【初心者必見!】英語を独学で勉強する時にまず何から始めるべきか?

Pocket

こんばんは、タカツです。

 

今回は独学で英語を学ぶ時に
何から手をつけていくべきかについて
解説していこうと思います。

 

早速ですが、
あなたは英語を勉強しようと思った時に
始めに何から勉強しますか?

 

おそらく多くの人は

・英文法
・英単語

のどちらかを
始めてしまうんじゃないかと思います。

 

実際僕も始めは
英単語を優先して勉強してた
時期がありました。

 

結果どうなったかというと、
ある程度の英単語の知識は
身についたんですが、

リーディングやリスニングの能力は
ほとんど身につきませんでした。

 

もちろん語彙力はある程度あるから
それなりの英文は
読みこなすことができます。

 

ですが、アメリカ人のような
ネイティブ圏の人たちのように
スラスラと読みこなすことは
できませんでした。

 

なぜこのようなことが起きるのか?

 

今回はネイティブのような
英語脳を身につけるために
初心者がまず始めにやるべき勉強法を
ご紹介いたします。

 

タカツ
それでは見ていきましょう!

 

いきなり英単語、英文法から勉強を始めるのは間違っている

 

ではまず前提知識として、
なぜ僕たちは始めに
英単語・英文法を学んではいけないか
について解説していきます。

 

これは非常に単純で、
『日本語暗記になってしまう』
からです。

 

例えば、

complainという単語がありますが、
これを日本語に訳すと
「苦情を言う」
のようになりますよね。

 

ですが、
complainを「苦情を言う」のように、

覚えると、文中で
complainというワードが出てきた瞬間、

「苦情を言う」と翻訳する
1ステップが入ってしまいます。

 

これが速読力を大きく激減させている
要因の1つなのですが、

全ての英単語を日本語で覚えると
頭の中で日本語が
よぎってしまうことになるんです。

 

しかしネイティブの人たちは、
complainというワードは
単に”complain”

という認識でしかません。

 

だから「苦情を言う」なんてことは
思っていないので、
1ステップ遅れることなく
スラスラ英文を読みこなすことができます。

 

これに関しては
少し理解するのが難しかったりするので
詳しくは以下の記事を
参考にしてみてください。

 

 

英語を英語で考える訓練をしなければ本物の英語力は身につかない

 

もちろんこれは英単語だけに限らず、
英文法でも同様のことが言えます。

 

英文法の知識を
日本語で理解している時点で
ネイティブとは違った
考えを持ってしまうことになるのです。

 

つまり、ここで分かることは

『英語は英語だけで考える訓練をしないと
ネイティブの思考回路から離れてしまう』

ということ。

 

英語を日本語で勉強すればするほど
英語がペラペラになるよれる可能性は
どんどん下がっていきます。

 

だから普段から英語というのは
英語だけで訓練する
必要があるわけですね。

 

では具体的にどうやって
英語だけで訓練すれば良いのか?

という話になってくるわけですが、
これに関しては後で話していきます。

 

ネイティブの思考回路を手に入れるためにはリズム感が重要

ただ、1つだけネイティブのような英語脳を
手に入れるために
絶対に
知っておかなければ
いけないことがあります。

 

それが何かというと、

『リズム』

です。

 

リズムに関しては
日本語を使って解説すると
分かりやすいですね。

 

例えば、以下の文章を見てください。

 

『僕は加湿器を使うようになってから、風邪を引く確率がすごく下がりました。』

 

この文を、次のように変更してみます。

 

『僕は、加湿器を、使うようになってから、風邪を引く、確率が、すごく、下がりました。』

 

単に読点を入れただけですが、
一気に読みにくくなったと思います。

 

つまり、
ある程度のリズムを知っておかないと
速読とかリスニングの能力を伸ばすのは
結構難しいのです。

 

英文を読む時にイントネーションや
強弱まで頭の中で再現できなければ、
スラスラと英文を理解することすら
難しいでしょう。

 

しかし、リズムというのは
意外に簡単に身につきます。

 

英単語とは英文法のように
膨大な知識を
必要とするわけではないので、

初心者ほどリズムとか音の勉強から
始めてみるべきです。

 

タカツ
英語は楽器と同じような性質があるということを知っておこう!

 

結局何から始めれば良いか?

では結局何から英語の勉強を
始めていけば良いのか
ということなのですが、

 

僕は

『発音』

の勉強を勧めています。

 

英語のリズムというのは
発音の知識があって初めて
理解できるものです。

 

発音というのは『英語の音』な訳で、

英語の音の知識を知らないまま
英語のリズムを理解するのは
逆に非効率だと思います。

 

というのも『発音』
という細部の部分を知らないと、

音声変化などの理解も
できなくなってしまうので
音と音のつながりが
分からなくなってしまうからです。

 

音のつながりが分からなくなると
必然的にリズムの理解も難しくなるので
『発音』→『リズム』
の流れで勉強するのが得策だと思います。

 

そして、発音を学べば学ぶほど
普段聞き取れなかった英語の
音が聞き取れるようになってくるので

自然とリスニングの能力も
上がっていきます。

 

だからまずは何よりも
『発音』
の学習から始めてみてください。

 

タカツ
発音学習が英語のスキルアップに繋がることは間違いない。

1番のスタートは『発音記号』の暗記から

 

ただ、発音の学習から始めると言っても
色々選択肢があると思います。

 

・英単語の発音から覚えるべきか?
・いきなりセンテンスで発音を覚えていくべきか?

 

などなど、
人それぞれ勉強の仕方が変わってきますが、
僕は

『発音記号』

を理解するところから
勉強を始めるべきだと思っています。

 

たまに、

『カタカナ発音』を謳った発音教材が
巷に溢れていますが、
『カタカナ発音』というのは
日本語を使った発音なのでよくないです。

 

日本語を使う時点で
英語の音とはズレてしまうことになりますので
絶対にカタカナ発音は
使用しないでください。

 

理想はアメリカ英語の発音記号が
載っている教材を
活用することですね。

 

特に僕がオススメしているのは
UDA式です。

 

UDA式を使えば覚えるべき発音記号は
一通りマスターできますので
ぜひ一度使ってみてください。

 

 

初心者はまずこれらの教材を使って
一度発音を1つずつ
身につけていくことが

英語力アップの第一歩だと思っています。

 

発音を身につけ、
英語のリズムをマスターし、
ネイティブのような理想的な英語脳を
身につけて言ってください。

 

また、『英語脳の身につけ方』など、

もっと詳しい勉強法を知りたい方は
メルマガの方で解説していますので
そちらもぜひ参考にして
頂けたらと思います。

 

独学でネイティブのような
英語脳を身につける

勉強法をPDF形式で
配布しています。

 

参考程度に読んでみてください。

 

それでは今回の話は以上です。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)