120点上がる良書!『新TOEIC TEST 文法特急』の評判とレビューと感想

Pocket

新TOEIC TEST文法特急やりました。

「学習スタンスとして重要なことは、ランダムにやらず戦略的に弱点を補強することです。」

導入部分にこれが書いてあってやってみようと購入したんですが、

予想以上に良い本だったので皆さんにも紹介したいと思います。




どんな本なの?

内容をザッと説明すると、まあタイトル通りなんですが、

TOEICで出題される文法を学習するための本です。

「TOEICで出題される文法書なんていっぱいあるぞ!」と思うかもしれませんが、この本は短期間でスラスラ解き進められる構成になっています。

要するに、

・1冊の文法書を短期間で最後までやり通せる

・解説がしっかり書かれているからつまずくこともなく挫折しにくい

・問題量が少ないわりに深く英文法が学べるからコアな知識が身につく

という本なのです。

こういった利点は他のサイトにも書かれていると思いますが、僕がこの本に惹かれた一番の理由は

「友達がこの本でTOEICのスコアを一気に伸ばした」

という点でした。

一緒に英語の勉強しようぜ!って言って一緒に勉強していた友人が突然

「あっ、俺TOEICスコア120点伸びたわー」

とか言ってきたんですよ。

そりゃ「はっ?」ってなりますよね。

だから「どんな勉強してたの?」って聞いたら「新TOEIC TEST 文法特急をやっただけ」って言ったので即購入して実践してみました。

するとかなりの良書で、僕自身も実際80点ぐらい(友達よりも低いですが)スコアが伸びたのでレビューして行こうと思います。

文法をしっかり勉強すれば、特にPart5に出てくる問題の選択肢で迷ったり混乱することが少なくなりますし、ミスも一気に減らすことができます!

Part5があまりできないという人にはおすすめですね!

とにかく良問しかないし解説が深い!

新TOEIC TEST 文法特急の良さは何と言っても良問ぞろいなんですよ。

問題数自体は少なめなんですが、その分TOEICに出題されやすいコアな良問が詰まっているため、文法の基礎知識を固めたい人には圧倒的にコスパが良い本だと思います。

問題数が少ない分短期間で文法の土台を固められるので、いつまでも文法ばかり勉強しているという『時間の無駄以外何者でもない』状況を避けることができるのです。

そして、新TOEIC TEST 文法特急は問題1問に対して解説が1ページという分量で、

少なすぎず多すぎずという感じで重要な知識を深く理解できる構成になっています。

1問1問、コアな部分のみを徹底的に学ぶので、TOEICで文法問題が出題されるPart5を短期間で深く対策することができ、

Part6やPart7、リスニングパートに集中して時間を割くことができるのです。

タカツくん
Part5対策はこの1冊に一点集中しよう!

問題量が少ない分、2周目3周目以降は復習するのに時間がかからなくなりますから、「1日あれば1冊分復習できる」という状態になれます。

なのでTOEIC前日などに新TOEIC TEST 文法特急を1冊やれば、それだけで根本となる文法知識を復習できるので

「英文法の勉強はTOEIC前日だけやる」という最小限の労力で英文法を勉強し、それ以外の時間を長文やリスニング対策に使うことができるのです。

TOEIC前日の勉強方法に関しては別の記事で紹介していますので詳しくはそちらを参考にしてみてください。

新TOEIC TEST 文法特急の科学的観点

そしてもう1つ、僕が良いなと思った科学的視点があります。

それは、1問1問に解答目標タイムが書かれていることです。

友達は新TOEIC TEST 文法特急を使うときに「解答目標タイムに沿って勉強していた」と言っていたのですが、

これを科学的な視点で考察すれば、制限時間を設けることによって学習意欲と集中力が上がることが分かっているのです。

心理学の世界ではこれを『締め切り効果』というのですが、人間は課題を提出する期限が迫ってきたときに驚異的な集中力を発揮します。

タカツくん
夏休みの課題が出されたときに「まだ1ヶ月もあるから大丈夫」と言って放置している人が、夏休みが残り1週間になったときに「課題を終わらせなければヤバイ!」と死ぬ気で勉強しだすパターンが締め切り効果の例だね。

また会社の出勤も同じで、お給料を貰っているから遅刻するわけにはいかないので、9時出勤の場合だったらほぼ100%の人達が締め切り効果によってその時刻に出勤します。

制限時間というのはこれだけ強い心理効果が作用してくるので、何か物事に取り組む時は時間を測って解いてみるのがおすすめです。

新TOEIC TEST 文法特急の評判・レビュー

新TOEIC TEST 文法特急のレビューはこんな感じでした。

何人か載せておきますので良かったら参考にしてみてください。

・レビュー①

問題数は少ないですが、TOEICの出るところが完璧に押さえられている良書だと思います。

この問題集を繰り返すだけでPart.5は8割は越えました。

ただ、この本は初級、中級者向けでpart.5が9割は安定している方にはむいていません。

とりあえず短時間で8割を超えればいいというかたには非常におすすめできます。

・レビュー②

文法が苦手な方にはお勧めの本。傾向と対策がわかりやすくまとめられている感じです。

・レビュー③

このテの”テスト”から離れて何十年も経っていて、コツをすっかり忘れていましたが、この本のおかげでよみがえりました。

時間の関係で焦って正答できる問題を無駄に間違えることもなくなると思います。

テストはテスト、現場は現場ですね。

kindleフォーマットの本なのも使いやすくありがたいです。




・レビュー④

これを反復して読むだけで文法問題は素早く・正確に解けるようになります。

TOEIC対策本という意味では、かなり効果てきめん。

ただこれを反復して読んでもTOEIC以外のスキルは全然伸びないので、そういうのを求めている人には不向きです。

・レビュー⑤

中学レベルの文法を理解していれば理解できます。

ただ一周しただけではダメです。

暇な時間が出来たらちょっとでいいから目を通しました。

持ち運びしやすいサイズに軽くでも読みやすい文書構造です。

引用:1駅1題 新TOEIC TEST文法特急|花田 徹也|本|通販|Amazon

出典URL:https://amzn.to/2quEN8f

色々と載せておきましたが、「もっとレビューが知りたい!」という方はアマゾンを参照にしていただければ幸いです。

文法を勉強するときに1つ言いたい点

新TOEIC TEST文法特急やるときに注意して欲しいのが

「文法問題は知識を身につけるためのツールに過ぎないため、
深くハマりすぎるのはナンセンス」

だということです。

文法を勉強することでTOEICで点数が伸びる部分はあくまでPart5だけだと思っています。

なぜなら英文法を勉強するだけでは本当の英語脳は鍛えられないので一気に速読力が上がったり、読解力がアップするわけではないからです。
(もちろん文法知識があれば多少読みやすくなります)

タカツくん
文法知識があれば解けるPart5で8割以上取れるようになれば、それ以上深くやる必要はないよ!

本格的にTOEICのスコアを上げていきたいのであれば、向けるべき対象はPart6やPart7といった長文問題でしょう。

Part6やPart7は文法を勉強するだけでは点数が上がらないため、

ここでは実戦形式の勉強で英語脳(英語を英語のまま理解して読む能力)を鍛えていく必要があります。

なのでもしあなたが、

「俺はPart5は得意だ!」

と思うのであれば、新TOEIC TEST 文法特急を勉強するよりかは速読力や英語脳を鍛える勉強をしていくほうが良いですね。

逆に、

「僕はPart5が全然ダメなんです…」

という方は、新TOEIC TEST 文法特急を一度やってみてください。TOEICスコアが一気にアップしていくはずです。

そのあたりはTOEIC問題集での正答率を見ながら決めてみるのがいいと思いますが、

ちょっとでも「文法知識が抜けているな」「Part5が不安だな」と思う方は850円ぐらいの安さなので一度読んでみるといいですよ。

以上、今回のおすすめの本の紹介でした!

その他の書評はこちら▼

おすすめ英語本 カテゴリーの記事一覧-英語の読みものブログ

電子書籍「右脳式学習法」を無料配布中

僕は大学2年の秋頃から本気で英語を勉強し、
1年でTOEICスコアを420点から955点
伸ばすことができました。

とはいえ、特別な才能があったわけでも
恵まれた環境で育ったわけでもないです。

もともとは勉強が嫌いで、
高3の頃から本格的に受験勉強するも
1つの大学にも合格できなかった
ダメ人間でした。

家は貧乏で、
塾や予備校に行くお金すらありませんでしたし
友達も少なかったので
人脈もほとんどいません。

しかしそんな僕でも、
本格的に英語と向き合って
少しの間だけ真剣に取り組んだところ、

あっさりと英語力を
伸ばすことができました。

その英語を学ぶ過程で、

・英文を返り読みせずにスラスラ読む訓練法
・戦略を立てる方法
・1音1音確実に英語音声を聞き取る方法

など、

学校では学べないことを
知ることができました。

その経験から、生まれた環境は選べなくても、
勉強して、正しく成長すれば、
誰でも英語スキルを
身につけられると確信しています。

そして、そういう人が少しでも増えれば、

一人一人に活気が溢れて
たくさん人がトラやヒョウのように
世界を飛び回り、
世の中の価値やサービスが進化して、

世界はもっと良くなると本気で思っています。

そういった理念から、
僕がどのように英語学習に取り組み、
ゼロから今の英語力を築いていったのか、
その方法論を1つの書籍にまとめてみました。

科学的根拠のある
学術観点から考察して解説していますので
誰にでも当てはまる
普遍的な内容だと思います。

もし興味があればぜひ読んでみてください。

電子書籍「右脳式英語学習法」を読んでみる

メールアドレスを入力すれば受け取れます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

もしこの記事が役に立ったと思われたら、
SNS等でシェアしていただけると嬉しいです。
(すぐ下のボタンからシェアできます)


『脳科学』×『英語』戦略
右脳式英語学習法






「科学的に英語を効率よく勉強しよう」というのをコンセプトに、初心者がTOEIC900点を突破する英語学習法を公開中