【英語初心者必見!】ライティングスキルを半年以内に身につける3つの独学勉強法

Pocket

こんにちは!
いつも英語の話をしているタカツです。

 

突然ですが、

 

「ライティングで
うまく英語が書けません…」

「リーディングは
ある程度できるんだけど、
全くもって話せないし書けない!」

 

こんなふうに
悩んだことはないでしょうか?

 

今日はそのようなことで
悩んでいるあなたにめちゃくちゃ
朗報な記事を書きました。

 

この記事を読んでくれれば、

 

ライティングの基礎力の身につけ方や
自由自在に英語を発信するための方法
全てが理解できるようになっています。

 

ライティングだけでなく
スピーキングにも密接に関係している
話ですので、

 

とにかく
発信スキルを身に付けたい方は
何度もこの記事を
読み返してみてください。

 

それでは、行きましょう。

英会話ができない人はまずはライティングから!

英語は、

 

リーディング(読む)
リスニング(聞く)
ライティング(書く)
スピーキング(話す)

 

の4つのカテゴリーが
1つにまとまったものです。

 

ですがこれらは
頭を使う場所が異なります。

 

具体的にいうと、

 

・読む、聞く
→与えられた情報を
 自分の頭の中で解釈する

 

・書く・話す
→自ら情報を頭の中で
 整理して発信する

といった違いがあります。

 

この2つの違いから、
勉強のやり方も当然
異なってくるわけですね。

 

「読む、聞く」に関しては、
ブログで何度も
言っていっていますが

 

『音読』『文法』

 

が最強です。

 

詳しくは関連記事を
載せておきますのでそちらを参照に。

 

 

では、「書く、話す」については
どうしたら良いのでしょうか?

 

なんかこっちの方が
難しそうですよね。

 

スピーキングよりもライティング!

 

「書く」と「話す」のカテゴリーは

『自ら情報を作り出して
頭の中で整理し発信する』

 

という共通の思考プロセス
がありました。

 

つまりスピーキングとライティングは
『発信』という意味においては
それほど違いはなく、

 

唯一の違いは文字を伴っているか
いないかだけです。

 

ですので、

 

書けば書くほど
スピーキング力が伸びますし、
話せば話すほど
ライティング力も上昇します。

 

そこであなたが英語初心者であれば、
まずはスピーキングよりも
ライティングから
勉強していただきたいです。

 

なぜかと言うと、「話す」訓練は
身近にネイティブスピーカー
のような人がいない限り、

 

正確に自分が発信できているか
確認する手段がないからです。

 

特に独学で英語学習となると、
スピーキング学習は
優れた教材がない限り
難しいと思います。

 

間違った発信を続けても
上達することは見込めませんので、

 

独学で勉強したい方は
特に「話す」練習よりも
「書く」練習の方を優先して
勉強していきましょう。

 

ライティングの基礎力を伸ばす独学勉強法

 

では「ライティングの勉強」
ってどうしたらいいねん!

 

って話になってくるんですが、
正直めちゃくちゃシンプルです。

 

しっかり真面目に取り組めば
実力も伸びてくるでしょう。

 

ライティングの勉強で使う題材は、
基本的には書店に
売っているような
問題集で構いません。

 

要は使い方なんです。

 

ここでは僕の経験談を交えながら、
ライティングの勉強法について
説明していきます。

 

ライティングの基礎力を伸ばす手順

 

僕はまず、ドラゴンイングリッシュという
100問程度の問題が詰め込まれた
ライティング問題集を購入してきて、
1日10問ずつ解いていきました。

 

しかし、自分の書いた
文章は最初はどれもぐちゃぐちゃです。

 

採点者も「あ〜、これは0点だな…」
っていう文章だと思うんですが、

 

それでもしっかりと
自己採点しながら
正解例との違いを確認し、

 

自己採点が終わったら、

 

解答例と同じ文を3回書き写し、
3回音読し、
付属のCDを3回聞きました。

 

(ちなみになぜ書いたり
音読したりしているのかというと、
五感を刺激して
定着させる意図があるからです↓)

 

 

これで、
僕の1日分の勉強は終わりです。

 

1個の問題集に
10問入っていたので、
10日で一通りやり通せます。

 

で、これを僕は4セット繰り返して、
約1ヶ月半継続しました。

 

実は4セットも繰り返すと、
奇妙なことにその問題集に載っている
ほとんどのフレーズを
覚えていたんです。

 

実はこの「覚えていた」
っていうのが大事で、

 

覚えたフレーズを後に
どう使いこなす中が
ライティング上達の肝になってきます。

 

 

しかし、

 

「そんなの、勉強じゃなくて
ただの丸暗記じゃね?」

 

って思うかもしれません。

 

確かに、語学は暗記ではないです。

 

ですが、

 

ある程度頭の中に
英文のストックがないと
英語で発信することは
非常に難しいと思いませんか?

 

ある程度の英文を知らないまま
海外に行っても
全く英文が出てこないので

 

外国人とコミュニケーションを
とることはほぼ不可能だと思います。

 

逆に基本的なフレーズや
英文が頭の中にストックされていくと、
新たなフレーズも覚えやすくなり、
応用もしやすくなっていきます。

 

そのために初心者の方は
まず英文のストック
が大事なわけです。

 

僕が使っていた
『ドラゴンイングリッシュ』
はフレーズの質がかなり良いので、

 

時制などの根本的な使い方を
知りたい初心者の方にオススメです。

 

なんだかんだでプライムイングリッシュが最強

しかし、『ドラゴンイングリッシュ』
という問題集はフレーズが
100個程度なので
少しボリュームが少ないかもしれません。

 

(内容はかなり濃厚でした!)

 

そこで、
最近僕が手にした英会話教材の中で
最強だと思った教材があったので
少し紹介しておきます。

 

その教材は『プライムイングリッシュ』
っていうやつなんですが、
これはかなり質の良い教材
だと思っています。

 

なぜかというと、
プライムイングリッシュは
ただの英会話教材ではなくて、

 

「発音改善」
「リスニング」
「発信力」

 

を相乗的に身につけられる
仕掛けがあるからです。

 

そして何より、
ボリュームが圧倒的に多いこと。

 

プライムイングリッシュには、
メイン教材の他に付属として
英会話に役立つ240個の
厳選フレーズが備わっています。

 

実はこれがかなり使えるんですね。

 

メイン教材に関連した
フレーズが載っていますから、

 

メイン教材と
併用すれば非常に覚えやすいです。

 

しかも日常英会話的に
特化したフレーズですから、

 

英会話も同時に身に付けられる
オススメな教材だと思います。

 

プライムイングリッシュの詳細や
レビューに関しては
こちらの記事をご覧ください。

 

 

今まで学んだフレーズを頭のなかで組み合わせる

ある程度のフレーズを覚えて
ライティングの基礎力をつけたら、

 

発信能力を鍛えるのは
もう難しいことではありません。

 

あとは毎日覚えたフレーズを元に、
「英語で考える」訓練を
積んでいくだけです。

 

具体的には、

 

「今日は暑いから学校に行きたくない」

「向こうから歩いてくる女の子は可愛いな」

「来週サッカーの試合だ」

「今度の土曜日映画でも見に行こうかな」

 

といった、
自然と頭の中で浮かんでくることを
英語に直していく感じです。

 

自分で思いついたフレーズを
今まで学んだ英語で整理していくので
すごく楽しいですし
発信力が格段と上がります。

 

しかも自宅にいなくても
電車の通学・通勤などの隙間時間に
勉強できる節約的な勉強法です。

 

もちろん少し難しいと思ったら
基礎で身に付けた問題集を
参考にしても構いません。

 

ハードルの低い部分から
続けていって、

 

最終的には
「外国人にどうしても
 話しかけたくてたまらない」
というレベルまで継続して行きましょう。

 

ほんと、英語で考えるクセを
つければとにかく英語で
誰かに話したくなってしまいます。

 

この方法で、
紙やペンがなくても会話と英作文の
両発信分野を
同時に鍛えることができるので、

 

隙間時間に
ガンガン練習していってください!

 

徹底的に添削してもらう

 

「外国人にどうしても話しかけたい!」
っていうレベルまできたら、

 

あとはプロの英会話講師などに
添削してもらって
英作文の精度を上げていきます。

 

さすがに誰かに添削してもらわないと
「ただの自己満英作文」
になりかねません。

 

なので、ここで少し難しめの
ライティング問題集を購入してきて、

 

それを素材に自分で書いた文章を
添削にかけていって
より高度なレベルにしていきましょう。

 

ちなみになんで
この段階で添削なのかというと、

 

全くの初心者のうちから
添削を出しても
書いた文章があまりにも
酷すぎてあまり意味ないからです。

 

どこもかしこも修正する
余地のある文章添削するぐらいだったら、

 

最初からフレーズを頭の中に
ストックしてそれを元に
組み合わせていったほうが
圧倒的にラクです。

 

ただ、
ここで問題となってくるのが
「添削する相手」
ですよね。

 

これは、どこかの英会話スクールに
通わないと難しいかもしれません。

 

ですが、先ほど言った
プライムイングリッシュという教材には、
無制限のメールサポート
がついています。

 

ここで英作文の添削が
できるようになっていますので、
それをぜひ活用してみてください。

 

メールなので
スマホがあればどこでも添削を出せますし、
メールは基本的に
1日後に返ってくる感じなので、

 

前日にまとめて質問すれば
効率的ですね。

 

まとめ

 

ライティングスキルアップの
レールをまとめるとこんな感じです!

 

①基本的なライティング問題集の
フレーズを覚える。
(理想は200〜300個)

②覚えたフレーズを
頭の中で組み合わせて、
英語で考えるクセをつける。

③少し難しめな
ライティング問題集を使って
添削してもらい、
ライティングの精度を上げていく

 

特に①のフェーズは
土台となる部分ですので、
ゆっくり丁寧に
勉強していくようにしてください。

 

さらにこの3ステップを意識しながら
学習の時に

・実際に書く

・確認する

・修正する

という3つをサイクルとして
繰り返して行くと
上達も早くなると思います。

 

ぜひ今言った方法を
頭に取り入れて
勉強して見てください。

 

この3ステップを踏んで、
着実に発信力を鍛えていきましょう!

 

それでは最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

関連記事:英語力アップにつながるアイテム・教材はこちら!

・おすすめ英会話教材

発音改善を重視したプライムイングリッシュ

・語学アイテム

周囲の雑音を消去してくれるノイキャン付きイヤホン、ヘッドホン

 160ページ分の電子書籍を今だけ無料配布中

僕は大学2年の秋頃から
本気で英語を勉強し、
  1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

 

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

 

もともとは勉強が嫌いで、
中学から英語を勉強してきたにもかかわらず、
大学2年までの8年間
何1つ成長しなかったダメ人間でした。

 

海外旅行では
誰にも喋りかけたりすることもできず、
惨めな日々を過ごしたこともあります。

 

英語なんて
ただの雑音としか聞き取れませんでした。

 

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

今でははっきりと
英語が聞こえて理解できるし
外国人と自然な会話が
できるようになりました。

 

なぜそんな状態から上達できたのか?
というと効率的な勉強法を知ったからです。

 

だからネイティブを相手にしても
緊張せずに話せるようになりました。

 

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

 

そして、そういう人が少しでも増えれば、

 

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

 

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

 

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

 

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「独学英語マニュアル」を読んでみる

 

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

 ※メルマガの解除はいつでも出来ます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『言語習得理論』×『英語』
独学英語マニュアル






「ロジカルに英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者が独学でTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中