ネイティブの微妙な発音の違いが
理解できなくなり、

音声変化学習に支障が出たり
発音を修正するのに
かなり時間がかかっていまします。

 

それに対して発音記号を理解した後に
フォニックスの勉強をやると、

発音記号の口の動かし方が分かっているので
カタカナ発音に頼らなくても口の動きだけで
フォニックスの概念が
理解できるようになります。

 

①発音記号の理解

②フォニックスの理解

 

この順番で勉強していくと
変な癖を付けずに
結構スムーズに勉強できると思うので、
一度参考にしてみてください。

 

タカツくん
日本語の50音と比べて英語の発音はもっとたくさんあるので、発音記号とフォニックスの両方を駆使して勉強しよう。たった50音の知識で英語を理解するのは至難の技だよ。

 

関連記事

参考に発音の勉強についてまとめた記事を紹介します。

【完全保存版】英語発音練習の勉強の仕方を徹底解説!

 

まとめ:フォニックスは大切だが、勉強は程々にしよう。

 

というわけでまとめに入りますが、
やっぱりイマージョン教育の効果や
アメリカ人がフォニックスを学んでいる
という点から見て、

フォニックスを勉強するということは
非常にありなんじゃないかなと思います。

 

僕自身、
フォニックスを本格的に学び始めたのは
つい最近のことなのですが、

フォニックスを知っていれば
英文を読んだり英単語を覚えたりするのに
非常に役立ちます。

 

とてもスムーズに
学習が進むようになったので、
いろいろ批判もありますが、
やっぱりフォニックスはやるべきですね。

 

フォニックス学習のときに
僕が使っていた参考書などをまとめておきますので、
よかったら参考にしてみてください。

 

参考

・Youtube

→『あいうえおフォニックス

・書籍

→『書いて覚えるフォニックス英語発音マスター

 

※これが今のところ優れた参考書というわけではありませんが、結構口コミとかも良いので使ってました。もっと良い教材があれば追記しときます。

 

ただし、フォニックスを学ぶときに
1つ注意点があります。

 

それは、

『ハマりすぎない』ということです。

 

別にフォニックスのルールを
全て記憶する必要はありません。

 

フォニックスはただの発音の
ルールブックのようなものなので、

ルールを完璧に理解したところで
英語の発音ができるようになるわけでは
ないのです。

 

野球のルールに詳しくなっても
野球が上手になるとは限りませんよね。

 

ある程度フォニックスのルールを知った後は、
どんどんリスニングなどを通じて
発音練習に磨きをかけて行ってください。

 

タカツくん
フォニックスはただのルールブックのようなものだから、ハマりすぎないように注意しよう!

 

それでは今日はこの辺で。

 

最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)